ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

一時ファイルの作成

関数 tempdir および tempname は、システムで一時データを見つけるのに役立ちます。

関数

目的

tempdir

一時フォルダーの名前を取得。

tempname

一時ファイル名を取得。

これらの関数を使用して一時ファイルを作成します。システムによっては、再起動のたびに一時ファイルが削除されます。他のシステムでは、一時ファイルとして指定するとそのファイルがバックアップされないことのみが異なる場合もあります。

関数 tempdir では、システムにおいて一時ファイルを格納するように指定されているフォルダーの名前が返されます。たとえば、Open Group UNIX® システムで tempdir を実行すると /tmp フォルダーが返されます。

MATLAB® には、一時フォルダー内のファイル名を返す関数 tempname も用意されています。返されるファイル名は、一時データの保管先に適しています。たとえば、何らかのデータを一時ファイルに保存する必要がある場合は、まず次のコマンドを実行します。

fid = fopen(tempname, 'w');

    メモ:   関数 tempname が生成するファイル名が固有であると保証されているわけではありませんが、固有である場合がほとんどです。

この情報は役に立ちましたか?