ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

論理配列の識別

関数の概要

この表は、x が論理配列かどうかを判定するためのコマンドを示したものです。表の最後の関数 cellfun はセル配列上で動作します。

コマンド

演算

whos(x)

x の値とデータ型を表示

islogical(x)

論理配列の場合は true を返す

isa(x, 'logical')

論理配列の場合は true を返す

class(x)

データ型名を含む文字列を返す

cellfun('islogical', x)

各セル配列が論理配列かどうかを確認

論理配列を識別する例

論理値の 3 行 6 列の配列を作成し、関数 whos を使用して、配列のサイズ、バイト数、クラス (すなわち、データ型) を確認します。

A = gallery('uniformdata',[3,6],0) > .5
A =

     1     0     0     0     1     0
     0     1     0     1     1     1
     1     1     1     1     0     1

whos A
  Name      Size            Bytes  Class      Attributes

  A         3x6                18  logical              

次の各式のクラスを表示します。

B = logical(-2.8);  C = false;  D = 50>40;  E = isinteger(4.9);

whos B C D E
  Name      Size            Bytes  Class      Attributes

  B         1x1                 1  logical              
  C         1x1                 1  logical              
  D         1x1                 1  logical              
  E         1x1                 1  logical              

Aclass を表示します。

A = gallery('uniformdata',[3,6],0) > .5;
fprintf('A is a %s\n', class(A));

A is a logical

セル配列 C を作成し、islogical を使用して論理値要素を識別します。

C = {1, 0, true, false, pi, A};
cellfun('islogical', C)
ans =
     0     0     1     1     0     1
この情報は役に立ちましたか?