ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cdflib.setVarPadValue

変数で使用する pad 値の指定

構文

cdflib.setVarPadValue(cdfId,varNum,padvalue)

説明

cdflib.setVarPadValue(cdfId,varNum,padvalue) は、CDF (Common Data Format) ファイル内の変数で使用される pad 値を指定します。

入力引数

cdfId

関数 cdflib.create または関数 cdflib.open の呼び出しによって返される、CDF ファイル識別子。

varNum

ファイルでの変数を識別する数値。変数番号はゼロからカウントします。

padValue

変数に pad 値を使用する値。pad 値のデータ型は、変数のデータ型と一致しなければなりません。

CDF を作成し、CDF に変数を作成したら、変数で使用する pad 値を設定します。この例を実行するためには、書き込み可能なフォルダーに移動します。

cdfid = cdflib.create('your_file.cdf');

% Create a variable in the file.
varNum = cdflib.createVar(cdfid,'Time','cdf_int1',1,[],true,[]);

% Get the current pad value used with the variable 
padval = cdflib.getVarPadValue(cdfid,varNum)

padval =

    0

% Change the pad value for the variable
cdflib.setVarPadValue(cdfid,varNum,int8(1));

% Check the new pad value.
padval = cdflib.getVarPadValue(cdfid,varNum)

padval =

    1

%  Clean up
cdflib.delete(cdfid)

clear cdfid

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFsetzVarPadValue に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF Web siteで CDF のドキュメンテーションをお読みください。

著作権に関する情報は、cdfcopyright.txt ファイルを参照してください。

参考

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?