ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

注釈四角形プロパティ

Annotation Rectangle Properties を定義

プロパティの変更

関数 setgetおよびプロパティ エディター (propertyeditor コマンドで表示) を使用して、注釈オブジェクトのプロパティの値を設定したり取得したりできます。

関数 annotation を使用して、注釈オブジェクトを作成して、そのハンドルを取得します。使用例については、『MATLAB® グラフィックス』ドキュメンテーションの「注釈オブジェクト」を参照してください。

注釈四角形プロパティの説明

この節では、プロパティについて説明します。中かっこ { } は既定値です。

EdgeColor

ColorSpec | none

オブジェクトのエッジの色。エッジの色を指定する 3 要素 RGB ベクトルまたは MATLAB 事前定義名の 1 つ。既定値は [0 0 0] (black) です。

色の指定方法の詳細は、ColorSpec のリファレンス ページを参照してください。

FaceAlpha

範囲 [0 1] のスカラー アルファ値

オブジェクト背景の透明度。オブジェクトの背景色の透明度を定義します。1 (既定の設定) の値は背景を不透明にし、0 の値は背景を完全に透明 (見えない) にします。既定値は 1 です。

FaceColor

{flat} | none | ColorSpec

塗りつぶし領域の色。

  • ColorSpec —塗りつぶす全領域に 1 色を指定する 3 要素 RGB ベクトルまたは MATLAB 事前定義名の 1 つ。

  • none — 面を描画しません。MATLAB は、FaceColor とは無関係に EdgeColor を描画することに注意してください。

  • flat — オブジェクトは Figure colormap を使用して、塗りつぶし領域の色を決定します。

LineStyle

{-} | -- | : | -. | none

注釈四角形 オブジェクトのライン スタイル

 ライン スタイル指定子の表

LineWidth

サイズ (ポイント数)

線形オブジェクトの幅と塗りつぶした面のエッジ。ポイント数で指定します。1 ポイント = 1/72 インチ。既定の設定は 0.5 ポイントです。

Position

4 要素ベクトル [x, y, width, height]

オブジェクトのサイズと位置。ポイント x, y を定義するベクトルの最初の 2 要素を使用してオブジェクトの左下コーナーを Figure に正規化された単位で指定します (Units プロパティが normalized の場合)。widthheight は、それぞれオブジェクトの dx と dy を Figure に正規化された単位で指定します。既定値は [0.3 0.3 0.1 0.1] です。

Units

{normalized} | inches | centimeters | characters | points | pixels

位置の単位。MATLAB は、このプロパティを使用して Position プロパティが使用する単位を決めます。位置はすべて Figure ウィンドウの左下隅から測定されます。

  • normalizedPosition を親軸の幅と高さの割合として解釈します。Axes のサイズを変更すると、MATLAB はこれに応じてオブジェクトのサイズを変更します。

  • pixelsinchescentimeters、および points — 絶対単位。1 ポイント = 1/72 インチ

  • characters — 既定のシステム フォントの文字サイズに基づきます。1 characters 単位の幅は、文字 x の幅で、1 characters 単位の高さはテキスト 2 行のベースライン間隔です。

参考

この情報は役に立ちましたか?