ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 関数

  • カテゴリ別: | アルファベット順
  • 言語の基礎

    コマンドの入力

    ans 最新値
    clc コマンド ウィンドウのクリア
    diary コマンド ウィンドウ テキストをファイルに保存する
    format 出力用の表示形式の設定
    home カーソルをホームへ移動
    iskeyword 入力が MATLAB キーワードかどうかを判別
    more コマンド ウィンドウに一度に出力する行数の制御
    commandhistory コマンド履歴ウィンドウを開くか、既に開いていれば選択
    commandwindow コマンド ウィンドウを開くか、既に開いていれば選択

    行列と配列

    配列の作成と連結

    accumarray 累算による配列作成
    blkdiag 入力引数からブロック対角行列を作成
    diag 対角行列の作成と行列の対角要素を抽出
    eye 単位行列
    false 論理 0 (false)
    freqspace 周波数応答のための周波数データ列の作成
    linspace 線形に等間隔なベクトルを作成
    logspace 対数的に等間隔なベクトルを作成
    meshgrid 2 次元および 3 次元の空間の四角形グリッド
    ndgrid N 次元空間での四角形のグリッド
    ones すべての要素が 1 の配列の作成
    rand 一様分布の疑似乱数
    true 論理値 1 (true)
    zeros すべての要素が 0 の配列の作成
    cat 指定された次元において配列を連結
    horzcat 配列を水平に連結
    vertcat 配列の垂直方向の連結

    インデックス

    colon ベクトル、配列の添字、および for ループの反復を作成します。
    end コードのブロックを終了、または最後の配列インデックスを示す
    ind2sub 線形インデックスから添字を抽出
    sub2ind 添字から線形インデックスへの変換

    配列の次元

    length ベクトルの長さまたは最大の配列次元
    ndims 配列の次元数
    numel 配列の要素数
    size 配列の次元
    height テーブル行の数
    width テーブル変数の数
    iscolumn 入力が列ベクトルかどうかを判別
    isempty 配列が空かどうかを判別
    ismatrix 入力が行列かどうかを判定
    isrow 入力が行ベクトルかどうかを判別
    isscalar 入力がスカラーかどうかを判別
    isvector 入力がベクトルかどうかを判別

    配列の並べ替えと変形

    blkdiag 入力引数からブロック対角行列を作成
    circshift 配列を循環シフト
    ctranspose 複素共役転置
    diag 対角行列の作成と行列の対角要素を抽出
    flip 要素の順序の反転
    flipdim 指定した次元に沿った配列の反転
    fliplr 行列の左右の反転
    flipud 行列の上下の反転
    ipermute N 次元配列の次元の再配列を逆操作
    permute 多次元配列の次元の再配列
    repmat 配列の複製
    reshape 配列の次元の変更
    rot90 行列を 90°回転
    shiftdim 次元のシフト
    issorted 集合要素が並べ替えされているかどうかを判別
    sort 配列要素を昇順または降順に並べ替え
    sortrows 行の昇順の並べ替え
    squeeze 大きさが 1 の次元の削除
    transpose 転置
    vectorize ベクトル化の表現

    演算子と基本的な演算

    算術演算

    plus 加算
    uplus 単項プラス
    minus 減算
    uminus 単項マイナス
    times 要素単位の乗算
    rdivide 配列の右除算
    ldivide 配列の左除算
    power 要素単位のべき乗
    mtimes 行列乗算
    mrdivide x に対する線形方程式 xA = B の求解
    mldivide x に対する線形方程式 Ax = B の求解
    mpower 行列のべき乗
    cumprod 累積積
    cumsum 累積和
    diff 差分と近似導関数
    prod 配列要素の積
    sum 配列要素の和
    ceil 正の無限大方向に丸める
    fix ゼロ方向への丸め
    floor 負の無限大方向の丸め
    idivide 丸めオプションを使用した整数の除算
    mod 除算後のモジュラス
    rem 除算後の剰余
    round 最も近い整数への丸め

    関係演算

    Relational Operators 関係演算
    eq 等価性の判定
    ge 以上かどうかの判別
    gt より大きいかどうかの判別
    le 以下かどうかの判別
    lt 未満かどうかの判別
    ne 不等価の判定
    isequal 配列の等価性を判別
    isequaln NaN の値を等しいものとして配列の等価性を判別

    論理演算

    Logical Operators: Elementwise 配列の要素単位の論理演算
    Logical Operators: Short-circuit 論理演算、ショートサーキット機能を使用
    and 配列またはスカラー入力の論理 AND を検出
    not 配列またはスカラー入力の論理 NOT の検索
    or 配列またはスカラー入力の論理 OR の検索
    xor 排他的論理和
    all すべての配列要素が非ゼロか true かを判定
    any 任意の配列要素が非ゼロかどうかを判断
    false 論理 0 (false)
    find 非ゼロ要素のインデックスと値を見つける
    islogical 入力が論理配列かどうかを判別
    logical 数値を論理値に変換
    true 論理値 1 (true)

    集合演算

    intersect 2 つの配列の積集合
    ismember 集合配列のメンバーである配列要素
    issorted 集合要素が並べ替えされているかどうかを判別
    setdiff 2 つの配列の差集合
    setxor 2 つの配列の排他的論理和のセット
    union 2 つの配列の和集合
    unique 配列の一意の値
    join キー変数を使って行を一致させることによる、2 つのテーブルのマージ
    innerjoin 2 つのテーブル間の内部連結
    outerjoin 2 つのテーブル間の外部連結

    ビット単位の演算

    bitand ビット単位の AND
    bitcmp ビット単位の補数
    bitget 指定位置ビットの取得
    bitor ビット単位の OR
    bitset 特定の位置のビットを設定する
    bitshift 指定したビット数のシフト
    bitxor ビット単位の XOR
    swapbytes バイト順の交換

    特殊文字

    Special Characters 特殊文字
    colon ベクトル、配列の添字、および for ループの反復を作成します。

    データ型

    数値型

    double 倍精度への変換
    single 単精度への変換
    int8 8 ビット符号付き整数の変換
    int16 16 ビット符号付き整数の変換
    int32 32 ビット符号付き整数の変換
    int64 64 ビット符号付き整数の変換
    uint8 8 ビット符号なし整数への変換
    uint16 16 ビット符号なし整数への変換
    uint32 32 ビット符号なし整数への変換
    uint64 64 ビット符号なし整数への変換
    cast 変数を別のデータ型にキャスト
    typecast 元データを変更せずにデータ型を変換
    isinteger 入力が整数配列かどうかを判別
    isfloat 入力が浮動小数点配列かどうかを判別
    isnumeric 入力が数値配列かどうかを判別
    isreal 入力が実数配列かどうかをチェック
    isfinite 有限値の配列要素
    isinf 無限値の配列要素
    isnan NaN の配列要素
    eps 浮動小数点相対精度
    flintmax 浮動小数点形式の最大連続整数
    Inf 無限大
    intmax 指定された整数タイプの最大値
    intmin 指定された整数タイプの最小値
    NaN 不定値
    realmax 正の最大浮動小数点数
    realmin 正の最小正規化浮動小数点数

    文字と文字列

    文字列の作成と連結
    blanks 空白文字列の作成
    cellstr 文字配列から文字列のセル配列を作成
    char 文字配列 (文字列) に変換
    iscellstr 入力が文字列のセル配列かどうかを判別
    ischar 項目が文字配列かどうかを判別
    sprintf データの文字列への書式設定
    strcat 文字列の水平方向の結合
    strjoin セル配列内の文字列を単一文字列に結合
    文字列の解析
    ischar 項目が文字配列かどうかを判別
    isletter アルファベット文字である配列要素
    isspace 空白文字である配列要素
    isstrprop 文字列が指定されたカテゴリに属するかどうかを判別
    sscanf 書式付きデータの文字列からの読み込み
    strfind 文字列内の文字の検出
    strrep 部分文字列の検索と置換
    strsplit 指定した区切り記号で文字列を分割
    strtok 文字列の一部の選択
    validatestring テキスト文字列の有効性をチェック
    symvar 数式内のシンボリック変数の決定
    regexp 正規表現 (大文字小文字を区別する) の一致
    regexpi 正規表現 (大文字小文字を区別しない) の一致
    regexprep 正規表現により文字列を置換
    regexptranslate 正規表現へ文字列を変換
    文字列の比較
    strcmp 大文字と小文字を区別した文字列の比較
    strcmpi 文字列を比較する (大文字と小文字を区別しない)
    strncmp 文字列のはじめの n 文字の比較 (大文字と小文字を区別する)
    strncmpi 文字列のはじめの n 文字の比較 (大文字と小文字を区別しない)
    文字列の大文字小文字、空白、位置揃えの変更
    blanks 空白文字列の作成
    deblank 文字列の後尾から空白を除去
    strtrim 文字列の前後にある空白文字の削除
    lower 文字列を小文字に変換
    upper 文字列を大文字に変換
    strjust 文字配列の位置の調整

    カテゴリカル配列

    categorical カテゴリカル配列の作成
    iscategorical 入力がカテゴリカル配列かどうかを判別
    categories カテゴリカル配列のカテゴリ
    iscategory カテゴリカル配列カテゴリのテスト
    isordinal 入力が順序カテゴリカル配列かどうかを判別
    isprotected カテゴリカル配列のカテゴリが保護されているかどうかを判別
    addcats カテゴリカル配列へのカテゴリの追加
    mergecats カテゴリカル配列のカテゴリのマージ
    removecats カテゴリカル配列からのカテゴリの削除
    renamecats カテゴリカル配列のカテゴリ名の変更
    reordercats カテゴリカル配列でのカテゴリの順序の変更
    summary テーブルまたはカテゴリカル配列の概要の表示
    countcats カテゴリカル配列要素の出現回数をカテゴリ別にカウント
    isundefined カテゴリカル配列の未定義の要素を検索

    テーブル

    table ワークスペース変数からのテーブルの作成
    array2table 同種配列のテーブルへの変換
    cell2table セル配列のテーブルへの変換
    struct2table 構造体配列のテーブルへの変換
    table2array テーブルの同種配列への変換
    table2cell テーブルのセル配列への変換
    table2struct テーブルの構造体配列への変換
    readtable ファイルからのテーブルの作成
    writetable ファイルへのテーブルの書き込み
    istable 入力がテーブルかどうかを判別
    height テーブル行の数
    width テーブル変数の数
    summary テーブルまたはカテゴリカル配列の概要の表示
    intersect 2 つの配列の積集合
    ismember 集合配列のメンバーである配列要素
    setdiff 2 つの配列の差集合
    setxor 2 つの配列の排他的論理和のセット
    unique 配列の一意の値
    union 2 つの配列の和集合
    join キー変数を使って行を一致させることによる、2 つのテーブルのマージ
    innerjoin 2 つのテーブル間の内部連結
    outerjoin 2 つのテーブル間の外部連結
    sortrows 行の昇順の並べ替え
    stack 複数変数のデータを単一変数にスタック
    unstack 単一変数からデータを取り出して複数変数に入れる
    ismissing 欠損値が含まれるテーブル要素を検索
    standardizeMissing 欠損値インジケーターのテーブルへの挿入
    varfun テーブル変数への関数の適用
    rowfun テーブル行への関数の適用

    構造体

    struct 構造体配列の作成
    fieldnames 構造体のフィールド名、またはオブジェクトのパブリック フィールド
    getfield 構造体配列のフィールド内容の取得
    isfield 入力が構造体配列フィールドかどうかを判別
    isstruct 入力が構造体配列かどうかを判別
    orderfields 構造体配列のフィールドの並べ替え
    rmfield 構造体フィールドの削除
    setfield 構造体配列フィールドへの値の割り当て
    arrayfun 配列内の個々の要素に関数を適用
    structfun スカラー構造体の各フィールドに関数を適用
    cell2struct セル配列を構造体配列に変換
    struct2cell 構造体をセル配列に変換

    セル配列

    cell セル配列を作成
    cell2mat セル配列を数値配列に変換
    cell2struct セル配列を構造体配列に変換
    celldisp セル配列の内容を表示
    cellfun セル配列の各セルに関数を適用
    cellplot セル配列の構造をグラフィック表示
    cellstr 文字配列から文字列のセル配列を作成
    iscell 入力がセル配列かどうかを判別
    iscellstr 入力が文字列のセル配列かどうかを判別
    mat2cell セルのサイズが異なる可能性があるセル配列に配列を変換
    num2cell 一定サイズのセルをもつセル配列への変換
    strjoin セル配列内の文字列を単一文字列に結合
    strsplit 指定した区切り記号で文字列を分割
    struct2cell 構造体をセル配列に変換

    関数ハンドル

    function_handle (@) 関数の間接的な呼び出しに使用するハンドル
    feval 関数の計算
    func2str 関数ハンドルからの関数名文字列の作成
    str2func 関数名の文字列から関数ハンドルを作成
    localfunctions MATLAB ファイル内のすべてのローカル関数への関数ハンドル
    functions 関数ハンドルに関する情報

