ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

起動フォルダーの変更

既定のフォルダー以外のフォルダーから MATLAB® を起動することができます。

関数 userpath を使用した起動フォルダーの変更

関数 userpath を使用して、起動フォルダーを変更し、起動時に検索パスへその起動フォルダーを追加します。詳細は、userpath のリファレンス ページと「MATLAB 起動フォルダー」を参照してください。

ショートカットを使用した起動フォルダーの変更 — Windows プラットフォームのみ

Windows® プラットフォームでショートカットを使用して起動フォルダーを変更するには以下のようにします。

  1. MATLAB のショートカット アイコンを右クリックし、コンテキスト メニューから [プロパティ] を選択します。

    MATLAB のプロパティ ダイアログ ボックスの [ショートカット] ペインが開きます。

  2. [リンク先] フィールドには、MATLAB を起動する絶対パスが入力されています。

    既定では、起動フォルダーは Documents\MATLAB です。詳細は、「Windows プラットフォーム上の起動フォルダー」を参照してください。

    [作業フォルダー] フィールドで、MATLAB を起動するフォルダーの絶対パスを指定し、[OK] をクリックします。

次回ショートカットアイコンを使って MATLAB を起動すると、手順 2 で指定したフォルダーが現在のフォルダーに設定されます。

MATLAB を起動する複数のショートカットを作成し、それぞれに別々の起動フォルダーを設定し、各フォルダーに別々の起動オプションを設定する、というような操作も行うことができます。

startup.m ファイルを使用した起動フォルダーの変更

startup.m ファイルを使用して、他の起動オプションと共に起動フォルダーを指定できます。詳細は、「MATLAB 起動ファイルでの起動オプションの指定」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?