ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cast

変数を別のデータ型にキャスト

構文

B = cast(A,newclass)
B = cast(A,'like',p)

説明

B = cast(A,newclass) は、A をクラス newclass に変換します。ここで newclass は、A と互換性のある組み込みデータ型の名前です。関数 cast は、大きすぎるため newclass にマッピングできない A の値を切り捨てます。

B = cast(A,'like',p) は、A を変数 p と同じデータ型およびスパース性に変換します。Ap の両方が実数である場合、B も実数です。そうでない場合、B は複素数です。

すべて展開する

数値データ型の変換

int8 値を uint8 に変換します。

スカラー 8 ビット整数を定義します。

a = int8(5);

a を符号なしの 8 ビット整数に変換します。

b = cast(a,'uint8');
class(b)
ans =
uint8

p のデータ型と実数/複素数の一致

複素数値をもつ単精度ベクトル p を定義します。

p = single([1+i 2]);

すべての要素が 1 である 2 行 3 列の行列を定義します。

A = ones(2,3);

Ap と同じデータ型および複雑度 (実数または複素数) に変換します。

B = cast(A,'like',p)
B =

   1.0000 + 0.0000i   1.0000 + 0.0000i   1.0000 + 0.0000i
   1.0000 + 0.0000i   1.0000 + 0.0000i   1.0000 + 0.0000i

B のクラスをチェックします。

class(B)
ans =

single

参考

|

この情報は役に立ちましたか?