    Map コンテナー

    containers.Map 値を一意のキーに割り当てる
    isKey containers.Map オブジェクトにキーがあるかどうかを判別する
    keys containers.Map オブジェクトのキーの識別
    remove containers.Map オブジェクトからキーと値のペアを削除する
    values containers.Map オブジェクトの値を特定する

    時系列

    時系列の基礎
    append 時間次元内の時系列オブジェクトの連結
    get timeseries オブジェクト プロパティ値のクエリ
    getdatasamplesize timeseries オブジェクト内のデータ サンプルのサイズ
    getqualitydesc データ品質記述
    getsamples 添字インデックス配列を使用して時系列サンプルのサブセットを返す
    plot 時系列プロット
    set timeseries オブジェクトのプロパティの設定
    tsdata.event timeseries オブジェクトのイベント オブジェクトの作成
    timeseries timeseries オブジェクトの作成
    データの操作
    addsample データ サンプルを timeseries オブジェクトに追加
    ctranspose timeseries オブジェクトの転置
    delsample timeseries オブジェクトからサンプルを削除
    detrend timeseries オブジェクトから平均または最近似線およびすべての NaN の除去
    filter 時系列の振動数成分の成形
    getabstime 日付文字列時間ベクトルのセル配列への取り出し
    getinterpmethod timeseries オブジェクトの内挿法
    getsampleusingtime データ サンプルの新規 timeseries オブジェクトへの取り出し
    idealfilter 理想 (因果関係を満たさない) フィルターを timeseries オブジェクトへ適用
    resample 新規時間ベクトルを使用した timeseries データの選択または内挿
    setabstime timeseries オブジェクトの時間を日付文字列として設定
    setinterpmethod timeseries オブジェクトに既定の内挿法を設定
    synchronize 2 つの timeseries オブジェクトを共通の時間ベクトルを使用して同期およびリサンプリングする
    transpose timeseries オブジェクトの転置
    イベント データ
    addevent イベントを timeseries オブジェクトに追加
    delevent timeseries オブジェクトから tsdata.event オブジェクトを削除
    gettsafteratevent イベント時またはイベント後にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
    gettsafterevent イベント後にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
    gettsatevent イベント時にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
    gettsbeforeatevent イベント前またはイベント時にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
    gettsbeforeevent イベント前にサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
    gettsbetweenevents イベント間でサンプルが発生する新規 timeseries オブジェクト
    記述統計
    iqr timeseries データの四分位範囲
    max timeseries データの最大値
    mean timeseries データの平均値
    median timeseries データの中央値
    min timeseries データの最小値
    std timeseries データの標準偏差
    sum timeseries データの和
    var timeseries データの分散
    時系列コレクション
    get (tscollection) tscollection オブジェクト プロパティ値の参照
    isempty (tscollection) tscollection オブジェクトが空であるかどうかを判別
    length (tscollection) 時間ベクトルの長さ
    plot 時系列プロット
    set (tscollection) tscollection オブジェクトのプロパティの設定
    size (tscollection) tscollection オブジェクトのサイズ
    tscollection tscollection オブジェクトの作成
    addsampletocollection サンプルを Tscollection オブジェクトに追加
    addts Timeseries オブジェクトを Tscollection オブジェクトに追加
    delsamplefromcollection tscollection オブジェクトからサンプルを削除
    getabstime (tscollection) 日付文字列時間ベクトルをセル配列への取り出し
    getsampleusingtime (tscollection) データ サンプルの新規 tscollection オブジェクトへの取り出し
    gettimeseriesnames tscollection オブジェクト内の timeseries オブジェクトの名前のセル配列
    horzcat (tscollection) tscollection オブジェクトの水平方向の連結
    removets timeseries オブジェクトを tscollection オブジェクトから削除
    resample (tscollection) 新規時間ベクトルを使用した tscollection データの選択または内挿
    setabstime (tscollection) tscollection オブジェクトの時間を日付文字列として設定
    settimeseriesnames tscollection の timeseries オブジェクトの名前の変更
    vertcat (tscollection) tscollection オブジェクトの垂直方向の連結

    データ型の識別

    is* 状態を検出
    isa 入力が、指定されたクラスのオブジェクトであるかどうかを判別
    iscategorical 入力がカテゴリカル配列かどうかを判別
    iscell 入力がセル配列かどうかを判別
    iscellstr 入力が文字列のセル配列かどうかを判別
    ischar 項目が文字配列かどうかを判別
    isfield 入力が構造体配列フィールドかどうかを判別
    isfloat 入力が浮動小数点配列かどうかを判別
    ishghandle Handle Graphics オブジェクト ハンドルの場合は True
    isinteger 入力が整数配列かどうかを判別
    isjava 入力が Java オブジェクトかどうかを判別
    islogical 入力が論理配列かどうかを判別
    isnumeric 入力が数値配列かどうかを判別
    isobject 入力が MATLAB オブジェクトかどうかを判別
    isreal 入力が実数配列かどうかをチェック
    isscalar 入力がスカラーかどうかを判別
    isstr 入力が文字配列かどうかを判別
    isstruct 入力が構造体配列かどうかを判別
    istable 入力がテーブルかどうかを判別
    isvector 入力がベクトルかどうかを判別
    class オブジェクトのクラスを指定する
    validateattributes 配列の有効性をチェック
    whos ワークスペースの変数をサイズおよびタイプと共に一覧表示する

    データ型の変換

    char 文字配列 (文字列) に変換
    int2str 整数を文字列に変換
    mat2str 行列を文字列に変換
    num2str 数字を文字列に変換
    str2double 文字列を倍精度値に変換
    str2num 文字列を数字に変換
    native2unicode 数値バイトの Unicode 文字表現への変換
    unicode2native Unicode 文字表現の数値バイトへの変換
    base2dec N 進数を表す文字列を 10 進数に変換
    bin2dec 2 進数列を 10 進数に変換
    dec2base 10 進数を基底 N の文字列に変換
    dec2bin 10 進数整数を 2 進数文字列に変換
    dec2hex 10 進数整数を 16 進数文字列に変換
    hex2dec 16 進数文字列を 10 進数に変換
    hex2num 16 進数文字列を倍精度数値に変換
    num2hex single と double を IEEE 16 進数文字列に変換
    table2array テーブルの同種配列への変換
    table2cell テーブルのセル配列への変換
    table2struct テーブルの構造体配列への変換
    array2table 同種配列のテーブルへの変換
    cell2table セル配列のテーブルへの変換
    struct2table 構造体配列のテーブルへの変換
    cell2mat セル配列を数値配列に変換
    cell2struct セル配列を構造体配列に変換
    cellstr 文字配列から文字列のセル配列を作成
    mat2cell セルのサイズが異なる可能性があるセル配列に配列を変換
    num2cell 一定サイズのセルをもつセル配列への変換
    struct2cell 構造体をセル配列に変換

    日付と時刻

    datenum 日付と時刻をシリアル日付値に変換
    datevec 日付と時刻を成分のベクトルに変換
    datestr 日付と時刻を文字列書式に変換
    now シリアル日付値として表現された現在の日時
    clock 日付ベクトルとして表現された現在の日付
    date 現在の日付文字列
    calendar 指定した月のカレンダー
    eomday 月の最終日
    weekday 曜日
    addtodate フィールドごとに日付値を変更
    etime 日付ベクトル間の経過時間

    数学

    初等数学

    算術演算

    plus 加算
    uplus 単項プラス
    minus 減算
    uminus 単項マイナス
    times 要素単位の乗算
    rdivide 配列の右除算
    ldivide 配列の左除算
    power 要素単位のべき乗
    mtimes 行列乗算
    mrdivide x に対する線形方程式 xA = B の求解
    mldivide x に対する線形方程式 Ax = B の求解
    mpower 行列のべき乗
    cumprod 累積積
    cumsum 累積和
    diff 差分と近似導関数
    prod 配列要素の積
    sum 配列要素の和
    ceil 正の無限大方向に丸める
    fix ゼロ方向への丸め
    floor 負の無限大方向の丸め
    idivide 丸めオプションを使用した整数の除算
    mod 除算後のモジュラス
    rem 除算後の剰余
    round 最も近い整数への丸め

    三角法

    sin ラジアン単位の引数の正弦
    sind 度単位の引数の正弦
    asin ラジアン単位の逆正弦
    asind 度単位の逆正弦
    sinh ラジアン単位の引数の双曲線正弦
    asinh 逆双曲線正弦
    cos 引数の余弦 (単位: ラジアン)
    cosd 引数の余弦 (単位: 度)
    acos ラジアン単位の逆余弦
    acosd 度単位の逆余弦
    cosh 双曲線余弦
    acosh 逆双曲線余弦
    tan ラジアン単位の引数の正接
    tand 度単位の引数の正接
    atan ラジアン単位の逆正接
    atand 度単位の逆正接
    atan2 4 象限逆正接
    atan2d 度単位の 4 象限逆正接
    tanh 双曲線正接
    atanh 逆双曲線正接
    csc 引数の余割 (単位: ラジアン)
    cscd 引数の余割 (単位: 度)
    acsc ラジアン単位の逆余割
    acscd 度単位の逆余割
    csch 双曲線余割
    acsch 逆双曲線余割
    sec ラジアン単位の引数の正割
    secd 度単位の引数の正割
    asec ラジアン単位の逆正割
    asecd 度単位の逆正割
    sech 双曲線正割
    asech 逆双曲線正割
    cot 引数の余接 (単位: ラジアン)
    cotd 引数の余接 (単位: 度)
    acot ラジアン単位の逆余接
    acotd 度単位の逆余接
    coth 双曲線余接
    acoth 逆双曲線余接
    hypot 二乗和の平方根

    指数と対数

    exp 指数
    expm1 x の小さい値の exp(x)-1 を正確に計算
    log 自然対数
    log10 常用対数 (基底 10)
    log1p x の小さい値の log(1+x) を正確に計算
    log2 底を 2 とした対数で、浮動小数点を指数と仮数に分解
    nextpow2 指定値以上の最小の 2 のべき乗の指数
    nthroot 実数の n 乗根
    pow2 2 を基底とした指数関数、浮動小数点数のスケーリング
    reallog 非負の実数配列の常用対数
    realpow 実数出力のみに対応した配列のべき乗
    realsqrt 非負の実数配列の平方根
    sqrt 平方根

    複素数

    abs 絶対値と複素数の大きさ
    angle 位相角
    complex 実数部と虚数部要素から複素数データの作成
    conj 複素共役
    cplxpair 複素数を複素共役のペアに並べ替え
    i 虚数単位
    imag 複素数の虚数部
    isreal 入力が実数配列かどうかをチェック
    j 虚数単位
    real 複素数の実数部
    sign 符号関数
    unwrap 位相角を修正し、滑らかな位相プロットを生成

    離散数学

    factor 素因数
    factorial 入力の階乗
    gcd 最大公約数
    isprime 素数の配列要素を判別
    lcm 最小公倍数
    nchoosek 二項係数、または、すべての組み合わせ
    perms 可能なすべての置換
    primes 入力値以下の素数
    rat, rats 有理数近似

    多項式

    poly 設定した値を根とする多項式
    polyder 多項式の微分
    polyeig 多項式固有値問題
    polyfit 多項の式カーブ フィッテング
    polyint 解析的に多項式を積分
    polyval 多項式の計算
    polyvalm 行列をベースにした多項式の計算
    residue 部分分数展開と多項式係数間の変換
    roots 多項式の根

    特殊関数

    airy エアリー関数
    besselh 第 3 種ベッセル関数 (ハンケル関数)
    besseli 第 1 種変形ベッセル関数
    besselj 第 1 種ベッセル関数
    besselk 第 2 種変形ベッセル関数
    bessely 第 2 種ベッセル関数
    beta ベータ関数
    betainc 不完全ベータ関数
    betaincinv ベータ逆累積分布関数
    betaln ベータ関数の対数
    ellipj ヤコビ楕円関数
    ellipke 第 1 種と第 2 種の完全楕円積分
    erf 誤差関数
    erfc 相補誤差関数
    erfcinv 逆相補誤差関数
    erfcx スケーリング相補誤差関数
    erfinv 逆誤差関数
    expint 指数積分
    gamma ガンマ関数
    gammainc 不完全ガンマ関数
    gammaincinv 逆不完全関数
    gammaln 関数 gamma の対数
    legendre 随伴関数 Legendre
    psi Psi (ポリガンマ) 関数

    直交座標系の変換

    cart2pol 直交座標を極座標または円柱座標に変換
    cart2sph 直交座標を球面座標に変換
    pol2cart 極座標または円柱座標から直交座標への変換
    sph2cart 球面座標から直交座標への変換

