ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

camup

カメラの上向きベクトルの設定またはクエリ

構文

camup
camup([up_vector])
camup('mode')
camup('auto')
camup('manual')
camup(axes_handle,...)

説明

camup は、現在の Axes で設定されているカメラの上向きベクトルを返します。カメラの上向きベクトルは、画面内で上向きを示す方向を指定します。

camup([up_vector]) は、現在の Axes における上向きベクトルを指定された値に設定します。上向きベクトルは、xy、および z 要素として指定します。

camup('mode') は、カメラの上向きベクトル モードの現在の値を返します。これは auto (既定の設定) または manual です。

camup('auto') は、カメラの上向きベクトル モードを auto に設定します。auto モードの場合、[0 1 0] が 2 次元表示での上向きベクトルです。これは y 軸が上を向いていることを意味します。3 次元表示では、上向きベクトルは [0 0 1] であり、これは z 軸が上を向いていることを意味します。

camup('manual') は、カメラの上向きベクトル モードを manual に設定します。manual モードの場合、カメラの上向きベクトルの値はユーザーが設定しない限り変わりません。

camup(axes_handle,...) は、最初の引数 axes_handle で指定される Axes 上で、射影タイプを設定あるいはクエリします。Axes のハンドルを指定しない場合、camup は現在の Axes 上で操作を実行します。

x 軸を上向き軸に設定します。

surf(peaks)
camup([1 0 0]);

参考

| | | | | | | |

この情報は役に立ちましたか?