ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プラグインによるテスト ランナーのカスタマイズ

この例では、カスタム プラグインをテスト ランナーに追加する方法を示します。matlab.unittest.plugins.TestSuiteProgressPlugin は、テスト ケースに関する進捗メッセージを表示します。このプラグインは、matlab.unittest パッケージの一部です。MATLAB® は、既定のテスト ランナーにこれを使用します。

この例では、「クラス レベルのセットアップ コードをもつテスト ケース」で説明されている BankAccountTest テスト ケースを使用します。

テスト スイートの作成

BankAccountTest テスト ケースからテスト スイート ts を作成します。

ts = matlab.unittest.TestSuite.fromClass(?BankAccountTest);

プラグインなしの結果の表示

プラグインなしでテスト ランナーを作成します。

runner = matlab.unittest.TestRunner.withNoPlugins;
res = runner.run(ts);

出力は表示されません。

テスト ランナーのカスタマイズ

カスタム プラグイン TestSuiteProgressPlugin を追加します。

import matlab.unittest.plugins.TestSuiteProgressPlugin;
runner.addPlugin(TestSuiteProgressPlugin);
res = runner.run(ts);
Running BankAccountTest
.....
Done BankAccountTest
__________

MATLAB は、BankAccountTest に関する進捗メッセージを表示します。

参考

この情報は役に立ちましたか?