ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

BytesToOutput

現在出力バッファーにあるバイト数

説明

BytesToOutput は、デバイスに書き込まれるのを待つ出力バッファー内の現在のバイトの数を示します。プロパティ値は、出力バッファーが満たされるか空のとき連続的に更新され、関数 fopen が実行された後で 0 に設定されます。

データを非同期で書き込むときにのみ BytesToOutput を使用できます。これは、データを同期して書き込む場合、出力バッファーが空になった後にのみ制御が MATLAB® コマンド ラインに戻るためです。そのため、BytesToOutput の値は常に 0 です。データを非同期で書き込む方法は、「テキスト データの書き込み」を参照してください。

デバイスに書き込まれる値の総数を返すには、ValuesSent プロパティを使用します。

    メモ:    出力バッファーに入る量よりも多くのデータを書き込もうとした場合は、エラーが返され、BytesToOutput0 です。OutputBufferSize プロパティを使用して、出力バッファーのサイズを指定します。

特性

読み取り専用

常時

データ型

double

既定値は 0 です。

参考

関数

fopen

プロパティ

OutputBufferSize, TransferStatus, ValuesSent

この情報は役に立ちましたか?