    定数とテスト行列

    eps 浮動小数点相対精度
    flintmax 浮動小数点形式の最大連続整数
    i 虚数単位
    j 虚数単位
    Inf 無限大
    pi 円周と直径の比
    NaN 不定値
    isfinite 有限値の配列要素
    isinf 無限値の配列要素
    isnan NaN の配列要素
    compan コンパニオン行列
    gallery テスト行列
    hadamard アダマール行列
    hankel ハンケル行列
    hilb ヒルベルト行列
    invhilb ヒルベルト行列の逆行列
    magic 魔方陣
    pascal Pascal matrix
    rosser 古典的な対称固有値のテスト問題
    toeplitz テプリッツ行列
    vander ヴァンデルモンド行列
    wilkinson Wilkinson の固有値テスト行列

    線形代数

    行列演算

    cross ベクトルの外積
    dot ベクトルの内積
    kron Kronecker テンソル積
    surfnorm 3 次元表面の法線の計算と表示
    tril 行列の下三角部分
    triu 行列の上三角部分
    transpose 転置

    線形方程式

    cond 転置に関連する条件数
    condest 1 ノルム条件数の計算
    funm 一般的な行列関数の計算
    inv 逆行列
    linsolve 線形システム方程式の求解
    lscov 既知の共分散を使用した最小二乗解法
    lsqnonneg 非負の制約付き最小二乗問題の求解
    pinv Moore-Penrose の疑似逆行列
    rcond 行列の推定条件数の逆数
    mldivide x に対する線形方程式 Ax = B の求解
    mrdivide x に対する線形方程式 xA = B の求解

    行列の分解

    chol コレスキー分解
    ichol 不完全コレスキー分解
    cholupdate コレスキー分解のランク 1 の更新
    ilu スパース不完全 LU 分解
    lu 行列の LU 分解
    qr 直交三角分解
    qrdelete QR 分解から列または行を削除
    qrinsert QR 分解から列または行を挿入
    qrupdate QR 分解のランク 1 の更新
    planerot ギブンス平面回転
    ldl Hermitian 不定行列のブロック LDL 分解
    cdf2rdf 複素対角型行列を実数対角ブロック型に変換
    rsf2csf 実 Schur 型から複素 Schur 型への変換
    gsvd 特異値分解の一般化
    svd 特異値分解

    固有値と特異値

    balance 固有値の計算精度を改良するための対角スケーリング
    cdf2rdf 複素対角型行列を実数対角ブロック型に変換
    condeig 固有値に関する条件数
    eig 固有値と固有ベクトル
    eigs 行列の最大固有値と固有ベクトル
    gsvd 特異値分解の一般化
    hess 行列のヘッセンベルグ型
    ordeig 擬似三角行列の固有値
    ordqz QZ 分解で固有値の並べ替え
    ordschur Schur 分解で固有値の並べ替え
    poly 設定した値を根とする多項式
    polyeig 多項式固有値問題
    qz 一般化された固有値に対する QZ 分解
    rsf2csf 実 Schur 型から複素 Schur 型への変換
    schur Schur 分解
    sqrtm 行列の平方根
    ss2tf 状態空間フィルター パラメーターを伝達関数型に変換
    svd 特異値分解
    svds 特異値およびベクトルの算出

    行列の解析

    cond 転置に関連する条件数
    condeig 固有値に関する条件数
    det 行列式
    norm ベクトルと行列のノルム
    normest 2 ノルムの算出
    null ヌル空間
    orth 行列の範囲の正規直交基底
    rank 行列のランク
    rcond 行列の推定条件数の逆数
    rref 行の階段型への変換
    subspace 2 つの部分空間の角度
    trace 対角要素の和

    行列関数

    expm 行列指数
    logm 行列対数
    sqrtm 行列の平方根
    bsxfun 大きさが 1 の次元の拡張を有効にして 2 つの配列に要素ごとのバイナリ演算を適用
    arrayfun 配列内の個々の要素に関数を適用
    accumarray 累算による配列作成
    mpower 行列のべき乗

    統計と乱数

    記述統計

    corrcoef 相関係数
    cov 共分散行列
    max 配列の最大要素
    mean 配列の平均値
    median 配列の中央値
    min 配列の最小要素
    mode 配列の最頻値
    std 標準偏差
    var 分散

    乱数発生器

    rand 一様分布の疑似乱数
    randn 正規分布の疑似乱数
    randi 一様分布の疑似整数
    randperm ランダム置換
    rng 乱数発生器の制御
    RandStream 乱数ストリーム

    内挿

    1 次元内挿

    interp1 1 次データ内挿 (テーブル ルックアップ)
    griddedInterpolant グリッド データの内挿
    pchip 区分的 3 次元エルミート内挿多項式 (PCHIP)
    spline 3 次元スプライン データ内挿
    ppval 区分的多項式の計算
    mkpp 区分的多項式の作成
    unmkpp 区分的多項式の詳細
    padecoef 時間遅延のパデ近似
    interpft FFT (高速フーリエ変換) 法を使った 1 次元内挿

    グリッド データの内挿

    interp2 meshgrid 形式の 2 次元グリッド データの内挿
    interp3 meshgrid 形式の 3 次元グリッド データの内挿
    interpn ndgrid 形式の 1 次元、2 次元、3 次元、N 次元グリッド データの内挿
    griddedInterpolant グリッド データの内挿
    ndgrid N 次元空間での四角形のグリッド
    meshgrid 2 次元および 3 次元の空間の四角形グリッド

    散布データの内挿

    griddata 内挿散布データ
    griddatan データのグリッド化と超平面近似 (次元 ≥ 2)
    scatteredInterpolant 散布データの内挿

    最適化

    fminbnd 固定区間上で 1 変数からなる関数の最小値を見つける
    fminsearch 導関数を使用しない方法で制約なし多変数関数の最小値を見つける
    fzero 非線形関数の根
    lsqnonneg 非負の制約付き最小二乗問題の求解
    optimget 最適化 options 値
    optimset 最適化 options 構造体の作成および編集

    数値積分と微分方程式

    常微分方程式

    ode45 ノンスティッフ微分方程式の求解: 中次数法
    ode15s スティッフな微分方程式および微分代数方程式 (DAE) の求解: 可変次数法
    ode23 ノンスティッフ微分方程式の求解: 低次数法
    ode113 ノンスティッフ微分方程式の求解: 可変次数法
    ode23t 中程度にスティッフな常微分方程式 (ODE) と微分代数方程式 (DAE) の求解: 台形法
    ode23tb スティッフ微分方程式の求解: 低次数法
    ode23s スティッフ微分方程式の求解: 低次数法
    ode15i 完全陰的微分方程式の求解: 可変次数法
    decic ode15i の矛盾のない初期条件を計算
    odextend 常微分方程式の初期値問題の解の拡張
    odeget ODE options パラメーター
    odeset 常微分方程式ソルバーに入力する options 構造体の作成または変更
    deval 微分方程式問題の解の計算

    境界値問題

    bvp4c 常微分方程式 (ODE) の境界値問題の求解
    bvp5c 常微分方程式 (ODE) の境界値問題の求解
    bvpinit BVP ソルバーに対する初期推定の作成
    bvpxtend 境界値問題の解を拡張する推定構造体を作成
    bvpget bvpset で作成された options 構造体からプロパティを抽出
    bvpset 境界値問題の options 構造体を作成、変更
    deval 微分方程式問題の解の計算

    遅延微分方程式

    dde23 一定の遅れを含む差分方程式 (DDE) を解く
    ddesd 一般的な遅れを含む微分方程式 (DDE) を解く
    ddensd 中立型の遅延微分方程式 (DDE) を解く
    ddeget 遅れを含む微分方程式 options 構造体からプロパティを抽出
    ddeset 遅延を含む微分方程式 options 構造体を作成または変更
    deval 微分方程式問題の解の計算

    偏微分方程式

    pdepe 1 次元放物-楕円型偏微分方程式 (PDE) の初期-境界値問題の求解
    pdeval 関数 pdepe の出力を使って、PDE の数値解を計算

    数値積分と微分

    integral 数値積分
    integral2 数値 2 重積分の評価
    integral3 数値 3 重積分
    quadgk 数値積分、適応 Gauss-Kronrod 求積法
    quad2d 数値 2 重積分、tiled 法
    cumtrapz 累積台形数値積分
    trapz 台形数値積分
    polyint 解析的に多項式を積分
    del2 離散ラプラシアン
    diff 差分と近似導関数
    gradient 数値勾配
    polyder 多項式の微分

    フーリエ解析とフィルター処理

    abs 絶対値と複素数の大きさ
    angle 位相角
    cplxpair 複素数を複素共役のペアに並べ替え
    fft 高速フーリエ変換
    fft2 2 次元の高速フーリエ変換
    fftn N 次元の高速フーリエ変換
    fftshift DC 成分をスペクトルの中心に移動
    fftw FFTW ライブラリ ランタイム アルゴリズム調整コントロールとのインターフェイス
    ifft 逆フーリエ高速変換
    ifft2 2 次元高速フーリエ変換
    ifftn N 次元逆高速フーリエ変換
    ifftshift 逆 FFT シフト
    nextpow2 指定値以上の最小の 2 のべき乗の指数
    unwrap 位相角を修正し、滑らかな位相プロットを生成
    conv たたみ込みおよび多項式乗算
    conv2 2 次元のたたみ込み
    convn N 次元のたたみ込み
    deconv デコンボリューションと多項式の除算
    detrend 線形トレンドを除去
    filter 1 次元のデジタル フィルター
    filter2 2 次元のデジタル フィルター

    スパース行列

    スパース行列の作成

    spdiags スパース帯行列またはスパース対角行列の抽出と作成
    speye スパース単位行列
    sprand 一様分布するスパース ランダム行列
    sprandn 正規分布するスパース ランダム行列
    sprandsym スパース対称ランダム行列
    sparse スパース行列の作成
    spconvert スパース行列の外部書式から行列を取り込み

    スパース行列の操作

    issparse 入力がスパースかどうかを判別
    nnz 非ゼロ行列要素の数
    nonzeros 非ゼロ行列要素
    nzmax 行列内の非ゼロ要素に対して割り当てられるストレージの総量
    spalloc スパース行列に対するメモリの割り当て
    spfun スパース行列の非ゼロ要素に関数を適用
    spones 非ゼロのスパース行列要素を 1 で置き換え
    spparms スパース行列ルーチンのパラメーター設定
    spy スパース パターンの可視化
    find 非ゼロ要素のインデックスと値を見つける
    full スパース行列を非スパース行列に変換

    並べ替えのアルゴリズム

    amd 近似最小次数の置換
    colamd 列の近似最小次数置換
    colperm 非ゼロ要素数に基づくスパース列置換
    dmperm Dulmage-Mendelsohn 分解
    randperm ランダム置換
    symamd 対称な近似最小次数置換
    symrcm スパース逆 Cuthill-McKee での並べ替え

    スパース線形代数

    condest 1 ノルム条件数の計算
    eigs 行列の最大固有値と固有ベクトル
    ichol 不完全コレスキー分解
    ilu スパース不完全 LU 分解
    normest 2 ノルムの算出
    spaugment 最小二乗拡大システムの作成
    sprank 構造化ランク
    svds 特異値およびベクトルの算出

    線形方程式 (反復法)

    bicg 双共役傾斜法
    bicgstab 双共役傾斜安定化法
    bicgstabl 双共役傾斜安定化 (l) 法
    cgs 共役傾斜二乗法
    gmres 一般化最小残差法 (リスタート付き)
    lsqr LSQR 法
    minres 最小残差法
    pcg 前処理を使った共役勾配法
    qmr 準最小残差法
    symmlq 対称 LQ 法
    tfqmr 転置なしの擬似的最小残差法

    グラフおよびツリー アルゴリズム

    etree ツリーの消去
    etreeplot 消去ツリーのプロット
    gplot 隣接行列を表すノードおよびリンクのプロット
    symbfact シンボリックな因子解析
    treelayout ツリーまたはフォレストの配置
    treeplot ツリー図のプロット
    unmesh エッジ行列を座標行列とラプラシアン行列に変換する

    計算幾何

    三角形分割表現

    triangulation 2 次元または 3 次元の三角形分割
    tetramesh 四面体メッシュ プロット
    trimesh 三角形メッシュ プロット
    triplot 2 次元三角形プロット
    trisurf 三角形表面プロット

    Delaunay 三角形分割

    delaunayTriangulation 2 次元および 3 次元における Delaunay の三角形分割
    delaunay Delaunay 三角形分割
    delaunayn N 次元 Delaunay 三角形分割
    tetramesh 四面体メッシュ プロット
    trimesh 三角形メッシュ プロット
    triplot 2 次元三角形プロット
    trisurf 三角形表面プロット

    空間探索

    triangulation 2 次元または 3 次元の三角形分割
    delaunayTriangulation 2 次元および 3 次元における Delaunay の三角形分割
    dsearchn n 次元最近傍点探索
    tsearchn n 次元の近傍シンプレックス探索
    delaunay Delaunay 三角形分割
    delaunayn N 次元 Delaunay 三角形分割

    凸包

    convhull 凸包
    convhulln N 次元の凸包
    patch 1 つまたは複数の塗りつぶされた多角形の作成
    trisurf 三角形表面プロット

