ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Windows プラットフォーム上の起動フォルダー

Windows® プラットフォームの起動フォルダーは、指定した起動オプションと MATLAB® の起動方法により異なります。

起動方法起動フォルダー

Windows デスクトップの MATLAB ショートカットをダブルクリックする

起動フォルダーは userpath の値に設定され、その既定値は Documents\MATLAB です。userpath フォルダーは自動的に検索パスに追加されます。MATLAB の [プロパティ] ダイアログ ボックスの [作業フォルダー] フィールドでパスを指定している場合、そのパスが起動フォルダーになりますが userpath は検索パスに追加されます。MATLAB の起動時に有効な userpath の値が見つからず、かつ [作業フォルダー] フィールドが空の場合、起動フォルダーは C:\Windows\System32 になります。

MATLAB に関連付けられたファイル タイプをダブルクリックする

ファイルが存在するフォルダーが起動フォルダーになります。userpath フォルダーは自動的に検索パスに追加されます。
DOS ウィンドウmatlab コマンドを実行したフォルダーが起動フォルダーになります。userpath フォルダーは自動的に検索パスに追加されます。

参考

関連する例

この情報は役に立ちましたか?