ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB における乱数

ソフトウェアを使用して作成する乱数は、厳密な数学的意味では乱数ではありません。しかし、MATLAB® のようなソフトウェア アプリケーションでは、結果がランダムで独立しているように見えるアルゴリズムを使用しています。また、その結果はランダム性と独立性に関する各種の統計テストに合格しています。これらの見かけ上ランダムで独立した数値は多くの場合、"擬似ランダム" および "疑似独立" として記述されます。これらは、真にランダムで独立した数値と同様に使用できます。疑似ランダムで疑似独立の数値を使用する 1 つの利点は、いつでも乱数計算を繰り返せることです。これは、テストや診断を行う状況で役立ちます。

繰り返し実行できることは便利ですが、別の結果が必要なときに同じ結果が偶然繰り返される可能性があります。この問題を回避する方法がいくつかあります。このドキュメンテーションには、必要なときに異なる結果を確実に得る方法の例がいくつか記載されています。

    メモ:   MATLAB のドキュメンテーションで乱数への言及がある場合、特に指定のない限りは疑似乱数を表します。

関連する例

この情報は役に立ちましたか?