    ボロノイ線図

    patch 1 つまたは複数の塗りつぶされた多角形の作成
    voronoi ボロノイ線図
    voronoin N 次元ボロノイ線図

    基本的な多角形

    polyarea 多角形の面積
    inpolygon 多角形内の点
    rectint 四角形が重なる領域の算出

    グラフィックス

    2 次元および 3 次元プロット

    ライン プロット

    plot 線形 2 次元プロット
    plotyy 左右両側に y 軸をもつ 2 次元ライン プロット
    plot3 線形 3 次元プロット
    loglog 両対数スケール プロット
    semilogx 片対数プロット
    semilogy 片対数プロット
    errorbar 曲線に沿って誤差範囲をプロット
    fplot 指定された定義域でのプロット関数
    ezplot 関数プロッタの簡単な使用法
    ezplot3 簡単な 3 次元パラメトリック曲面プロット法
    LineSpec (Line Specification) ライン仕様の文字列構文
    ColorSpec (Color Specification) カラー スペック

    円グラフ、棒グラフ、ヒストグラム

    bar 棒グラフ
    bar3 3 次元の棒グラフをプロット
    barh 横棒グラフのプロット
    bar3h 3 次元の横棒グラフをプロット
    hist ヒストグラム図
    histc ヒストグラムのビン数
    rose 角度ヒストグラム プロット
    pareto パレート図
    area 2 次元プロットの塗りつぶし領域
    pie 円グラフ
    pie3 3 次元円グラフ

    離散データ プロット

    stem 離散データ列のプロット
    stairs 階段状プロット
    stem3 3 次元離散データ列のプロット
    scatter 散布図
    scatter3 3 次元散布図
    spy スパース パターンの可視化
    plotmatrix 散布図プロット行列

    極座標プロット

    polar 極座標プロット
    rose 角度ヒストグラム プロット
    compass 原点から放射状に矢印をプロット
    ezpolar 簡単な極座標プロット表示法
    LineSpec (Line Specification) ライン仕様の文字列構文
    ColorSpec (Color Specification) カラー スペック

    等高線図

    contour 行列の等高線図
    contourf 塗りつぶした 2 次元等高線図
    contourc 低水準の等高線図計算
    contour3 3 次元等高線図
    contourslice 物体スライス平面内に等高線を描画する
    ezcontour 等高線 プロッタの簡単な使用法
    ezcontourf 簡単な塗りつぶし等高線図法

    ベクトル場

    feather 速度ベクトルのプロット
    quiver 矢印プロットまたは速度プロット
    compass 原点から放射状に矢印をプロット
    quiver3 3 次元の矢印プロットまたは速度プロット
    streamslice スライス平面内のストリームラインの描画
    streamline 2 次元または 3 次元ベクトル データからストリームラインの描画

    表面、ボリュームおよび多角形

    表面プロットとメッシュ プロット
    surf 3 次元影付き表面プロット
    surfc 3 次元影付き表面プロットの下の等高線図
    surface Surface オブジェクトの作成
    surfl カラーマップ ベースのライティングによる表面のプロット
    surfnorm 3 次元表面の法線の計算と表示
    mesh メッシュ プロット
    meshc メッシュ グラフの下に等高線グラフをプロットする
    meshz メッシュ プロットの周りにカーテンをプロットする
    waterfall ウォーターフォール プロット
    ribbon リボン プロット
    contour3 3 次元等高線図
    peaks 2 変数のサンプル関数
    cylinder 円柱座標の作成
    ellipsoid 楕円を作成
    sphere 球面座標の作成
    pcolor 疑似カラー (チェッカーボード) プロット
    surf2patch 表面データをパッチデータに変換する
    ezsurf 簡単な 3 次元カラー表面プロッター
    ezsurfc 簡単な 3 次元表面/等高線図法
    ezmesh 簡単な 3 次元メッシュ プロット法
    ezmeshc 簡単な 3 次元メッシュ/等高線図法
    ボリューム データの可視化
    contourslice 物体スライス平面内に等高線を描画する
    flow 3 変数の単純な関数
    isocaps 等値面 end cap 形状を計算
    isocolors 等値面とパッチ カラーを計算
    isonormals 等値面の頂点の法線を計算
    isosurface 物体データから等値面データを抽出
    reducepatch パッチ面の数を減らす
    reducevolume ボリューム データセット内の要素数を減らす
    shrinkfaces パッチ面のサイズの減少
    slice 容積測定スライス プロット
    smooth3 3 次元データを平滑化する
    subvolume 3 次元データセットのサブセットを抽出
    volumebounds 物体データに対する座標と色の範囲
    coneplot 速度ベクトルを 3 次元ベクトル場の円錐としてプロット
    curl ベクトル場の回転と角速度を計算
    divergence ベクトル場の発散を計算
    interpstreamspeed フロー速度 (流れの程度) からストリームライン点を内挿
    stream2 2 次元ストリームライン データの計算
    stream3 3 次元ストリームライン データの計算
    streamline 2 次元または 3 次元ベクトル データからストリームラインの描画
    streamparticles ストリーム粒子の表示
    streamribbon 3 次元ストリーム リボン プロットのベクトル ボリューム データからの作成
    streamslice スライス平面内のストリームラインの描画
    streamtube 3 次元ストリーム チューブ プロットの作成
    多角形
    fill 2 次元の多角形の塗りつぶし
    fill3 3 次元の多角形の塗りつぶし
    patch 1 つまたは複数の塗りつぶされた多角形の作成
    surf2patch 表面データをパッチデータに変換する

    アニメーション

    movie 記録されたムービー フレームを連続的に表示
    noanimate 全オブジェクトの EraseMode を normal に変更
    drawnow イベント キューのフラッシュと Figure ウィンドウの更新
    refreshdata データ ソースが指定されたときにグラフ内のデータを更新
    frame2im ムービー フレームに関連するイメージ データを返す
    getframe ムービー フレームのキャプチャ
    im2frame イメージをムービー フレームに変換
    comet 2 次元コメット プロット
    comet3 3 次元コメット プロット

    書式設定と注釈

    タイトルとラベル

    title 現在の Axes にタイトルを追加
    xlabel x 軸のラベル付け
    ylabel y 軸のラベル付け
    zlabel z 軸のラベル付け
    clabel 等高線図の標高ラベル
    datetick 日付を書式化した目盛りラベルを付ける
    texlabel TeX 文字列へのテキストの書式設定
    legend ラインとパッチのグラフの凡例
    colorbar カラー スケールを示すカラー バー

    座標系

    xlim x 軸の範囲の設定と参照
    ylim y 軸の範囲の設定と参照
    zlim z 軸の範囲の設定と参照
    box Axes の境界
    grid 2 次元および 3 次元プロット用のグリッド ライン
    daspect Axes データの縦横比の設定とクエリ
    pbaspect プロット ボックスの縦横比の設定とクエリ
    axes Axes グラフィックス オブジェクトを作成
    axis 軸のスケーリングと外観
    subplot タイル状に配置された Axes の作成
    hold 新しいグラフを追加したときに現在のグラフを保持します。
    gca 現在の Axes ハンドル番号の取得
    cla 現在の Axes をクリア

    注釈

    annotation 注釈オブジェクトを作成
    text 現在の Axes に Text オブジェクトを作成
    legend ラインとパッチのグラフの凡例
    title 現在の Axes にタイトルを追加
    xlabel x 軸のラベル付け
    ylabel y 軸のラベル付け
    zlabel z 軸のラベル付け
    datacursormode 対話型データ カーソル モードの有効化、無効化、および管理
    ginput マウスまたはカーソルからのグラフィカル入力
    gtext 2 次元表示でのマウスによるテキストの配置

    カラーマップ

    colormap 現在のカラーマップの設定および取得
    colormapeditor カラーマップ エディターを開く
    colorbar カラー スケールを示すカラー バー
    brighten カラーマップの輝度の変更
    contrast コントラストを強調するグレースケール カラーマップ
    shading カラー シェーディング プロパティの設定
    graymon グレースケール モニター用の既定の Figure プロパティの設定
    caxis 色軸のスケーリング
    hsv2rgb HSV カラーマップを RGB カラーマップに変換
    rgb2hsv RGB カラーマップ を HSV カラーマップに変換
    rgbplot カラーマップのプロット
    spinmap カラーマップの回転
    colordef 異なるカラー スキームを表示するために既定のプロパティ値を設定
    whitebg Axes の背景色の変更

    データ調査

    hidden メッシュ プロットの陰線処理
    pan 対話型でグラフ領域を移動
    reset グラフィックス オブジェクトのプロパティを既定の設定にリセット
    rotate 指定した原点と方位を基準にオブジェクトを回転
    rotate3d マウスを使用した 3 次元の視点の回転
    selectmoveresize Axes と Uicontrol グラフィックス オブジェクトの選択、移動、サイズ変更、コピー
    zoom ズームのオン/オフの切り替えまたは要素の拡大ファクターによる拡大
    datacursormode 対話型データ カーソル モードの有効化、無効化、および管理
    figurepalette Figure パレットの表示または非表示
    plotbrowser Figure の [プロット ブラウザー] の表示/非表示
    plotedit 対話型プロットの編集や注釈の追加
    plottools プロット ツールの表示/非表示
    propertyeditor プロパティ エディターの表示と非表示
    showplottool Figure のプロット ツールの表示/非表示

    データのブラシ選択

    brush 観測値の対話形式のマーク、削除、変更、およびグラフへの保存
    datacursormode 対話型データ カーソル モードの有効化、無効化、および管理
    linkdata 変数が変わったときに自動的にグラフを更新
    refreshdata データ ソースが指定されたときにグラフ内のデータを更新

    3 次元シーン制御

    カメラ ビュー
    view 視点の指定
    makehgtform 4 行 4 列の変換行列の作成
    viewmtx 視点変換行列
    cameratoolbar カメラのツール バーをプログラム内から制御
    campan カメラ位置を中心としてカメラのターゲットを回転する
    camzoom 画面表示の拡大/縮小
    camdolly カメラ位置とターゲットを移動する
    camlookat オブジェクトまたはオブジェクトのグループに向けてカメラを配置
    camorbit カメラのターゲットを中心としてカメラ位置を回転
    campos カメラ位置の設定またはクエリ
    camproj 射影タイプの設定またはクエリ
    camroll 視点軸を中心としてカメラを回転
    camtarget カメラ ターゲット位置の設定またはクエリ
    camup カメラの上向きベクトルの設定またはクエリ
    camva カメラ視点角度の設定またはクエリ
    ライティングと透明化
    camlight カメラの座標系内で Light オブジェクトを作成または移動する
    light Light オブジェクトを作成
    lightangle 球面座標系で Light オブジェクトを作成または設置
    lighting ライティング アルゴリズムを選択
    diffuse 拡散光反射を計算
    material Surface および Patch オブジェクトの反射率プロパティの制御
    specular 鏡面反射の計算
    alim Axes のアルファ値の範囲を設定またはクエリ
    alpha 現在の Axes にあるオブジェクトの透明度のプロパティを設定
    alphamap Figure の alphamap (透明度) を設定

    イメージ

    イメージ ファイルの操作

    image イメージ オブジェクトを表示
    imagesc データをスケーリングし、イメージ オブジェクトを表示
    imread グラフィックス ファイルからイメージを読み込む
    imwrite イメージをグラフィックス ファイルに書き込む
    imfinfo グラフィックス ファイルの情報
    imformats イメージ ファイル形式レジストリを管理
    frame2im ムービー フレームに関連するイメージ データを返す
    im2frame イメージをムービー フレームに変換
    im2java イメージを Java イメージに変換

    イメージの変更

    ind2rgb インデックス付きイメージを RGB イメージに変換
    rgb2ind RGB イメージをインデックス付きイメージに変換
    imapprox 色の数を減らしてインデックス付きイメージを近似
    dither ディザリングによって見かけのカラー解像度を上げてイメージを変換
    cmpermute カラーマップ内の色の再配列
    cmunique カラーマップ内で重複している色を削除したり、グレースケールまたはトゥルーカラーのイメージをインデックス付きイメージに変換したりする

    印刷とエクスポート

    print Figure の印刷またはファイルへの保存
    printopt プリンターの既定の設定
    printdlg 印刷ダイアログ ボックス
    printpreview 印刷のための Figure のプレビュー表示
    orient ハードコピー用紙の設定方向の指定
    savefig Fig ファイルへの Figure の保存
    openfig 新規コピーを開く、または保存された Figure の既存のコピーを表示
    hgexport Figure をエクスポート
    hgsave Handle Graphics オブジェクト階層をファイルに保存
    hgload ファイルから Handle Graphics オブジェクト階層を読み込む
    saveas 指定した形式で Figure または Simulink ブロック線図の保存

