ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

camlight

カメラの座標系内で Light オブジェクトを作成または移動する

構文

camlight('headlight')
camlight('right')
camlight('left')
camlight
camlight(az,el)
camlight(...,'style')
camlight(light_handle,...)
light_handle = camlight(...)

説明

camlight('headlight') は、カメラの位置にライトを作成します。

camlight('right') は、カメラの右上にライトを作成します。

camlight('left') は、カメラの左上にライトを作成します。

引数を指定しない camlight は、camlight('right') と同じです。

camlight(az,el) は、カメラの位置に対して指定された方位角 (az) と仰角 (el) でライトを作成します。カメラのターゲットが回転の中心で、azel の単位は度です。

camlight(...,'style') は、以下の 2 つのうち 1 つを使用して引数 style を定義します。

  • local (既定の設定) — ライトは点光源で、設定位置から全方向を照らします。

  • infinite — ライトは平行な光線を照射します。

camlight(light_handle,...) では、参考文献 light_handle に指定されているライトが使用されます。

light_handle = camlight(...) は、Light オブジェクトのハンドルを返します。

camlight は、Light オブジェクトの Position および Style プロパティを設定します。camlight で作成されたライトは、カメラを追跡しません。ライトがカメラに対して定位置となるようにするためには、カメラを移動するたびに camlight を呼び出します。

カメラの左側にライトを作成し、その後カメラが移動されるたびにライトを再配置します。

surf(peaks)
axis vis3d
h = camlight('left');
for i = 1:20;
	camorbit(10,0)
	camlight(h,'left')
	drawnow;
end

参考

|

この情報は役に立ちましたか?