ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

連結の例

single 型と double 型の組み合わせ

single 型の値を double 型の値と組み合わせると、single 型の行列が生成されます。5.73*10^300 は、single 型として保存するには大きすぎるため、double 型から single 型への変換で無限大に設定されることに注意してください。この例で使用した関数 class では、入力値のデータ型が返されます。

x = [single(4.5) single(-2.8) pi 5.73*10^300]
x =
    4.5000   -2.8000    3.1416       Inf

class(x)              % Display the data type of x
ans =
   single

整数と double 型の組み合わせ

整数値を double 型の値と組み合わせると、整数行列が生成されます。pi の小数部分は、最も近い整数に丸められることに注意してください。この例で使用した関数 int8 では、数値引数が 8 ビット整数に変換されます。

x = [int8(21) int8(-22) int8(23) pi 45/6]
x =
    21   -22    23     3     7

class(x)
ans =
   int8

文字型と double 型の組み合わせ

character 型の値を double 型の値と組み合わせると、character 型の行列が生成されます。MATLAB® では、次の例の double 型の要素が対応する character 型に変換されます。

x = ['A' 'B' 'C' 68 69 70]
x =
   ABCDEF

class(x)
ans =
   char

論理型と double 型の組み合わせ

logical 型の値を double 型の値と組み合わせると、double 型の行列が生成されます。MATLAB では、次の例の logical truefalse 要素が、double 型に変換されます。

x = [true false false pi sqrt(7)]
x =
    1.0000         0         0    3.1416    2.6458

class(x)
ans =
   double
この情報は役に立ちましたか?