    グラフィックス オブジェクト

    グラフィックス オブジェクトの識別

    gca 現在の Axes ハンドル番号の取得
    gcf 現在の Figure ハンドル番号の取得
    gcbf コールバックを実行しているオブジェクトを含む Figure のハンドル
    gcbo コールバックが実行されているオブジェクトのハンドル
    gco 現在のオブジェクトのハンドル
    ancestor グラフィックス オブジェクトの上位オブジェクト
    allchild 指定したオブジェクトのすべての子オブジェクトを求める
    findall すべてのグラフィックス オブジェクトを見つける
    findfigs 可視なオフスクリーン Figure を見つける
    findobj 固有のプロパティをもつグラフィックス オブジェクトを見つける
    gobjects グラフィックス ハンドルの配列の作成
    ishghandle Handle Graphics オブジェクト ハンドルの場合は True
    copyobj グラフィックス オブジェクトとその子オブジェクトのコピー
    delete ファイルまたはオブジェクトの削除
    get Handle Graphics オブジェクト プロパティのクエリ
    set Handle Graphics オブジェクトのプロパティの設定
    propedit プロパティ エディターの起動

    コア オブジェクト

    root object ルート
    figure Figure グラフィックス オブジェクトの作成
    axes Axes グラフィックス オブジェクトを作成
    image イメージ オブジェクトを表示
    light Light オブジェクトを作成
    line Line オブジェクトを作成
    patch 1 つまたは複数の塗りつぶされた多角形の作成
    rectangle 2 次元四角形オブジェクトの作成
    surface Surface オブジェクトの作成
    text 現在の Axes に Text オブジェクトを作成

    注釈オブジェクト

    annotation 注釈オブジェクトを作成

    プロット オブジェクト

    set Handle Graphics オブジェクトのプロパティの設定
    get Handle Graphics オブジェクト プロパティのクエリ

    グループ オブジェクト

    hggroup hggroup オブジェクトを作成
    hgtransform hgtransform グラフィックス オブジェクトを作成
    makehgtform 4 行 4 列の変換行列の作成

    Figure ウィンドウ

    figure Figure グラフィックス オブジェクトの作成
    gcf 現在の Figure ハンドル番号の取得
    close 指定した Figure を削除
    clf 現在の Figure ウィンドウをクリア
    refresh 現在の Figure の再描画
    newplot グラフィックス オブジェクトの描画位置の決定
    shg 最新のグラフ ウィンドウの表示
    closereq 既定の Figure を閉じる要求関数
    dragrect マウスを使って四角形をドラッグ
    drawnow イベント キューのフラッシュと Figure ウィンドウの更新
    rbbox 領域を選択するためのラバーバンド ボックスの作成
    opengl OpenGL レンダリングの制御

    軸プロパティの操作

    axes Axes グラフィックス オブジェクトを作成
    hold 新しいグラフを追加したときに現在のグラフを保持します。
    ishold 現在ホールド状態
    newplot グラフィックス オブジェクトの描画位置の決定

    オブジェクト プロパティの操作

    linkaxes 指定された 2 次元 axes の範囲を同期
    linkprop グラフィックス オブジェクトの対応するプロパティと同じ値の保持
    refreshdata データ ソースが指定されたときにグラフ内のデータを更新
    waitfor 実行を停止し、イベントまたは状態を待つ
    get Handle Graphics オブジェクト プロパティのクエリ
    set Handle Graphics オブジェクトのプロパティの設定

    スクリプトと関数のプログラミング

    フロー制御

    if/elseif/else if ステートメント内のオプションのキーワードif ステートメント内のオプションのキーワード条件が true の場合ステートメントを実行
    for ステートメントの指定回数実行
    parfor 並列 for ループ
    switch/case/otherwise switch ステートメントのオプションのキーワードswitch ステートメントのオプションのキーワード式に基づき、case 間で実行を切り替え
    try/catch try ステートメントで検出されたエラーを処理するステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
    while 条件が true である間はステートメントの実行を繰り返す
    break for または while ループの実行を強制終了
    continue for または while ループの以下の反復へ制御を渡す
    end コードのブロックを終了、または最後の配列インデックスを示す
    pause 処理の一時停止
    return 呼び出し関数に戻る

    スクリプト

    edit ファイルの編集または作成
    input ユーザー入力を要求
    publish MATLAB ファイルの表示を指定した形式で生成します。
    notebook MATLAB Notebook を Microsoft Word で開く (Microsoft Windows プラットフォーム上)。
    grabcode HTML に変換したファイルから MATLAB コードの抽出
    snapnow イメージのスナップショットの変換されたドキュメントへの強制的な包含

    関数

    関数の基礎

    function 関数名、入力および出力の宣言

    入力引数と出力引数

    nargin 関数の入力引数の数
    nargout 関数の出力引数の数
    varargin 可変の入力引数のリスト
    varargout 可変長の出力引数の一覧
    narginchk 有効な入力引数の数のチェック
    nargoutchk 有効な出力引数の数のチェック
    validateattributes 配列の有効性をチェック
    validatestring テキスト文字列の有効性をチェック
    inputParser 関数入力の解析
    inputname 関数入力の変数名

    変数

    persistent 永続変数の定義
    genvarname 文字列からの有効な変数名の作成
    isvarname 入力が有効な変数名かどうかを判別
    namelengthmax 識別子の最大長を出力
    assignin 指定ワークスペースの変数に値を割り当てる
    global グローバル変数の宣言
    isglobal 入力がグローバル変数かどうかを判別

    エラー処理

    try/catch try ステートメントで検出されたエラーを処理するステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
    error メッセージ ボックスの表示
    warning 警告メッセージ
    lastwarn 最近の警告メッセージを出力
    assert 条件違反の場合にエラーを生成
    onCleanup 関数完了時のクリーンアップ作業

    デバッグ

    dbclear ブレークポイントを消去
    dbcont 実行を再開
    dbdown デバッグ モードの間、関数 dbup で行われるワークスペース シフトの逆操作
    dbquit デバッグ モードの終了
    dbstack 関数呼び出しスタック
    dbstatus すべてのブレークポイントをリスト
    dbstep 現在のブレークポイントから 1 行以上を実行
    dbstop デバッグ用にブレークポイントを設定する
    dbtype テキスト ファイルを行番号を付けて一覧表示する
    dbup デバッグ モードの間、現在のワークスペースを呼び出し側のワークスペースにシフト
    checkcode MATLAB のコード ファイルの潜在的な問題のチェック
    keyboard キーボードからの入力
    mlintrpt ファイルまたはフォルダーに対して関数 checkcode を実行してブラウザーに結果を表示

    コーディングと生産性に関するヒント

    edit ファイルの編集または作成

    プログラミング ユーティリティ

    echo 関数の実行中にステートメントを表示
    eval テキスト文字列で MATLAB 式を実行
    evalc capture を使って MATLAB 式を計算
    evalin 指定したワークスペースで MATLAB 式を実行
    feval 関数の計算
    run MATLAB スクリプトの実行
    builtin オーバーロードされたメソッドから組み込み関数を実行する
    depdir 関数または P ファイルの従属フォルダーのリスト
    depfun 関数または P ファイルの従属関係のリスト
    mfilename 現在実行中の関数のファイル名
    pcode 保護された関数ファイルの作成
    timer オブジェクトを作成して MATLAB コマンドの実行のスケジュールを設定

    データとファイルの管理

    ワークスペース変数

    clear ワークスペースからアイテムを削除し、システムメモリを解放
    clearvars メモリから変数をクリアする
    disp テキストまたは配列を表示
    openvar 変数エディターまたは他のグラフィカルな編集ツールでワークスペース変数を開く
    who ワークスペース内の変数のリスト
    whos ワークスペースの変数をサイズおよびタイプと共に一覧表示する
    load ファイルからワークスペースに変数を読み込む
    save ワークスペース変数をファイルに保存
    matfile メモリに読み込まず MAT ファイル内の変数に直接アクセスして変更
    workspace ワークスペースを管理するワークスペース ブラウザーを開く

    データのインポートとエクスポート

    インポートとエクスポートの基本

    importdata ファイルからデータを読み込む
    uiimport 対話的なデータ インポート

    テキスト ファイル

    csvread コンマ区切り値ファイルの読み取り
    csvwrite コンマ区切り値ファイルの書き込み
    dlmread 数値データの ASCII 区切りファイルを行列に読み込む
    dlmwrite 行列を ASCII 区切りファイルに書き込む
    fileread ファイルの内容を文字列に読み込む
    textread テキスト ファイルからデータを読み込み、複数の出力へ書き込み
    textscan テキスト ファイルまたは文字列から書式付きデータを読み取る
    readtable ファイルからのテーブルの作成
    writetable ファイルへのテーブルの書き込み
    type ファイルの内容の表示

    スプレッドシート

    xlsfinfo ファイルに Microsoft Excel スプレッドシートが含まれるかどうかの判別
    xlsread Microsoft Excel スプレッドシート ファイルを読み取る
    xlswrite Microsoft Excel スプレッドシート ファイルへの書き込み
    readtable ファイルからのテーブルの作成
    writetable ファイルへのテーブルの書き込み

    低水準ファイル I/O

    fclose 開いている 1 つまたはすべてのファイルを閉じる
    feof ファイルの終端 (EOF) のテスト
    ferror ファイル I/O エラーに関する情報
    fgetl ファイルからの行の読み込み、改行文字の削除
    fgets ファイルからの行の読み込み、改行文字の維持
    fopen ファイルを開くまたは開いているファイルに関する情報の取得
    fprintf データのファイルへの書き込み
    fread バイナリ ファイルからのデータの読み込み
    frewind ファイルの位置指示子を開いているファイルの最初に移動
    fscanf テキスト ファイルからのデータの読み取り
    fseek ファイル内の指定位置に移動する
    ftell 開いているファイル内での位置
    fwrite バイナリ ファイルへのデータの書き込み

    イメージ

    exifread EXIF 情報を JPEG および TIFF イメージ ファイルから読み込む
    im2java イメージを Java イメージに変換
    imfinfo グラフィックス ファイルの情報
    imread グラフィックス ファイルからイメージを読み込む
    imwrite イメージをグラフィックス ファイルに書き込む
    Tiff LibTIFF ライブラリ ルーチンの MATLAB ゲートウェイ

