ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

DCOM サーバーとしての MATLAB アプリケーションの使用

分散コンポーネント オブジェクト モデル (DCOM) は、ネットワークを経由して COM 接続を可能にする プロトコルです。使用している Windows® オペレーティング システムとコントローラーが両方とも DCOM をサポートしている場合は、コントローラーを使用してリモート マシンの MATLAB® サーバーを起動することができます。

このためには、DCOM が正しく構成され、MATLAB がクライアントやサーバーとして使用される各マシンにインストールされていなければなりません (クライアント マシンがこのような構成で MATLAB を実行していない場合でも、クライアント マシンには MATLAB がインストールされていなければなりません。これはリモート接続を確立するためには特定の MATLAB コンポーネントが必要とされるためです)。現在使用中の環境に合わせて DCOM を構成する方法については、DCOM のドキュメンテーションを参照してください。

この情報は役に立ちましたか?