ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

checkout

ソース管理システムからファイルをチェックアウトする (UNIX プラットフォーム)

構文

checkout('filename')
checkout({'filename1','filename2', ...})
checkout('filename','option','value',...)

説明

checkout('filename') は、filename で指定されるファイルをソース管理システムからチェックアウトします。filename には絶対パスを使用し、ファイル拡張子も含めます。関数 checkout の使用時、ファイルは開いていても閉じていてもかまいません。

checkout({'filename1','filename2', ...}) は、filename1 から filenamen までで指定されるファイルをソース管理システムからチェックアウトします。ファイル名には絶対パスを使用し、ファイル拡張子も含めます。

checkout('filename','option','value',...) は、追加の checkout オプションを指定します。複数のファイル名を指定する場合は、filename の代わりに文字列の配列、つまり {'filename1','filename2',...} を使用します。オプションは、すべてのファイル名に適用されます。引数に指定できる optionvalue を以下の表に示します。

option 引数

value 引数

目的

'force'

'on'

既にファイルがチェックアウト済みでも強制的にチェックアウトする。これは実質的に、undocheckout して checkout を続けるのと同じことになります。

'force'

'off' (既定の設定)

既にファイルがチェックアウト済みの場合にはチェックアウトできない。

'lock'

'on' (既定の設定)

ファイルを取得してユーザーが書き込みできるようにし、そのファイルをロックして他のユーザーからのアクセスは参照のみにする。

'lock'

'off'

参照専用バージョンのファイルを取得し、他のユーザーがチェックアウトしてファイルを更新できるようにする。このオプションを使用する場合、チェックアウト後にファイルをチェックインする必要はありません。

'revision'

'version_num'

指定したバージョンのファイルをチェックアウトす。る

MATLAB® セッションを終了する場合は、ファイルはチェックアウトされたままです。後のセッション中に MATLAB デスクトップ内から、またはユーザーのソース管理システムからファイルを直接チェックインすることができます。

ファイルのチェックアウト

ファイル /myserver/myfiles/clock.m をソース管理システムからチェックアウトします。

checkout('/myserver/myfiles/clock.m')

複数ファイルのチェックアウト

ファイル /matlab/myfiles/clock.m および /matlab/myfiles/calendar.m をソース管理システムからチェックアウトします。

checkout({'/myserver/myfiles/clock.m',... 
'/myserver/myfiles/calendar.m'})

ファイルがチェックアウト済みでも強制チェックアウト

clock.m がチェックアウト済みであっても、ファイル /matlab/myfiles/clock.m をチェックアウトします。

checkout('/myserver/myfiles/clock.m','force','on')

指定バージョンのファイルのチェックアウト

clock.m の Version 1.1 をチェックアウトします。

checkout('/matlab/myfiles/clock.m','revision','1.1')

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?