ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テキスト ファイルのインポート

テキスト ファイルは対話モードでもプログラムによる方法でも MATLAB® にインポートすることができます。

データを対話モードでインポートするには、インポート ツールを使用します。コードを生成することで複数の類似ファイルに対して処理を繰り返すことができます。インポート ツールでは、拡張子 .txt.dat.csv.asc.tab.dlm をもつようなテキスト ファイルがサポートされています。これらのテキスト ファイルは矩形の配列でなくてもよく、また、行および列のヘッダーをもつことができます。これらのファイルでは、数値と非数値を組み合わせたテキスト データが利用でき、1 つまたは複数の文字で区切ることもできます。

プログラムを使用してデータをテキスト ファイルからインポートするには、インポート関数を使用します。ほとんどのテキスト ファイルのインポート関数では、ファイルのすべてのデータ フィールドが数値で、各データ行の列数が同じでなければなりません。次の図のように、インポート関数によってはヘッダー テキストをサポートしたり、インポートするデータの範囲を指定できる場合もあります。

次の表は、テキスト ファイル インポート オプションの主なものを比較しています。

インポート オプション

数値以外のデータのサポート

範囲選択のサポート

詳細情報の参照先

インポート ツール

あり

あり

インポート ツールを使用したテキスト ファイル データの選択

load

なし

なし

関数 load のリファレンス ページ

dlmread

なし

あり

関数 dlmread のリファレンス ページ

importdata

ヘッダーのみ

なし

テキスト ファイルから数値データとヘッダー テキストをインポート

textscan

あり

あり

テキスト ファイルからテキストと数値が混在するデータをインポート.

readtable

あり

あり

「テーブルの作成」

さらに複雑な形式のファイルのインポートの詳細は、「低水準 I/O によるテキスト データ ファイルのインポート」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?