ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

属性の指定

属性の構文

属性のクイック リファレンスは、属性の表属性の表を参照してください。

属性は、クラスとクラス コンポーネント (プロパティ、メソッド、イベント) の動作を変更します。属性を指定すると、複雑なコードを記述しなくても、有効な動作を定義できます。たとえば、SetAccess 属性を private に設定することによって、読み取り専用のプロパティを作成できますが、GetAccess 属性は public (既定) に設定しておきます。

properties (SetAccess = private)
   ScreenSize = getScreenSize;
end

すべてのクラス定義ブロック (classdefpropertiesmethodsevents) は、特定の属性をサポートしています。また、すべての属性には既定値が設定されています。既定値をあらかじめ定義された他の値に変更する場合にのみ、属性値を指定します。

    メモ:   任意の component ブロック内で特定の属性値を一度だけ指定します。

属性の説明

サポートされる属性のリストは、以下を参照してください。

属性値

属性値を指定すると、これらの属性値は、定義ブロック内で定義されているすべてのコンポーネントに影響を及ぼします。たとえば、以下のプロパティ定義ブロックは、次のように設定します。

  • AccountBalance プロパティの SetObservable 属性を true に設定

  • SSNumberCreditCardNumber プロパティの Hidden 属性を trueSetAccess 属性を private に設定

属性の設定が異なるプロパティを定義するには、複数の properties ブロックが必要です。

properties (SetObservable = true) 
   AccountBalance
end
properties (SetAccess = private, Hidden = true)
   SSNumber
   CreditCardNumber
end

前の例で示されたように、コンマ区切りのリストにある複数の属性が指定されました。

クラスの属性を指定するときは、classdef キーワードの直後に属性リストを置きます。

classdef (Sealed = true) myclass
   ...
end

値が true/false である属性のための簡単な構文

属性値が true または false である属性には、より簡単な構文を使用できます。この構文は、属性名のみの場合は true、属性名に not 演算子 (~) が追加されている場合は false を意味します。次に、例を示します。

methods (Static)
   ...
end

は、以下と等価です。

methods (Static = true)
   ...
end

属性の名前の前に not 演算子を使用すると、false として定義されます。

methods (~Static) 
   ...
end

は、以下と等価です。

methods (Static = false)
   ...
end

論理値 (true または false) を取るすべての属性の既定値は、false です。したがって、属性値を true に設定する場合のみに属性を設定します。

この情報は役に立ちましたか?