ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

複素数

複素数の作成

複素数は、実数部と虚数部の 2 つの部分で構成されています。基本の虚数単位は、-1 の平方根と同じです。MATLAB® では、これをi または j という 2 つの文字のいずれかで表します。

次のステートメントは、MATLAB における複素数値の作成方法の 1 つを示したものです。変数 x に複素数が代入され、2 が実数部で、3 が虚数部になります。

x = 2 + 3i;

複素数を作成するもう 1 つの方法として、関数 complex を使用することができます。この関数は 2 つの数値入力を複素数出力に結合し、最初の入力を実数部に、2 番目を虚数部にします。

x = rand(3) * 5;
y = rand(3) * -8;

z = complex(x, y)
z =
   4.7842 -1.0921i   0.8648 -1.5931i   1.2616 -2.2753i
   2.6130 -0.0941i   4.8987 -2.3898i   4.3787 -3.7538i
   4.4007 -7.1512i   1.3572 -5.2915i   3.6865 -0.5182i

関数 realimag を使用して、複素数を実数部と虚数部に分割できます。

zr = real(z)
zr =
    4.7842    0.8648    1.2616
    2.6130    4.8987    4.3787
    4.4007    1.3572    3.6865

zi = imag(z)
zi =
   -1.0921   -1.5931   -2.2753
   -0.0941   -2.3898   -3.7538
   -7.1512   -5.2915   -0.5182

複素数関数

MATLAB で一般的に複素数に使用される関数のリストは、「複素数関数」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?