    科学的データ

    netCDF ファイル
    nccreate NetCDF ファイルの変数の作成
    ncdisp コマンド ウィンドウに NetCDF データ ソースの内容を表示する
    ncinfo NetCDF データ ソースに関する情報を返します
    ncread NetCDF データ ソース内の変数からデータを読み取る
    ncreadatt NetCDF データ ソースから属性値を読み取る
    ncwrite NetCDF ファイルへのデータの書き込み
    ncwriteatt NetCDF ファイルへの属性の書き込み
    ncwriteschema NetCDF ファイルへの NetCDF スキーマ定義の追加
    netcdf MATLAB Network Common Data Form (NetCDF) 機能の概要
    HDF5 ファイル
    高水準関数
    h5create HDF5 データセットの作成
    h5disp HDF5 ファイルの内容の表示
    h5info HDF5 ファイルに関する情報を返す
    h5read HDF5 データセットからのデータの読み取り
    h5readatt HDF5 ファイルからの属性の読み取り
    h5write HDF5 データセットの書き込み
    h5writeatt HDF5 属性の書き込み
    低水準関数
    ライブラリ (H5)
    H5.close HDF5 ライブラリを閉じる
    H5.garbage_collect HDF5 ライブラリ内の使用されていないメモリの解放
    H5.get_libversion HDF5 ライブラリのバージョン
    H5.open HDF5 ライブラリを開く
    H5.set_free_list_limits free リストのサイズ制限の設定
    属性 (H5A)
    H5A.close 指定した属性を閉じる
    H5A.create 属性の作成
    H5A.delete 属性の削除
    H5A.get_info 属性に関する情報
    H5A.get_name 属性名
    H5A.get_space 属性のデータ領域のコピー
    H5A.get_type 属性のデータ型のコピー
    H5A.iterate オブジェクトに付加された属性に対する関数の実行
    H5A.open 属性を開く
    H5A.open_by_idx インデックスで指定された属性を開く
    H5A.open_by_name 名前で指定された属性を開く
    H5A.read 属性の読み取り
    H5A.write 属性の書き込み
    データセット (H5D)
    H5D.close データセットを閉じる
    H5D.create 新しいデータセットの作成
    H5D.get_access_plist データセット アクセス プロパティ リストのコピー
    H5D.get_create_plist データセット作成プロパティ リストのコピー
    H5D.get_offset ファイル内のデータセットの位置
    H5D.get_space データセットのデータ領域のコピー
    H5D.get_space_status 領域が割り当てられているかどうかを判別
    H5D.get_storage_size 必要なストレージ サイズを判断
    H5D.get_type データ型のコピー
    H5D.open 指定されたデータセットを開く
    H5D.read HDF5 データセットからのデータの読み取り
    H5D.set_extent データセットの次元のサイズを変更
    H5D.vlen_get_buf_size 可変長ストレージ要件を判断
    H5D.write HDF5 データセットへのデータの書き込み
    次元のスケール (H5DS)
    H5DS.attach_scale 特定のデータセットの次元に次元のスケールを付加
    H5DS.detach_scale 特定のデータセットの次元から次元のスケールを削除
    H5DS.get_label 特定のデータセットの次元からラベルを取得
    H5DS.get_num_scales データセットの次元に付加されたスケールの数
    H5DS.get_scale_name 次元のスケールの名前
    H5DS.is_scale データセットが次元のスケールかどうかを判別
    H5DS.iterate_scales データセットの次元に付加されたスケールの反復
    H5DS.set_label データセットの次元のラベルを設定
    H5DS.set_scale データセットを次元のスケールに変換
    エラー (H5E)
    H5E.clear エラー スタックのクリア
    H5E.get_major メジャー エラー番号の説明
    H5E.get_minor マイナー エラー番号の説明
    H5E.walk エラー スタック内の移動
    ファイル (H5F)
    H5F.close HDF5 ファイルを閉じる
    H5F.create HDF5 ファイルの作成
    H5F.flush ディスクへのバッファーのフラッシュ
    H5F.get_access_plist ファイル アクセス プロパティ リスト
    H5F.get_create_plist ファイル作成プロパティ リスト
    H5F.get_filesize HDF5 ファイルのサイズ
    H5F.get_freespace ファイル内の空き領域の量
    H5F.get_info ファイルに関するグローバル情報
    H5F.get_mdc_config メタデータ キャッシュの構成
    H5F.get_mdc_hit_rate メタデータ キャッシュのヒット率
    H5F.get_mdc_size メタデータ キャッシュのサイズ データ
    H5F.get_name HDF5 ファイルの名前
    H5F.get_obj_count HDF5 ファイル内の開かれているオブジェクトの数
    H5F.get_obj_ids 開かれている HDF5 ファイル オブジェクトのリスト
    H5F.is_hdf5 ファイルが HDF5 であるかどうかを判別
    H5F.mount 指定した場所への HDF5 ファイルのマウント
    H5F.open HDF5 ファイルを開く
    H5F.reopen HDF5 ファイルを再度開く
    H5F.set_mdc_config HDF5 ファイルのメタデータ キャッシュの構成
    H5F.unmount マウント ポイントからのファイルまたはグループのマウント解除
    グループ (H5G)
    H5G.close グループを閉じる
    H5G.create グループの作成
    H5G.get_info グループに関する情報
    H5G.open 指定されたグループを開く
    識別子 (H5I)
    H5I.dec_ref 参照カウントの減分
    H5I.get_file_id 指定されたオブジェクトのファイル識別子
    H5I.get_name オブジェクトの名前
    H5I.get_ref オブジェクトの参照カウント
    H5I.get_type オブジェクトのタイプ
    H5I.inc_ref 指定されたオブジェクトの参照カウントのインクリメント
    H5I.is_valid 指定した識別子が有効かどうかを判別
    リンク (H5L)
    H5L.copy ソース場所からコピー先へのリンクのコピー
    H5L.create_external 外部オブジェクトへのソフト リンクの作成
    H5L.create_hard ハード リンクの作成
    H5L.create_soft ソフト リンクの作成
    H5L.delete リンクの削除
    H5L.exists リンクが存在するかどうかを判別
    H5L.get_info リンクに関する情報
    H5L.get_name_by_idx インデックスで指定されたリンクに関する情報
    H5L.get_val シンボリック リンクの値
    H5L.iterate リンクの反復
    H5L.iterate_by_name 名前で指定されたグループ内のリンクの反復
    H5L.move リンク名の変更
    H5L.visit グループ識別子で指定されたグループ内のリンクを再帰的に反復
    H5L.visit_by_name 場所およびグループ名で指定されたグループ内のリンクを再帰的に反復
    MATLAB (H5ML)
    H5ML.compare_values 2 つの HDF5 値を数値的に比較
    H5ML.get_constant_names HDF5 ライブラリで既知の定数
    H5ML.get_constant_value 文字列に対応する値
    H5ML.get_function_names HDF5 ライブラリで提供されている関数
    H5ML.get_mem_datatype データセット ID のデータ型
    オブジェクト (H5O)
    H5O.close オブジェクトを閉じる
    H5O.copy ソース場所からコピー先へのオブジェクトのコピー
    H5O.get_comment オブジェクト識別子で指定されたオブジェクトのコメントを取得
    H5O.get_comment_by_name 場所およびオブジェクト名で指定されたオブジェクトのコメントを取得
    H5O.get_info オブジェクトのメタデータ
    H5O.link 特定のオブジェクトへのハード リンクの作成
    H5O.open 指定されたオブジェクトを開く
    H5O.open_by_idx インデックスで指定されたオブジェクトを開く
    H5O.set_comment オブジェクト識別子で指定されたオブジェクトのコメントを設定
    H5O.set_comment_by_name 場所およびオブジェクト名で指定されたオブジェクトのコメントを設定
    H5O.visit オブジェクト識別子で指定されたオブジェクトの参照
    H5O.visit_by_name 場所およびオブジェクト名で指定されたオブジェクトの参照
    プロパティ (H5P) 一般的なプロパティ リスト操作
    H5P.close プロパティ リストを閉じる
    H5P.copy プロパティ リストのコピー
    H5P.create 新しいプロパティ リストの作成
    H5P.get_class プロパティ リスト クラス
    汎用プロパティ リスト操作
    H5P.close_class プロパティ リスト クラスを閉じる
    H5P.equal プロパティ リストの等価性を判断
    H5P.exist 指定されたプロパティがプロパティ リストにあるかどうかを判別
    H5P.get プロパティ リスト内の指定されたプロパティの値
    H5P.get_class_name プロパティ リスト クラスの名前
    H5P.get_class_parent 親クラスの識別子
    H5P.get_nprops プロパティ リストまたはクラス内のプロパティ数のクエリ
    H5P.get_size プロパティ値のサイズ (バイト数) のクエリ
    H5P.isa_class プロパティ リストがクラスのメンバーであるかどうかを判別
    H5P.iterate プロパティ リストのプロパティの反復
    H5P.set プロパティ リスト値の設定
    データセット アクセス、メモリおよび転送プロパティ
    H5P.get_btree_ratios B ツリーの分割比
    H5P.get_chunk_cache 生データ チャンク キャッシュ パラメーター
    H5P.get_dxpl_multi 複数のファイルのデータ アクセス プロパティ リスト
    H5P.get_edc_check エラー検出が有効かどうかを判別
    H5P.get_hyper_vector_size I/O ベクトルの数
    H5P.set_btree_ratios データセット転送の B ツリーの分割比を設定
    H5P.set_chunk_cache 生データ チャンク キャッシュ パラメーターの設定
    H5P.set_dxpl_multi マルチファイル ドライバーのデータ転送プロパティ リストの設定
    H5P.set_edc_check データセット転送のエラー検出の有効化
    H5P.set_hyper_vector_size ハイパースラブ I/O の I/O ベクトルの数を設定
    データセット作成プロパティ
    H5P.all_filters_avail すべてのフィルターの使用可能性を判断
    H5P.fill_value_defined 埋め込み値が定義されているかどうかを判別
    H5P.get_alloc_time ストレージ スペースの割り当てのタイミングを返す
    H5P.get_chunk チャンクのサイズを返す
    H5P.get_external 外部ファイルに関する情報を返す
    H5P.get_external_count 外部ファイルの数を返す
    H5P.get_fill_time 埋め込み値がデータセットに書き込まれる時間を返す
    H5P.get_fill_value データセットの埋め込み値を返す
    H5P.get_filter パイプライン内のフィルターに関する情報を返す
    H5P.get_filter_by_id 指定されたフィルターに関する情報を返す
    H5P.get_layout データセットの生データのレイアウトを判断
    H5P.get_nfilters パイプライン内のフィルターの数を返す
    H5P.modify_filter パイプライン内のフィルターの変更
    H5P.remove_filter プロパティ リストからのフィルターの削除
    H5P.set_alloc_time ストレージ スペースの割り当てのタイミングを設定
    H5P.set_chunk チャンク サイズの設定
    H5P.set_deflate 圧縮法と圧縮レベルの設定
    H5P.set_external 外部ファイルのリストにファイルを追加
    H5P.set_fill_time 埋め込み値がデータセットに書き込まれる時間を設定
    H5P.set_fill_value データセット作成プロパティ リストの埋め込み値を設定
    H5P.set_filter フィルター パイプラインへのフィルターの追加
    H5P.set_fletcher32 データセット作成の Fletcher32 チェックサム フィルターの設定
    H5P.set_layout データセットのストレージのタイプの設定
    H5P.set_nbit N ビット フィルターの設定
    H5P.set_scaleoffset Scale-Offset フィルターの設定
    H5P.set_shuffle シャッフル フィルターの設定
    ファイル アクセス プロパティ
    H5P.get_alignment 配置プロパティの取得
    H5P.get_driver 低水準ファイル ドライバー
    H5P.get_family_offset ファミリ ファイル ドライバーのオフセット
    H5P.get_fapl_core ファイル ドライバーのコア プロパティに関する情報
    H5P.get_fapl_family ファイル アクセス プロパティ リストの情報
    H5P.get_fapl_multi マルチファイル アクセス プロパティ リストに関する情報
    H5P.get_fclose_degree file close degree
    H5P.get_libver_bounds ライブラリ バージョンの範囲設定
    H5P.get_gc_references ガベージ コレクション参照の設定
    H5P.get_mdc_config メタデータ キャッシュの構成
    H5P.get_meta_block_size メタデータ ブロック サイズの設定
    H5P.get_multi_type MULTI ドライバーのデータ プロパティの型
    H5P.get_sieve_buf_size データ シーブ バッファーの最大サイズ
    H5P.get_small_data_block_size 小さいデータ ブロック サイズの設定
    H5P.set_alignment ファイル アクセス プロパティ リストの配置プロパティの設定
    H5P.set_family_offset ファイルのファミリにオフセット プロパティを設定
    H5P.set_fapl_core H5FD_CORE ドライバーを使用するようにファイル アクセスを変更
    H5P.set_fapl_family ファミリ ドライバーを使用するようにファイル アクセスを設定
    H5P.set_fapl_log ログ ドライバーの使用を設定
    H5P.set_fapl_multi マルチファイル ドライバーの使用を設定
    H5P.set_fapl_sec2 sec2 ドライバー用にファイル アクセスを設定
    H5P.set_fapl_split 分割ファイル ドライバーのエミュレーション用にファイル アクセスを設定
    H5P.set_fapl_stdio 標準 I/O ドライバー用にファイル アクセスを設定
    H5P.set_fclose_degree file close degree 用にファイル アクセスを設定
    H5P.set_gc_references ガベージ コレクション参照フラグの設定
    H5P.set_libver_bounds オブジェクトのライブラリ バージョンの範囲を設定
    H5P.set_mdc_config メタデータ キャッシュの初期構成の設定
    H5P.set_meta_block_size メタデータ ブロックの最小サイズの設定
    H5P.set_multi_type MULTI ドライバーを使用してアクセスするデータ型を指定
    H5P.set_sieve_buf_size データ シーブ バッファーの最大サイズの設定
    H5P.set_small_data_block_size 小さいデータ用に予約されたブロックのサイズの設定
    ファイル作成プロパティ
    H5P.get_istore_k インデックス付きストレージ B ツリーの 1/2 ランクを返す
    H5P.get_sizes オフセットのサイズと長さを返す
    H5P.get_sym_k B ツリー 1/2 ランクのサイズおよびリーフ ノード 1/2 サイズを返す
    H5P.get_userblock ユーザー ブロックのサイズを返す
    H5P.get_version ファイル作成プロパティ リストのバージョン情報を返す
    H5P.set_istore_k チャンク化されたデータセットをインデックス付けするためのパラメーターのサイズを設定
    H5P.set_sizes オフセットのバイト サイズと長さの設定
    H5P.set_sym_k シンボル テーブルのノードの制御に使用するパラメーターのサイズの設定
    H5P.set_userblock ユーザー ブロックのサイズの設定
    オブジェクトのコピーおよびオブジェクト作成のプロパティ
    H5P.get_attr_creation_order 順序の追跡およびインデックス作成の設定を返す
    H5P.get_attr_phase_change 属性フェーズ変更のしきい値の取得
    H5P.get_copy_object オブジェクトをコピーするときに使用するプロパティを返す
    H5P.set_attr_creation_order 属性作成順序の追跡の設定
    H5P.set_attr_phase_change 属性ストレージ位相変更しきい値の設定
    H5P.set_copy_object オブジェクトをコピーするときに使用するプロパティの設定
    グループ作成プロパティ
    H5P.get_create_intermediate_group 直接グループの作成を決定
    H5P.get_link_creation_order リンク作成順序が追跡されているかどうかをクエリする
    H5P.get_link_phase_change グループ間変換の設定のクエリ
    H5P.set_create_intermediate_group 中間グループの作成の設定
    H5P.set_link_creation_order 作成順序の追跡とインデックス作成の設定
    H5P.set_link_phase_change グループ変換のパラメーターの設定
    HDF5 文字列プロパティ
    H5P.get_char_encoding 文字エンコードを返す
    H5P.set_char_encoding 文字列のエンコードに使用する文字エンコードの設定
    リファレンス (H5R)
    H5R.create 参照の作成
    H5R.dereference 参照によって指定されたオブジェクトを開く
    H5R.get_name 参照されたオブジェクトの名前
    H5R.get_obj_type 参照されたオブジェクトのタイプ
    H5R.get_region 指定した領域のデータ領域のコピー
    データ領域 (H5S)
    H5S.copy データ領域のコピーの作成
    H5S.create 新しいデータ領域の作成
    H5S.close データ領域を閉じる
    H5S.create_simple 新しい単純データ領域の作成
    H5S.extent_copy ソース データ領域からコピー先データ領域への範囲のコピー
    H5S.is_simple データ領域が単純であるかどうかを判別
    H5S.offset_simple 単純データ領域のオフセットの設定
    H5S.select_all データ領域の範囲全体の選択
    H5S.select_elements 選択範囲に含める座標の指定
    H5S.select_hyperslab ハイパースラブ領域の選択
    H5S.select_none 選択領域をリセットして要素を削除
    H5S.select_valid 選択範囲の有効性を判断
    H5S.set_extent_none データ領域からの範囲の削除
    H5S.set_extent_simple データ領域のサイズの設定
    H5S.get_select_bounds データ領域選択の境界ボックス
    H5S.get_select_elem_npoints 選択範囲の要素点の数
    H5S.get_select_elem_pointlist データ領域選択内の要素点
    H5S.get_select_hyper_blocklist ハイパースラブ ブロックのリスト
    H5S.get_select_hyper_nblocks ハイパースラブ ブロックの数
    H5S.get_select_npoints データ領域選択内の要素の数
    H5S.get_select_type データ領域選択の種類
    H5S.get_simple_extent_dims データ領域のサイズと最大サイズ
    H5S.get_simple_extent_ndims データ領域のランク
    H5S.get_simple_extent_npoints データ領域内の要素の数
    H5S.get_simple_extent_type データ領域クラス
    データ型 (H5T) 一般的なデータ型操作
    H5T.close データ型を閉じる
    H5T.commit 過渡特性データ型のコミット
    H5T.committed データ型がコミットされているかどうかを判別
    H5T.copy データ型のコピー
    H5T.create 新しいデータ型の作成
    H5T.detect_class 特定のクラスを含むデータ型を判断
    H5T.equal データ型の等価性を判断
    H5T.get_class データ型クラス識別子
    H5T.get_create_plist データ型作成プロパティ リストのコピー
    H5T.get_native_type データセット データ型のネイティブ データ型
    H5T.get_size データ型のバイト数のサイズ
    H5T.get_super 基本データ型
    H5T.lock データ型のロック
    H5T.open 名前付きデータ型を開く
    配列データ型
    H5T.array_create 配列データ型オブジェクトの作成
    H5T.get_array_dims 配列次元の範囲
    H5T.get_array_ndims 配列データ型のランク
    atomic データ型のプロパティ
    H5T.get_cset 文字列データ型の文字セット
    H5T.get_ebias 浮動小数点型の指数バイアス
    H5T.get_fields 浮動小数点データ型のビット フィールド情報
    H5T.get_inpad 浮動小数点データ型の内部パディング タイプ
    H5T.get_norm 仮数の正規化タイプ
    H5T.get_offset 最初の有効ビットのオフセット
    H5T.get_order atomic データ型のバイト順
    H5T.get_pad 最下位ビットおよび最上位ビットのパディング タイプ
    H5T.get_precision atomic データ型の精度
    H5T.get_sign 整数データ型の符号タイプ
    H5T.get_strpad 文字列データ型のストレージ メカニズム
    H5T.set_cset 文字列データ型の文字データセットの設定
    H5T.set_ebias 浮動小数点データ型の指数バイアスの設定
    H5T.set_fields 浮動小数点ビット フィールドのサイズと位置の設定
    H5T.set_inpad 未使用の内部ビットを埋める方法を指定
    H5T.set_norm 浮動小数点データ型の仮数正規化の設定
    H5T.set_offset 最初の有効ビットのオフセットの設定
    H5T.set_order atomic データ型のバイト順の設定
    H5T.set_pad 最下位ビットおよび最上位ビットのパディング タイプの設定
    H5T.set_precision atomic データ型の精度の設定
    H5T.set_sign 整数データ型の符号プロパティの設定
    H5T.set_size データ型のサイズをバイト数で設定
    H5T.set_strpad 文字列データ型のストレージ メカニズムの設定
    複合データ型
    H5T.get_member_class 複合データ型メンバーのデータ型クラス
    H5T.get_member_index 複合型メンバーまたは列挙型メンバーのインデックス
    H5T.get_member_name 複合型メンバーまたは列挙型メンバーの名前
    H5T.get_member_offset 複合データ型のフィールドのオフセット
    H5T.get_member_type 指定されたメンバーのデータ型
    H5T.get_nmembers 列挙型の要素の数
    H5T.insert 複合データ型へのメンバーの追加
    H5T.pack 複合データ型からパディングを再帰的に削除
    列挙データ型
    H5T.enum_create 新しい列挙データ型の作成
    H5T.enum_insert 列挙データ型メンバーの挿入
    H5T.enum_nameof 列挙データ型メンバーの名前
    H5T.enum_valueof 列挙データ型メンバーの値
    H5T.get_member_value 列挙データ型メンバーの値
    opaque データ型のプロパティ
    H5T.get_tag opaque データ型に関連するタグ
    H5T.set_tag opaque データ型への説明のタグ付け
    可変長データ型
    H5T.is_variable_str データ型が可変長文字列であるかどうかを判別
    H5T.vlen_create 新しい可変長データ型の作成
    フィルターおよび圧縮 (H5Z)
    H5Z.filter_avail フィルターが使用できるかどうかを判別
    H5Z.get_filter_info フィルターに関する情報
    HDF4 ファイル
    hdfinfo HDF4 または HDF-EOS ファイルに関する情報
    hdfread HDF4 ファイルまたは HDF-EOS ファイルからデータを読み込む
    hdf MATLAB HDF4 機能の概要
    FITS ファイル
    高水準関数
    fitsdisp FITS メタデータの表示
    fitsinfo FITS ファイルに関する情報
    fitsread FITS ファイルからの読み込み
    fitswrite イメージを FITS ファイルに書き込む
    低水準関数
    ファイル アクセス
    createFile FITS ファイルを作成
    openFile FITS ファイルを開く
    closeFile FITS ファイルを閉じる
    deleteFile FITS ファイルを削除
    fileName FITS ファイルの名前
    fileMode FITS ファイルの I/O モード
    イメージの操作
    createImg FITS イメージを作成
    getImgSize イメージのサイズ
    getImgType イメージのデータ型
    insertImg 現在のイメージの後に FITS イメージを挿入
    readImg イメージ データの読み取り
    setBscale イメージ スケールのリセット
    writeImg FITS イメージに書き込む
    キーワード
    readCard キーワードのヘッダー記録
    readKey キーワード
    readKeyCmplx 複素数のスカラー値としてのキーワード
    readKeyDbl 倍精度値としてのキーワード
    readKeyLongLong int64 としてのキーワード
    readKeyLongStr 長い文字列値
    readKeyUnit キーワードからの物理単位文字列
    readRecord 番号によって指定されたヘッダー記録
    writeComment COMMENT キーワードの CHU への書き込みまたは追加
    writeDate DATE キーワードの CHU への書き込み
    writeKey 現在の HDU への新しいキーワードの更新または追加
    writeKeyUnit 物理単位文字列の書き込み
    writeHistory HISTORY キーワードの CHU への書き込みまたは追加
    deleteKey 名前に基づくキーの削除
    deleteRecord レコード番号に基づくキーの削除
    getHdrSpace ヘッダー内のキーワードの数
    HDU (ヘッダー データ ユニット) へのアクセス
    copyHDU 別のファイルへの現在の HDU のコピー
    getHDUnum FITS ファイルの現在の HDU の数
    getHDUtype 現在の HDU のタイプ
    getNumHDUs FITS ファイルの HDU の合計数
    movAbsHDU 絶対 HDU 番号への移動
    movNamHDU 特定のタイプとキーワード値をもつ最初の HDU への移動
    movRelHDU 現在の HDU からの HDU の相対数の移動
    writeChecksum 現在の HDU のチェックサムの計算と書き込み
    deleteHDU FITS ファイルの現在の HDU の削除
    イメージの圧縮
    imgCompress 別のファイルへの HDU の圧縮
    isCompressedImg 現在のイメージが圧縮されているかどうかの確認
    setCompressionType イメージ圧縮タイプの設定
    setHCompScale HCOMPRESS アルゴリズムのスケール パラメーターの設定
    setHCompSmooth HCOMPRESS で圧縮されたイメージの平滑化の設定
    setTileDim タイルの次元の設定
    ASCII テーブルとバイナリ テーブル
    createTbl 新しい ASCII またはバイナリ テーブル拡張の作成
    insertCol テーブルへの列の挿入
    insertRows テーブルへの行の挿入
    insertATbl 現在の HDU の後ろへの ASCII テーブルの挿入
    insertBTbl 現在の HDU の後ろへのバイナリ テーブルの挿入
    deleteCol テーブルからの列の削除
    deleteRows テーブルからの行の削除
    getAColParms ASCII テーブル情報
    getBColParms バイナリ テーブル情報
    getColName テーブル列名
    getColType スケーリングされた列のデータ型、繰り返し値、幅
    getEqColType 列のデータ型、繰り返し値、幅
    getNumCols テーブル内の列数
    getNumRows テーブル内の行数
    readATblHdr 現在の ASCII テーブルからのヘッダー情報の読み取り
    readBTblHdr 現在のバイナリ テーブルからのヘッダー情報の読み取り
    readCol ASCII またはバイナリ テーブル列からの行の削除
    setTscale イメージ スケールのリセット
    writeCol ASCII またはバイナリ テーブル列への要素の書き込み
    ユーティリティ
    getConstantValue 名前付きの定数の数値
    getVersion CFITSIO ライブラリのリビジョン番号
    getOpenFiles 開いている FITS ファイルの一覧
    バンドインタリーブ ファイル
    multibandread バイナリ ファイルからバンドインターリーブ データの読み込み
    multibandwrite バンドインターリーブ データのファイルへの書き込み
    一般的なデータ形式
    cdfepoch MATLAB 書式の日付を CDF 書式の日付に変換する
    cdfinfo CDF (Common Data Format) ファイルに関する情報を出力
    cdfread CDF (Common Data Format) ファイルからデータを読み取る
    cdfwrite CDF (Common Data Format) ファイルにデータを書き込む
    todatenum CDF epoch オブジェクトを MATLAB datenum へ変換
    cdflib CDF (Common Data Format) 機能の概要

