ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

annotation

注釈オブジェクトを作成

構文

annotation(annotation_type)
annotation('line',x,y)
annotation('arrow',x,y)
annotation('doublearrow',x,y)
annotation('textarrow',x,y)
annotation('textbox',[x y w h])
annotation('ellipse',[x y w h])
annotation('rectangle',[x y w h])
annotation(figure_handle,...)
annotation(...,'PropertyName',PropertyValue,...)
anno_obj_handle = annotation(...)

説明

annotation(annotation_type) は、すべてのプロパティの既定値を使用して、指定されたタイプの注釈を作成します。annotation_type は、以下のいずれかの文字列にできます。

  • 'line'

  • 'arrow'

  • 'doublearrow' (双方向矢印)

  • 'textarrow' (テキストボックス付き矢印)

  • 'textbox'

  • 'ellipse'

  • 'rectangle'

annotation('line',x,y) は、x(1),y(1) で定義されるポイントから x(2),y(2) で定義されるポイントまでの線の注釈オブジェクトを作成します。これらの数値は、Figure に正規化された単位で指定されます。

annotation('arrow',x,y) は、x(1),y(1) で定義されるポイントから x(2),y(2) で定義されるポイントまでの矢印の注釈オブジェクトを作成します。これらの数値は、Figure に正規化された単位で指定されます。

annotation('doublearrow',x,y) は、x(1),y(1) で定義されるポイントから x(2),y(2) で定義されるポイントまでの線の注釈オブジェクトを作成します。これらの数値は、Figure に正規化された単位で指定されます。

annotation('textarrow',x,y) は、x(1),y(1) で定義されるポイントから x(2),y(2) で定義されるポイントまでのテキスト付き矢印の注釈オブジェクトを作成します。これらの数値は、Figure に正規化された単位で指定されます。矢印の終端には、編集可能なテキストボックスが付いています。

annotation('textbox',[x y w h]) は、左下コーナーの位置がポイント x,y、幅が w、高さが h の編集可能なテキスト ボックスの注釈を作成します。これらの数値は、Figure に正規化された単位で指定されます。xyw、および h は単一ベクトルで指定します。

テキスト ボックスに入力するには、プロット編集モード (plotedit) を有効にして、そのボックス内をダブルクリックします。

annotation('ellipse',[x y w h]) は、境界四角形の左下コーナーの位置がポイント x,y、幅が w、高さが h の楕円注釈を作成します。これらの数値は、Figure に正規化された単位で指定されます。xyw、および h は単一ベクトルで指定します。

annotation('rectangle',[x y w h]) は、四角形の左下コーナーの位置がポイント x,y、幅が w、高さが h の四角形注釈を作成します。これらの数値は、Figure に正規化された単位で指定されます。xyw、および h は単一ベクトルで指定します。

annotation(figure_handle,...) は、指定された Figure で注釈を作成します。

annotation(...,'PropertyName',PropertyValue,...) は、注釈を作成し、指定されたプロパティを指定値に設定します。

anno_obj_handle = annotation(...) はハンドルを 「注釈オブジェクト」 に返します。

グラフにテキスト ボックスの注釈を付けます。

plot(1:10);
annotation('textbox', [.2 .4 .1 .1],...
           'String', 'Straight Line Plot 1 to 10');

指定された場所が Figure 座標で正規化されていることに注意してください。注釈オブジェクトの FitBoxToText プロパティは既定で on になるため、文字列の長さに応じて自動的にテキスト ボックスの幅が調整されます。

 

文字列のセル配列を作成してテキスト ボックスに複数の行を挿入します。各要素は独立した行として使用されます。

plot(1:10);
str = {'Straight Line', 'Plot of 1 to 10'};
annotation('textbox', [.2 .4, .1, .1],...
           'String', str);

 

グラフにテキスト付き矢印を挿入します。

plot(1:10);
a = annotation('textarrow', [.3 .5], [.6 .5],...
               'String' , 'Straight Line');

このテキスト付き矢印は、正規化された Figure 座標で (.3, .6) から (.5 ,.5) までの点によって定義されています。

対話的に注釈を追加する

注釈を対話的に追加できる便利な機能があります。詳細は、「プロット編集モードでの作業」を参照してください。

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?