ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

別の MATLAB インストールでの検索パスの使用

製品の既定のフォルダーが変わるので、既定の検索パスは MATLAB® のバージョンごとに変わります。バージョンが異なる MATLAB が同じ pathdef.m ファイルを使用することはできません。

MATLAB の新しいバージョンまたは複数のバージョンでファイルを使用するには、以下のいずれかを行います。

  • 各バージョンで、ユーザー ファイルを含むフォルダーを検索パスに追加する。その MATLAB バージョンがアクセスできるように、検索パスを保存 (つまり、pathdef.m ファイルを保存) する。

  • addpath ステートメントを startup.m ファイルに含める。同じ startup.m ファイルを複数のバージョンの MATLAB で使用します。

addpath ステートメントを startup.m ファイルに含めると、別のプラットフォーム上の MATLAB でファイルを使用できるようになります。

参考

詳細

この情報は役に立ちましたか?