    オーディオとビデオ

    ファイルの読み取りと書き込み
    audioinfo オーディオ ファイルに関する情報
    audioread オーディオ ファイルの読み取り
    audiowrite オーディオ ファイルの書き込み
    mmfileinfo マルチメディア ファイルについての情報
    movie2avi MATLAB ムービーから Audio/Video Interleaved (AVI) ファイルを作成する
    VideoReader ビデオ ファイルを読み取る
    VideoWriter ビデオ ファイルを書き込む
    録音と再生
    audiodevinfo オーディオ デバイスに関する情報
    audioplayer オーディオ再生のためのオブジェクトの作成
    audiorecorder オーディオ録音のためのオブジェクトの作成
    sound 信号データの行列のサウンドへの変換
    soundsc データをスケーリングし、音声として再生
    ユーティリティ
    beep ビープ音の生成
    lin2mu 線形オーディオ信号をミュー則に変換
    mu2lin μ則オーディオ信号を線形信号に変換

    XML ドキュメント

    xmlread XML ドキュメントを読み取って、ドキュメント オブジェクト モデル ノードを返す
    xmlwrite XML ドキュメント オブジェクト モデル ノードを書き込む
    xslt XSLT エンジンを使って XML ドキュメントを変換

    メモリ マッピング

    disp (memmapfile) メモリ マップに関する情報
    get (memmapfile) メモリ マップ プロパティ
    memmapfile ファイルに対するメモリ マップの作成

