ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

UserData

シリアル ポート オブジェクトに関連付けるデータ

説明

シリアル ポート オブジェクトと関連付けるデータを保存するために UserData を構成します。オブジェクトは、このデータを直接は使用しませんが、関数 get またはドット表記を使用してアクセスできます。

特性

読み取り専用

なし

データ型

任意のタイプ

既定値は空ベクトルです。

シリアル ポート COM1 に関連付けられているシリアル ポート オブジェクトを作成すると仮定します。

s = serial('COM1');

UserData に保存することによって s とデータを関連付けることができます。

coeff.a = 1.0;
coeff.b = -1.25;
s.UserData = coeff;
この情報は役に立ちましたか?