ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

警告の表示方法の変更

MATLAB® での警告の表示方法は、2 つの警告 "モード" verbosebacktrace を変更して制御できます。

モード

説明

既定

verbose

警告を非表示にする方法に関するメッセージを表示

off (terse)

backtrace

警告の発生後、スタック トレースを表示

on (enabled)

    メモ:   verbose および backtrace モードには、制限があります。

    • ステートメント prev_state = warning('query','all')prev_state には、backtrace または verbose モードに関する情報は含まれません。

    • モードの変更は、すべての有効な警告に影響します。

Verbose 警告の有効化

verbose 警告を有効にすると、MATLAB は各警告の表示に 1 行追加して、この警告を抑制する方法を示します。

たとえば、すべての警告をオンにし、backtrace を無効にして verbose 警告を有効にできます。

warning on all
warning off backtrace
warning on verbose

エラーを生成するコマンドを実行すると拡張メッセージが表示されます。

rmpath('folderthatisnotonpath');
Warning: "folderthatisnotonpath" not found in path.
(Type "warning off MATLAB:rmpath:DirNotFound" to suppress this warning.) 

特定の警告のスタック トレースの表示

複数のレベルの関数呼び出しの内部にあるコードから警告が生成される場合、警告の原因の位置を見つけるのが困難なことがあります。backtrace モードを有効にすると、MATLAB は警告が発生したファイルの名前と行番号を表示します。たとえば、backtrace を有効にして verbose を無効にできます。

warning on backtrace
warning off verbose

エラーを生成するコマンドを実行すると、行番号付きのハイパーリンクが表示されます。

Warning: "folderthatisnotonpath" not found in path. 
> In rmpath at 58 

ハイパーリンクをクリックすると、警告の場所に移動します。

この情報は役に立ちましたか?