ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コマンド ウィンドウでのステートメントの入力

MATLAB® で作業をするとき、コマンド ウィンドウに個々のステートメントを入力できます。たとえば、次のステートメントをコマンド ラインに入力して a という名前の変数を作成します。

a = 1

MATLAB によって変数 a がワークスペースにすぐに追加され、コマンド ウィンドウに結果が表示されます。

a =

     1

出力変数が設定されていなければ、MATLAB は変数 ans (answer の省略形) を使って計算結果を保存します。

sin(a)
ans =

    0.8415

ans の値は、変数に代入されていない出力値を返すコマンドごとに変化します。

ステートメントの最後にセミコロンを付けると、MATLAB は計算を実行しますが、コマンド ウィンドウへの出力表示は行いません。

b = 2;

複数行にわたって複数のステートメントを入力してからステートメントを実行するには、ステートメント間で Shift + Enter を使用します。このアクションは、forend などのように、複数行で一組になったキーワード ステートメントを入力するときには必要ありません。

ステートメントを区切って、複数のステートメントを同じ行に入力することもできます。コマンドを区切るために、各コマンドの終わりにコンマまたはセミコロンを付けます。コンマで終わるコマンドでは結果が表示されますが、セミコロンで終わるコマンドでは結果が表示されません。たとえば、次の 3 つのステートメントをコマンド ラインに入力します。

A = magic(5),  B = ones(5) * 4.7;  C = A./B
A =
    17    24     1     8    15
    23     5     7    14    16
     4     6    13    20    22
    10    12    19    21     3
    11    18    25     2     9

C =
    3.6170    5.1064    0.2128    1.7021    3.1915
    4.8936    1.0638    1.4894    2.9787    3.4043
    0.8511    1.2766    2.7660    4.2553    4.6809
    2.1277    2.5532    4.0426    4.4681    0.6383
    2.3404    3.8298    5.3191    0.4255    1.9149

MATLAB は、コマンド ウィンドウに AC の値のみを表示します。

前に使用したコマンドをコマンド ウィンドウに再度呼び出すには、上方向キー (↑) または下方向キー (↓) を押します。空のコマンド ライン上またはコマンドの最初の数文字の入力後に方向キーを押します。たとえば、コマンド b = 2 を呼び出すには、b と入力してから上方向キーを押します。

コマンド ウィンドウでコマンドを実行せずにクリアするには、Esc キーを押します。

コマンド ウィンドウでは、既に入力されているステートメントを実行できます。ステートメントを選択し、右クリックして [選択を実行] を選択します。

コマンド ウィンドウで、現在コマンド プロンプトにあるコードの一部分のみを実行することもできます。入力されたコードの一部を実行するには、コードを選択して Enter キーを押します。

たとえば、次のコードの一部を選択します。

hello
この情報は役に立ちましたか?