ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB がアクセスできるファイルやフォルダー

MATLAB がアクセスできるファイル

MATLAB® は現在のフォルダーまたは検索パス上にあるファイルにアクセスできます。MATLAB がファイルにアクセスできるようにするには、次のいずれかを行います。

  • 現在のフォルダーをファイルが含まれているフォルダーに変更します。

  • ファイルを含んでいるフォルダーを検索パスに追加します。検索パスに加えた変更は、現在の MATLAB セッションに適用されます。変更後の検索パスを今後の MATLAB セッションで再利用するには、変更を保存します。

  • 個々のファイルは、検索パス上の userpath MATLAB フォルダーに格納します。このフォルダーの場所は、関数 userpath を実行するとわかります。

検索パスに追加すべきファイルやフォルダー

MATLAB 検索パスには、以下を含める必要があります。

  • 実行するファイルが入っているフォルダー。

  • 実行するファイルによって呼び出されるファイルが入っているフォルダー

  • 実行するファイルが入っているサブフォルダー。フォルダーをアクセス可能にしても、そのサブフォルダーはアクセス可能になりません。

@ (クラス) および + (パッケージ) フォルダー内のファイルの場合は、親フォルダーをアクセス可能にします。詳細については、「クラスのフォルダーへの整理」を参照してください。

ファイルが複数のフォルダー内にある他のファイルを呼び出す場合、依存関係レポートを作成して、呼び出されるすべてのファイルの場所を特定します。「フォルダー内での依存関係」を参照してください。

複数のファイルが同一名の場合

MATLAB が同じ名前をもつ複数のファイルにアクセスする場合や、ベース ワークスペース内の変数または MathWorks® 製品の組み込み関数とファイルが同じ名前をもつ場合に名前の競合が発生します。

名前の競合がある場合、MATLAB は以下の優先順位ルールに従います。

MATLAB が使用しないファイルは “シャドー” ファイルと呼ばれます。場合によっては、優先順位の低いもう 1 つのファイルが存在することを MATLAB が警告します。

参考

詳細

この情報は役に立ちましたか?