ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

注釈テキスト ボックス プロパティ

Annotation Textbox Properties を定義

プロパティの変更

関数 setgetおよびプロパティ エディター (propertyeditor コマンドで表示) を使用して、注釈オブジェクトのプロパティの値を設定したり取得したりできます。

関数 annotation を使用して、注釈オブジェクトを作成して、そのハンドルを取得します。使用例については、『MATLAB® グラフィックス』ドキュメンテーションの「注釈オブジェクト」を参照してください。

Annotation Textbox Properties の説明

この節では、プロパティについて説明します。中かっこ { } は既定値です。

BackgroundColor

ColorSpec | {none}

テキスト背景の四角形の色。四角形の背景色を指定する 3 要素の RGB ベクトルまたは MATLAB の既定の色名です。既定値は none です。

色の指定方法の詳細は、ColorSpec のリファレンス ページを参照してください。

Color

ColorSpec

テキストの色。テキストの色を指定する 3 要素の RGB ベクトルまたは事前定義名です。既定値はブラックです。色の指定の詳細は、「ColorSpec」を参照してください。

EdgeColor

ColorSpec | {none}

テキストの四角形のエッジの色。テキストを囲む四角形の色を指定する 3 要素 RGB ベクトルまたは MATLAB 事前定義名の 1 つ。

色の指定方法の詳細は、ColorSpec のリファレンス ページを参照してください。Color プロパティを設定すると、このプロパティも設定されます。

FaceAlpha

範囲 [0 1] のスカラー アルファ値

オブジェクト背景の透明度。オブジェクトの背景色の透明度を定義します。1 (既定の設定) の値は背景を不透明にし、0 の値は背景を完全に透明 (見えない) にします。既定値は 1 です。

FitBoxToText

{on} | off

テキストがボックスに合うようにテキスト ボックスの幅と高さを自動的に調整します。このプロパティが on (既定の設定) である場合、MATLAB はテキスト ボックスに含まれるテキスト文字列の x 範囲と y 範囲に合うように、テキスト ボックスのサイズを自動的に変更します。off である場合、テキスト文字列はテキスト ボックスの幅に合うように改行されます。これにより、ボックスの最下部より下にテキスト文字列がはみ出る可能性があります。

プロットの編集モードでテキスト ボックスのサイズを変更するか、Position プロパティの幅と高さを直接変更すると、MATLAB はオブジェクトの FitBoxToText プロパティを off に設定します。プロパティ インスペクタを使用するか、オブジェクトのコンテキスト メニューからプロットの編集モードを使用して、set を含むこのプロパティを切り替えることができます。

FitHeightToText

on | off

テキスト ボックスの幅と高さをテキストに合わせて自動調整します。MATLAB はテキスト文字列を自動的に改行して、テキスト ボックスの幅に収まるようにします。ただし、テキスト文字列が非常に長い場合は、テキスト ボックスの底辺から出てもかまいません。

    メモ:   プロパティは使用されなくなりました。代わりに FitBoxToText を使用してテキスト ボックス内の折り返しの動作を制御してください。

このモードを on に設定すると、文字列の作成時や編集時に MATLAB がテキスト ボックスの高さを自動調整して文字列が収まるようにします。

テキスト ボックスのサイズ調整をプログラミングで実行する場合や、プロット編集モードで手動で行う場合は、fit-size-to-text の動作をオフにしてください。

ただし、その他のハンドルからテキスト ボックスのサイズを変更すると、テキストの収まり具合に関係なく、設定した位置が使用されます。

FontAngle

{normal} | italic | oblique

文字の傾斜。MATLAB は、このプロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントから選択します。一般的に、このプロパティを italicoblique に設定すると、イタリックのフォントを選択します。

FontName

文字列

フォント ファミリ。テキストに使用するフォント名を指定する文字列。正しく表示して印刷するためには、このフォントがシステムでサポートされていなければなりません。既定のフォントは Helvetica です。

FontSize

サイズ (ポイント数)

テキスト文字の概算サイズ。ポイント数で指定します。1 ポイント = 1/72 インチ。既定のサイズは 10 です。

FontUnits

{points} | normalized | inches | centimeters | pixels

フォント サイズの単位。MATLAB は、このプロパティを使って FontSize プロパティが使用する単位を決めます。正規化された単位は、FontSize を親軸の高さの分数として解釈します。軸のサイズを変更すると、MATLAB はこれに応じて画面の FontSize を変更します。pixelsinchescentimeters、および points は絶対単位です。1 ポイント = 1/72 インチ

