ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

calendar

指定した月のカレンダー

構文

c = calendar
c = calendar(d)
c = calendar(y, m)

説明

c = calendar は、現在の月のカレンダーが格納された 6 行 7 列の行列を返します。このカレンダーは 1 列目が日曜日で 7 列目が土曜日です。

c = calendar(d) は、d がシリアル日付値あるいは日付文字列の場合、指定した月のカレンダーを返します。

c = calendar(y, m) は、y および m が整数の場合、指定した年における指定した月のカレンダーを返します。

コマンド

calendar(1957,10)

では、宇宙時代の幕開け (1957 年 10 月 4 日にスプートニク 1 号打ち上げ) が金曜日であったことがわかります。

                    Oct 1957
     S     M    Tu     W    Th     F     S
     0     0     1     2     3     4     5
     6     7     8     9    10    11    12
    13    14    15    16    17    18    19
    20    21    22    23    24    25    26
    27    28    29    30    31     0     0
     0     0     0     0     0     0     0

参考

この情報は役に立ちましたか?