ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

aviinfo

Audio/Video Interleaved (AVI) ファイルに関する情報

    メモ:   aviinfo は将来のリリースで削除されます。代わりに VideoReader および get メソッドを使用してください。

構文

fileinfo = aviinfo(filename)

説明

fileinfo = aviinfo(filename) は、文字列 filename に指定している AVI ファイルに関する情報を含む構造体のフィールドを返します。filename が拡張子を含んでいない場合、.avi が使われます。ファイルは、現在の作業ディレクトリまたは MATLAB® パス上のディレクトリに存在する必要があります。

fileinfo 構造体の中のフィールド セットを示します。

フィールド名

説明

AudioFormat

オーディオ データが存在している場合、それを保存するために使用する形式名を含む文字列。

AudioRate

オーディオ データが存在している場合、オーディオ ストリームのサンプル レートを整数値 (Hz)。

Filename

ファイル名を指定する文字列。

FileModDate

ファイルの変更日を含む文字列。

FileSize

バイト数で表したファイル サイズを示す整数値。

FramesPerSecond

単位時間 (秒) あたりの希望するフレーム数を示す整数。

Height

ピクセル数で表す AVI ムービーの高さを示す整数。

ImageType

イメージ タイプを示す文字列。トゥルーカラー (RGB) イメージに対しては 'truecolor'、インデックス付きイメージに対しては 'indexed' を設定します。

NumAudioChannels

オーディオ データが存在する場合、オーディオ ストリームの中のチャンネル数を示す整数。

NumFrames

ムービー内のフレームの総数を示す整数。

NumColormapEntries

カラー マップの要素数を示す整数。トゥルーカラー イメージの場合、この値は 0 (ゼロ) です。

Quality

0 と 100 の間の数で、AVI ファイル内のビデオの品質を示すものです。より高い数字は、ビデオ品質が高いことを意味します。逆に、低い数字は、品質が劣ることを意味しています。この値は、AVI ファイル内で常に設定されているものではありません。したがって、間違っている可能性もあります。

VideoCompression

AVI ファイルを圧縮するために使用する圧縮方法を示す文字列。圧縮方法が Microsoft® Video1、RunLength- Encoding (RLE)、Cinepak、または Intel® Indeo のいずれでもない場合、関数 aviinfo は、圧縮方法を識別する 4 文字のコードを返します。

Width

ピクセル数で表す AVI ムービーの幅を示す整数。

この情報は役に立ちましたか?