FontWeight

{normal} | bold | light | demi

テキスト文字の太さ。MATLAB は、このプロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントから選択します。一般に、このプロパティを bolddemi に設定すると、MATLAB は太字フォントを使用します。

HorizontalAlignment

{left} | center | right

テキストの水平方向の整列。テキスト ボックス内の文字列の水平方向の位置を指定します。Position プロパティで指定した点に関して、文字列を水平方向のどこに配置するかを決めます。

Interpreter

latex | {tex} | none

TeX 命令を解釈します。このプロパティは、MATLAB が String プロパティの特定の文字を TeX 命令と解釈するか (既定の設定)、すべて文字どおり表示するかを制御します。以下のオプションがあります。

  • latex — LaTeX マークアップ言語の基本サブセットをサポートします。

  • tex — 標準 TeX マークアップ言語のサブセットをサポートします。サポートされている TeX 命令のリストについては、String プロパティを参照してください。

  • none — リテラル文字の表示。

LineStyle

{-} | -- | : | -. | none

注釈テキスト ボックス オブジェクトのライン スタイル

 ライン スタイル指定子の表

LineWidth

サイズ (ポイント数)

線形オブジェクトの幅と塗りつぶした面のエッジ。ポイント数で指定します。1 ポイント = 1/72 インチ。既定の設定は 0.5 ポイントです。

Margin

ピクセルのサイズ

テキスト周囲の余白。四角形の内側にあるテキスト文字列の周囲の余白を定義するピクセルでの値。既定値は 5 ピクセルです。

Position

4 要素ベクトル [x, y, width, height]

オブジェクトのサイズと位置。ポイント x, y を定義するベクトルの最初の 2 要素を使用してオブジェクトの左下コーナーを Figure に正規化された単位で指定します (Units プロパティが normalized の場合)。widthheight は、それぞれオブジェクトの dx と dy を Figure に正規化された単位で指定します。既定値は [0.3 0.3 0.1 0.1] です。

String

文字列

テキスト文字列。このプロパティは、1 行の文字列には引用符付き文字列または文字列のセル配列として、複数行の文字列にはパディングされた文字行列として指定します。MATLAB はこの文字を指定された場所に表示します。"|" の文字は、テキストの文字列では、行区切りとは解釈されず、文字列の一部として表示されます。例については、「数学記号、ギリシャ文字、TeX 文字」を参照してください。

    メモ:   defaultfactory、および remove という語は予約語で、通常の文字列として引用されている場合は Figure に表示されません。これらの語を個別に表示するには、'reserved_word' の代わりに「'\reserved_word'」と入力します。

テキストの Interpreter プロパティが tex (既定の設定) の場合、文字列に組み込まれた TeX コマンドのサブセットを使用して、ギリシャ文字や数学記号などの特殊文字を表現することが可能になります。次の表は、これらの文字とそれらを定義する文字列を説明したものです。

 TEX 文字列の表

使用するフォント タイプと色を制御するストリーム修正子を指定することもできます。最初の 4 個の修正子は、相互に排他的です。ただし、\fontname は、他の修正子と組み合わせて使うことができます。

Units

{normalized} | inches | centimeters | characters | points | pixels

位置の単位。MATLAB は、このプロパティを使用して Position プロパティが使用する単位を決めます。位置はすべて Figure ウィンドウの左下隅から測定されます。

  • normalizedPosition を親軸の幅と高さの割合として解釈します。Axes のサイズを変更すると、MATLAB はこれに応じてオブジェクトのサイズを変更します。

  • pixelsinchescentimeters、および points — 絶対単位。1 ポイント = 1/72 インチ

  • characters — 既定のシステム フォントの文字サイズに基づきます。1 characters 単位の幅は、文字 x の幅で、1 characters 単位の高さはテキスト 2 行のベースライン間隔です。

VerticalAlignment

top | cap | {middle} | baseline |
bottom

テキストの垂直方向の整列。テキスト ボックス内の文字列の垂直方向の位置を指定します。Position プロパティで指定した点に関して、文字列を垂直方向のどこに配置するかを決めます。

top および cap のどちらもボックスの最上部にテキストを配置し、baseline および bottom のどちらも最下部にテキストを配置することに注意してください。

参考

この情報は役に立ちましたか?