ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MAT ファイルのソース コード ファイル一覧表

matlabroot/extern/examples/eng_mat フォルダーには、MAT ファイル ルーチンの使用方法を示す C/C++ および Fortran のソース コード例が含まれています。これらの例はスタンドアロン プログラムを作成します。ソース コードは、Windows® システムと UNIX® システムの両方で同じです。

コード例をビルドするには、まず Windows のパス上にある c:\work などの書き込み可能なフォルダーにファイルをコピーします。

copyfile(fullfile(matlabroot,'extern','examples','eng_mat',...
  'filename'), fullfile('c:','work'));

ここで filename はサンプル名です。

mex -setup コマンドを使用してコンパイラが選択されていることを確認してください。

ビルドについての詳細は、以下の節を参照してください。

説明

matcreat.c

ライブラリ ルーチンを使用した、MATLAB® が読み込み可能な MAT ファイルの作成方法を示す C プログラム。

matcreat.cpp

matcreat.c プログラムの C++ バージョン。

matdgns.c

ライブラリ ルーチンを使用した、MAT ファイルの読み取りおよび診断方法を示す C プログラム。

matdemo1.F

Fortran プログラムからの MATLAB MAT ファイル関数の呼び出し方法を示す Fortran プログラム。

matdemo2.F

ライブラリ ルーチンを使用した、matdemo1.F により作成された MAT ファイルの読み取りおよび内容記述の方法を示す Fortran プログラム。

matimport.c

スタンドアロン アプリケーション作成用の例で使用された matcreat.c をベースにした C プログラム。

matreadstructarray.c

構造体配列の内容を読み取るための、explore.c ベースの C プログラム。

matreadcellarray.c

セル配列の内容を読み取るための、explore.c ベースの C プログラム。

これらの例では、MAT ファイルの API 関数について説明します。「MX 行列ライブラリ」を使用する例は、以下の節を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?