ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ワークスペース変数の保存、読み込み、削除

ワークスペースは複数の MATLAB® セッション間で、その値が保持されることはありません。MATLAB を終了すると、ワークスペースは消去されます。ただし、現在のワークスペースにある任意またはすべての変数を MAT ファイル (.mat) に保存できます。ワークスペース変数を再利用する場合、現在の MATLAB セッション中または別のセッション中に MAT ファイルを後で読み込むことができます。

次の表では、ワークスペース変数の保存、読み込み、削除の方法を説明します。

アクションデスクトップ ワークフロープログラムのワークフロー

すべてのワークスペース変数を保存する

[ホーム] タブの [変数] セクションで、[ワークスペースの保存] をクリックします。

関数 save を使用します。たとえば、現在のすべてのワークスペース変数をファイル june10.mat に保存するには、以下のように指定します。

save('june10')

選択した変数を保存する

次のいずれかを行います。

  • ワークスペース ブラウザーで変数を選択し、右クリックして [名前を付けて保存] を選択します。

  • 変数をワークスペース ブラウザーから現在のフォルダー ブラウザーにドラッグします。

関数 save を使用します。たとえば、変数 AB のみをファイル june10.mat に保存するには、以下のように指定します。

save('june10','A','B')

変数の一部を保存する

(なし)

関数 matfile を使用します。例については、「変数部の MAT ファイルへの保存」を参照してください。

MAT ファイルを読み込む

現在のフォルダー ブラウザーで MAT ファイルを選択して右クリックし、[読み込み] を選択します。

関数 load を使用します。たとえば、ファイル durer.mat からすべての変数を読み込むには、以下のように指定します。

load('durer')

選択した変数を読み込む

次のいずれかを行います。

  • [ホーム] タブの [変数] セクションで、[データのインポート] をクリックします。

    読み込む MAT ファイルを選択し、[開く] をクリックします。

  • 現在のフォルダー ブラウザーで、変数を含んだ MAT ファイルを選択します。現在のフォルダー ブラウザーの詳細パネルからワークスペース ブラウザーに変数をドラッグします。

関数 load を使用します。たとえば、変数 Xmap をファイル durer.mat から読み込むには、以下のように指定します。

load('durer','X','map')

変数の一部を読み込む

(なし)

関数 matfile を使用します。例については、「MAT ファイルの変数部分の読み込み」を参照してください。

ワークスペースのすべての変数を削除する

[ホーム] タブの [変数] セクションで、[ワークスペースのクリア] をクリックします。

関数 clear を使用します。

clear

選択した変数を削除する

ワークスペース ブラウザーで変数を選択し、右クリックして [削除] を選択します。

次のいずれかを行います。

  • 関数 clear を使用して、指定した変数を削除します。たとえば、変数 A および B を消去するには、以下を指定します。

    clear A B
  • 関数 clearvars-except オプションを付けて使用すると、指定した変数を保存し、他のすべての変数を削除することができます。

    clearvars -except A

    注意:   MATLAB ワークスペースにデータを読み込むと、新たに作成する変数により、ワークスペースにある同名の既存の変数はすべて上書きされます。

関連する例

この情報は役に立ちましたか?