ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コマンドを再実行するためのショートカットの作成

この例では、MATLAB® ショートカットを作成、実行、編集、整理する方法について説明します。MATLAB ショートカットは、よく使用する MATLAB のステートメントを簡単に実行することができます。たとえば、ショートカットを使って作業の開始時に環境を設定したり、自作の図に同じプロパティを設定したりできます。

  1. [ホーム] タブで [新規作成] をクリックし、[ショートカット コマンド] を選択します。

    [ショートカット] タブが現在デスクトップにある場合、[管理] セクションの [新規ショートカット] をクリックして設定することもできます。

  2. [ショートカット エディター] ダイアログ ボックスに必要な情報を入力します。

    1. [ラベル] フィールドに、ショートカットの名前を入力します。

      この例では、my_Shortcut を入力します。

    2. [コールバック] フィールドに、ショートカットを実行するステートメントを入力します。

      また、ステートメントをコマンド ウィンドウやコマンド履歴ウィンドウ、ファイルからドラッグ アンド ドロップすることもできます。

      この例では、次のステートメントを入力します。

      format compact
      clear
      workspace
      filebrowser
      clc
      

        ヒント:   コマンド ウィンドウでプロンプト (>>) が表示されていても、ショートカットを保存するときに MATLAB により [コールバック] フィールドから自動的に削除されます。

    3. [カテゴリ] フィールドに新しいカテゴリ名を入力するか、ドロップダウン リストから既存のカテゴリを選択します。このフィールドを空白にしておくと、ショートカットはツール バーの [一般] セクションに表示されます。

    4. [アイコン] フィールドでアイコンを選択します。

    5. [保存] をクリックします。

    ショートカットのアイコンとラベルがツール バーに表示されます。ツール バーに多数のショートカットが存在し、デスクトップで同時に表示できない場合は、ドロップダウン リストを使ってすべてのショートカットにアクセスします。

    ショートカットを整理、編集するには、[ショートカット] タブの [管理] セクションで [ショートカットの整理] をクリックして [ショートカット オーガナイザー] ダイアログ ボックスを開きます。

  3. [ショートカット] タブでアイコンをクリックしてショートカットを実行します。

    ショートカットの [コールバック] フィールド内にあるすべてのステートメントが、まるでコマンド ウィンドウから実行されたかのように実行されますが、コマンド履歴ウィンドウには表示されません。

この情報は役に立ちましたか?