ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

ロケールの設定

Windows プラットフォームのロケール設定

MATLAB® は Windows® プラットフォーム上でシステム ロケールとユーザー ロケールを使用します。

Windows 7 プラットフォームのユーザー ロケール設定

  1. [スタート][コントロール パネル][時計、言語、および地域][地域と言語] を選択します。

  2. [形式] タブを開きます。

  3. [形式(F):] ドロップダウン リストから目的のロケールを選択します。

    メモ:   Microsoft® Windows プラットフォーム上のユーザー ロケールとシステム ロケールの値は同じでなければなりません。

Windows 7 プラットフォームのシステム ロケール設定

  1. [スタート][コントロール パネル][時計、言語、および地域][地域と言語] を選択します。

  2. [管理] タブを開きます。

  3. [Unicode 対応でないプログラムの言語] セクションを確認します。

  4. [システム ロケールの変更...] ボタンをクリックします。

  5. [現在のシステム ロケール:] から目的のロケールを選択します。ドロップダウン リスト

  6. システムを再起動します。

    メモ:   システム ロケールを変更する場合、システムを再起動する必要があります。そうしないと、予期しないロケール設定の動作が見られることがあります。

Windows Vista プラットフォームのユーザー ロケール設定

  1. [スタート][コントロール パネル][地域と言語] を選択します。

  2. [形式] タブを開きます。

  3. ドロップダウン リストから項目を選択します。

    メモ:   Microsoft Windows プラットフォーム上のユーザー ロケールとシステム ロケールの値は同じでなければなりません。

Windows Vista プラットフォームのシステム ロケール設定

  1. [スタート][コントロール パネル][地域と言語] を選択します。

  2. [管理] タブを開きます。

  3. [システム ロケールの変更...] ボタンをクリックします。

  4. ドロップダウン リストから項目を選択します。

  5. システムを再起動します。

    メモ:   システム ロケールを変更する場合、システムを再起動する必要があります。そうしないと、予期しないロケール設定の動作が見られることがあります。

Windows XP プラットフォームのユーザー ロケール設定

  1. [スタート][コントロール パネル][地域と言語] を選択します。

  2. [地域のオプション] タブを開きます。

  3. ドロップダウン リストから項目を選択します。

    メモ:   Microsoft Windows プラットフォーム上のユーザー ロケールとシステム ロケールの値は同じでなければなりません。

Windows XP プラットフォームのシステム ロケール設定

  1. [スタート][コントロール パネル][地域と言語] を選択します。

  2. [詳細設定] タブを開きます。

  3. ドロップダウン リストから項目を選択します。

  4. システムを再起動します。

    メモ:   システム ロケールを変更する場合、システムを再起動する必要があります。そうしないと、予期しないロケール設定の動作が見られることがあります。

Linux プラットフォームのロケール設定

Linux® プラットフォームは、6 つの "ロケール カテゴリ" でロケール設定を管理します。C の標準ライブラリ関数を使用した同じカテゴリがあります。

以下のロケール カテゴリを使用できます。

  • LC_CTYPE は、文字データの取り扱いを制御します。

  • LC_COLLATE は、文字照合と並べ替えの動作を制御します。

  • LC_TIME は、日付/時刻データの書式と解釈を制御します。

  • LC_NUMERIC は、数値データの書式と解釈を制御します。

  • LC_MONETARY は、通貨データの書式と解釈を制御します。

  • LC_MESSAGES は、ユーザーの UI 言語を制御します。

ユーザー ロケールとユーザー UI 言語の設定

環境変数 LANG を使用して、すべてのロケール カテゴリに 1 つのロケールを指定します。この変数に指定されたロケールは、他の環境変数によって一部分または全体が上書きされる可能性があります。

環境変数 LC_CTYPELC_COLLATELC_TIMELC_NUMERICLC_MONETARY を使用して、特定のカテゴリのロケールを指定します。

環境変数 LC_ALL を使用して、他の環境変数で指定されたすべてのロケールを上書きします。1 つのロケールがすべてのロケール カテゴリに設定される必要がある場合、LC_ALL の代わりに LANG を使用します。

アジア言語の文字を表示するためのフォント設定

一部の Linux システムの MATLAB デスクトップにアジア言語の文字を正しく表示するには、Java® Runtime Environment (JRE™) でフォントを設定しなければなりません。システムに既にフォントを設定している場合、MATLAB と一緒に配布されている JRE の構成も変更しなければなりません。

設定を行うには、フォントと MATLAB フォントのフォールバック ディレクトリの間にシンボリック リンクを作成します。たとえば、Kochi フォントを使用する場合、Linux コマンド プロンプトで以下を入力します。

mkdir matlabroot/sys/java/jre/glnxa64/jre/lib/fonts/fallback 
ln -s /usr/share/fonts/truetype/ttf-japanese-gothic.ttf 
matlabroot/sys/java/jre/glnxa64/jre/lib/fonts/fallback

matlabroot は MATLAB をインストールしたフォルダーです。

または、fontconfig.properties ファイルを編集します。このファイルの詳細は、お手元の Java ドキュメンテーションを参照してください。

Macintosh プラットフォームのロケール設定

Macintosh OS X プラットフォームは、ユーザー ロケール設定とユーザー UI 言語設定を管理します。

ユーザー ロケール設定

  1. [システム環境設定][言語とテキスト] を選択します。

  2. [形式] タブを開きます。

  3. [地域] のポップアップ メニューから項目を選択します。

UI 言語の設定

  1. [システム環境設定][言語とテキスト] を選択します。

  2. [言語] タブを開きます。

  3. [言語] 一覧の先頭に項目をドラッグします。

この情報は役に立ちましたか?