ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

数値クラスの識別

変数 x のデータ型は、次のいずれかのコマンドを使用して確認できます。

コマンド

演算

whos x

x のデータ型を表示

xType = class(x);

x のデータ型を変数に代入

isnumeric(x)

x が数値型かどうかを判定

isa(x, 'integer')
isa(x, 'uint64')
isa(x, 'float')
isa(x, 'double')
isa(x, 'single')

x が指定の数値型かどうかを判定(ここに示したのは、整数、符号なし 64 ビット整数、 任意の浮動小数点、倍精度、単精度の例です)

isreal(x)

x が実数か複素数かを判定

isnan(x)

x が数値以外(NaN) かを判定

isinf(x)

x が無限大かを判定

isfinite(x)

x が有限かを判定

この情報は役に立ちましたか?