ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

camorbit

カメラのターゲットを中心としてカメラ位置を回転

構文

camorbit(dtheta,dphi)
camorbit(dtheta,dphi,'coordsys')
camorbit(dtheta,dphi,'coordsys','direction')
camorbit(axes_handle,...)

説明

camorbit(dtheta,dphi) は、カメラのターゲットを中心として、dtheta および dphi (いずれも単位は度) で指定された量だけカメラの位置を回転します。dtheta は水平方向の回転、dphi は垂直方向の回転です。

camorbit(dtheta,dphi,'coordsys') は、カメラのターゲットを中心としてカメラの位置を回転します。その際、引数 coordsys を使用して回転の中心を特定します。coordsys は次の 2 つの値を取ることができます。

  • data (既定の設定) — カメラのターゲットと direction (既定の設定は z 軸の正方向) で定義される軸を中心としてカメラを回転します。

  • camera — カメラのターゲットで定義される点を中心としてカメラを回転します。

camorbit(dtheta,dphi,'coordsys','direction') は、引数 direction をカメラのターゲットと組み合わせて使用して、データの座標系における回転軸を定義します。direction は、方向の xyz 成分を含む 3 要素のベクトルとして、または、それぞれ [1 0 0][0 1 0][0 0 1] を表す文字 xyz のいずれかで指定します。

camorbit(axes_handle,...) は、最初の引数 axes_handle で定義される Axes 上で操作を実行します。Axes のハンドルを指定しない場合、camorbit は現在の Axes に作用します。

関数 camorbit の動作は、関数 rotate3d の動作とは異なります。具体的には、rotate3d ツールは Axes の View プロパティを変更するのに対して、関数 camorbit は縦横比を固定し、CameraTargetCameraPosition、および CameraUpVector の各プロパティを変更します。axes_props を参照してください。

カメラのターゲット点と y 軸に平行な方向で定義される直線を中心としてカメラを水平に回転します。カメラのターゲットが頂点、カメラの位置が底面になる円錐形として、この回転を可視化します。

surf(peaks)
axis vis3d
for i=1:36
   camorbit(10,0,'data',[0 1 0])
   drawnow
end
 

camera 座標系における回転では、カメラのターゲットを円の中心として固定したまま、軸を中心とする円に沿ってカメラが周回します。

surf(peaks)
axis vis3d
for i=1:36
   camorbit(10,0,'camera')
   drawnow
end

代替方法

Figure の [ツール] メニューまたは Figure のツール バーから 3 次元回転を有効にできます。

参考

| | | | |

この情報は役に立ちましたか?