ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

C アプリケーションからの MATLAB 関数の呼び出し

matlabroot/extern/examples/eng_mat フォルダー内のプログラム engdemo.c は、スタンドアロン C プログラムからエンジン関数を呼び出す方法を示しています。このプログラムの Microsoft® Windows® バージョンについては、engwindemo.c を参照してください。

engdemo.c を確認するには、MATLAB® エディターでこのファイルを開きますこのファイルを開きます

Windows バージョンの engwindemo.c を確認するには、このファイルを開きますこのファイルを開きます

このプログラムの最初の部分は、MATLAB を起動し、データを送信します。MATLAB はデータを解析し、結果をプロットします。

プログラムは次のように続きます。

Press Return to continue

Return を押して、プログラムを続けます。

Done for Part I.
Enter a MATLAB command to evaluate.  This command should
create a variable X.  This program will then determine
what kind of variable you created.
For example: X = 1:5

X = 17.5 を入力してプログラムの実行を続けます。

X = 17.5
 
X =
 
   17.5000
 
 
Retrieving X...
X is class double
Done!

最後に、プログラムはメモリを解放し、MATLAB エンジンを閉じて終了します。

この情報は役に立ちましたか?