    ファイルの操作

    ファイルとフォルダー

    dir フォルダーの内容の一覧表示
    ls フォルダーの内容の一覧表示
    pwd 現在のフォルダーの識別
    fileattrib ファイルまたはフォルダーの属性の設定または取得
    exist 変数、関数、フォルダー、またはクラスの存在をチェック
    isdir 入力がフォルダーかどうかを判別
    type ファイルの内容の表示
    visdiff 2 つのテキスト ファイル、MAT ファイル、バイナリ ファイル、Zip ファイル、またはフォルダーを比較する
    what フォルダー内の MATLAB ファイルの一覧表示
    which 関数やファイルの位置の出力
    cd 現在のフォルダーを変更する
    copyfile ファイルまたはフォルダーをコピーする
    delete ファイルまたはオブジェクトの削除
    recycle 削除ファイルをリサイクル フォルダーへ移動するオプションの設定
    mkdir フォルダーを新規作成する
    movefile ファイルまたはフォルダーを移動する
    rmdir フォルダーの削除
    open 適切なアプリケーションでファイルを開く
    winopen 適切なアプリケーションでファイルを開く (Windows)
    filebrowser 現在のフォルダー ブラウザーを開くか、既に開いている場合はそれを選択

    ファイル名の作成

    fileparts ファイル名とパスのパーツ
    fullfile 部分から完全なファイル名を構成
    filemarker ファイル名と内部関数名を分離する文字
    filesep 現在のプラットフォームのファイル区切り文字
    tempdir システムの一時フォルダーの名前
    tempname 一時ファイルの固有な名前
    matlabroot ルート フォルダー
    toolboxdir 指定したツールボックスのルート フォルダー

    ファイル圧縮

    gunzip GNU zip ファイルの解凍
    gzip ファイルの GNU zip ファイル圧縮
    tar tar ファイルへファイルを圧縮
    untar ファイルの内容の解凍
    unzip zip ファイルの内容の解凍
    zip ファイルを圧縮して zip ファイルを作成

    検索パス

    addpath 検索パスにフォルダーを追加
    rmpath 検索パスからフォルダーを削除
    path 検索パスの表示または変更
    savepath 現在の検索パスの保存
    userpath ユーザー割り当ての検索パスの表示と変更
    genpath パス文字列の作成
    pathsep 現在のプラットフォームの検索パスの区切り文字
    pathtool 検索パスを表示し変更するための [パス設定] ダイアログ ボックスを開く
    restoredefaultpath 既定の検索パスに戻す

    オペレーティング システムのコマンド

    clipboard システムのクリップボードに文字列をコピーしたり、クリップボードから貼り付け
    computer MATLAB ソフトウェアを実行しているコンピューターに関する情報
    dos DOS コマンドを実行して出力を返す
    getenv 環境変数
    perl オペレーティング システムの適切な実行可能ファイルを使用した Perl スクリプトの呼び出し
    setenv 環境変数の設定
    system オペレーティング システム コマンドを実行し、出力を返す
    unix UNIX コマンドを実行して出力を返す
    winqueryreg Windows レジストリからのアイテム

    インターネット ファイルへのアクセス

    ftp FTP サーバーへの接続
    sendmail アドレス リストに電子メールを送信
    urlread MATLAB 文字列に URL コンテンツをダウンロードする
    urlwrite URL のコンテンツをダウンロードしファイルに保存する
    web Web ページまたはファイルのブラウザー表示

    シリアル ポート デバイス

    delete (serial) メモリからシリアル ポート オブジェクトを削除
    fclose (serial) デバイスからシリアル ポート オブジェクトを切断
    fgetl (serial) デバイスからテキスト行を読み、終端子を削除
    fgets (serial) 終端子を含む 1 行のテキストをデバイスから読み込む
    fopen (serial) シリアル ポート オブジェクトをデバイスに接続
    fprintf (serial) テキストをデバイスに書き込む
    fread (serial) デバイスからバイナリ データを読む
    fscanf (serial) デバイスからデータを読み込み、テキストとして書式化する
    fwrite (serial) バイナリ データをデバイスに書き込む
    get (serial) シリアル ポート オブジェクトのプロパティ
    instrcallback イベントが発生したときのイベント情報
    instrfind メモリから MATLAB ワークスペースにシリアル ポート オブジェクトを読み込む
    instrfindall 表示可能および非表示のシリアル ポート オブジェクトを検出
    isvalid (serial) シリアル ポート オブジェクトが有効であるかどうかを判定する
    readasync デバイスから非同期でデータを読み込む
    record データとイベント情報をファイルに記録
    serial シリアル ポート オブジェクトの作成
    serialbreak シリアル ポートに接続しているデバイスを切断する指示を送る
    set (serial) シリアル ポート オブジェクト プロパティの作成または表示
    stopasync 非同期の読み込みおよび書き込み操作を停止
    clear (serial) MATLAB ワークスペースからシリアル ポート オブジェクトを削除
    load (serial) シリアル ポート オブジェクトや変数を MATLAB のワークスペースに読み込み
    save (serial) シリアル ポート オブジェクトと変数をファイルに保存
    disp (serial) シリアル ポート オブジェクトの情報を表示
    length (serial) シリアル ポート オブジェクトの配列の長さ
    size (serial) シリアル ポート オブジェクト配列のサイズ

    GUI 構築

    GUI 構築の基礎

    guide GUI Layout Editor を開く

    コンポーネントの選択

    GUI のコントロールとインジケーター

    figure Figure グラフィックス オブジェクトの作成
    axes Axes グラフィックス オブジェクトを作成
    uicontrol ユーザー インターフェイス コントロール オブジェクトの作成
    uitable 2 次元のグラフィック テーブル GUI コンポーネントの作成
    uipanel パネル コンテナー オブジェクトの作成
    uibuttongroup ラジオ ボタンとトグル ボタンを管理するコンテナー オブジェクトの作成
    actxcontrol Figure ウィンドウ内にMicrosoft ActiveX コントロールを作成

    メニューとツール バー

    uimenu Figure ウィンドウのメニューとメニュー項目 の作成
    uicontextmenu コンテキスト メニューの作成
    uitoolbar Figure にツール バーを作成
    uipushtool ツール バー上にプッシュ ボタンの作成
    uitoggletool ツール バーにトグル ボタンの作成

    定義済みのダイアログ ボックス

    dialog 空のダイアログ ボックスを作成および表示
    errordlg エラー ダイアログ ボックスを作成して開く
    helpdlg ヘルプ ダイアログ ボックスを作成および開く
    msgbox メッセージ ダイアログ ボックスの作成と起動
    questdlg 質問ダイアログ ボックスを作成して開く
    uigetpref ダイアログ ボックスを指定し、ユーザー設定に従って条件的に開く
    uisetpref 関数 uigetpref で使用された設定の管理
    waitbar ウェイト バーのダイアログ ボックスを開くまたは更新する
    warndlg 警告ダイアログ ボックスを開く
    export2wsdlg 変数をワークスペースにエクスポート
    inputdlg 入力ダイアログ ボックスを作成および開く
    listdlg リスト選択が可能なダイアログ ボックスを作成
    uisetcolor 設定されたオブジェクトの ColorSpec の標準ダイアログ ボックスを開く
    uisetfont オブジェクトのフォント文字を設定する標準ダイアログ ボックスを開く
    printdlg 印刷ダイアログ ボックス
    printpreview 印刷のための Figure のプレビュー表示
    uigetdir ディレクトリを選択する標準ダイアログ ボックスを開く
    uigetfile ファイルを取り出す標準ダイアログ ボックスを開く
    uiopen 開いてデータを読み込むためのファイルを対話式に選択する
    uiputfile ファイル保存のための標準ダイアログ ボックスを開く
    uisave ワークスペース変数を MAT ファイルに対話式に保存する

    コンポーネントのレイアウト

    align ユーザー インターフェイス コントロール (uicontrols) および軸を調整
    movegui 画面上の指定した位置に GUI Figure を移動
    getpixelposition ピクセルで成分位置の取得
    setpixelposition コンポーネントの位置をピクセル単位で設定
    listfonts 利用できるシステム フォントを表示
    textwrap 与えられた Uicontrol 用に文字列行列を改行
    uistack オブジェクトの視覚的なスタックの並べ替え

    GUI 動作のコーディング

    guidata GUI データの保存または取得
    guihandles ハンドルの構造体の作成
    openfig 新規コピーを開く、または保存された Figure の既存のコピーを表示
    getappdata アプリケーション定義データの値
    isappdata アプリケーション定義のデータが存在する場合 True
    rmappdata アプリケーション定義データを削除
    setappdata アプリケーション定義データを設定
    uiresume 停止されたプログラムの実行を再開する
    uiwait プログラム実行を停止し、再開を待つ
    waitfor 実行を停止し、イベントまたは状態を待つ
    waitforbuttonpress キーやマウス ボタンが押されるまで待つ
    addpref 設定を追加
    getpref 設定
    ispref 設定の素材をチェック
    rmpref 設定の消去
    setpref 設定値の指定

    アプリケーションとしての GUI のパッケージ化

    matlab.apputil.create 対話型ダイアログ ボックスを使用した、アプリケーションを .mlappinstall ファイルにパッケージ化するアプリケーション プロジェクト ファイルの作成または変更
    matlab.apputil.package .mlappinstall ファイルへのアプリケーション ファイルのパッケージ化
    matlab.apputil.install .mlappinstall ファイルからのアプリケーションのインストール
    matlab.apputil.run プログラムによるアプリケーション実行
    matlab.apputil.getInstalledAppInfo インストールされたアプリケーション情報のリスト化
    matlab.apputil.uninstall アプリケーションのアンインストール

    高度なソフトウェア開発

    オブジェクト指向プログラミング

    クラス構文の基礎

    classdef クラス定義のキーワード
    class オブジェクトのクラスを指定する
    isa 入力が、指定されたクラスのオブジェクトであるかどうかを判別
    isequal 配列の等価性を判別
    isobject 入力が MATLAB オブジェクトかどうかを判別
    enumeration クラスの列挙型メンバーと名前を表示します。
    events イベントの名前
    methods クラスのメソッド名
    properties クラス プロパティ名

    MATLAB クラスの定義

    クラスの定義と編成
    classdef クラス定義のキーワード
    import パッケージまたはクラスを現在のインポート リストに追加
    プロパティ
    properties クラス プロパティ名
    isprop オブジェクトのプロパティかどうかを判別
    dynamicprops 動的プロパティを使ってハンドル クラスを導出するのに使用する抽象クラス
    meta.property meta.property クラスは、MATLAB のクラス プロパティを記述する
    メソッド
    methods クラスのメソッド名
    ismethod オブジェクトのメソッドかどうかを判別
    meta.method meta.method クラスは、MATLAB のクラス メソッドを記述する
    ハンドル クラス
    handle 派生するハンドル クラスの抽象クラス
    hgsetget メソッド set および get により、ハンドル クラスの導出に使用する抽象クラス
    dynamicprops 動的プロパティを使ってハンドル クラスを導出するのに使用する抽象クラス
    matlab.mixin.Copyable ハンドル オブジェクトのコピー機能を提供するスーパークラス
    delete ハンドル オブジェクトのデストラクター
    findobj 指定した条件と一致する handle オブジェクトを検索
    isa 入力が、指定されたクラスのオブジェクトであるかどうかを判別
    isvalid オブジェクト有効ハンドル クラス オブジェクト
    findprop プロパティ名に関連付けられている meta.property オブジェクトを検索
    relationaloperators ハンドル オブジェクトの等価性および並べ替え
    イベント
    events イベントの名前
    notify イベントが発生しているリスナーに通知
    addlistener イベント リスナーを作成
    event.EventData イベント リスナーに渡されるすべてのデータ オブジェクトの基底クラス
    event.listener リスナー オブジェクトを定義するクラス
    event.PropertyEvent プロパティ イベントのデータ
    event.proplistener プロパティ イベントのリスナー オブジェクトの定義
    オブジェクト配列
    empty 空配列の作成
    matlab.mixin.Heterogeneous 異なるタイプの配列を構成するスーパークラス
    クラスの階層
    superclasses スーパークラス名
    matlab.mixin.Heterogeneous 異なるタイプの配列を構成するスーパークラス
    列挙型
    enumeration クラスの列挙型メンバーと名前を表示します。
    meta.EnumeratedValue MATLAB クラスの列挙型メンバーの記述
    保存と読み込みの制御
    save ワークスペース変数をファイルに保存
    load ファイルからワークスペースに変数を読み込む
    saveobj オブジェクトの保存プロセスの変更
    loadobj オブジェクトの読み込み過程を修正
    MATLAB 動作のカスタマイズ
    cat 指定された次元において配列を連結
    horzcat 配列を水平に連結
    vertcat 配列の垂直方向の連結
    empty 空配列の作成
    disp テキストまたは配列を表示
    display テキストおよび数式を表示する
    numel 配列の要素数
    size 配列の次元
    end コードのブロックを終了、または最後の配列インデックスを示す
    subsref 添字を使用したオブジェクトの参照の再定義
    subsasgn 添字を使用した代入
    subsindex オブジェクトを使用した添字のインデックス化
    substruct 関数 subsasgn または関数 subsref のための構造体引数の作成
    オブジェクト表示のカスタマイズ
    matlab.mixin.CustomDisplay 表示のカスタマイズのインターフェイス クラス
    matlab.mixin.util.PropertyGroup オブジェクト表示のためのカスタム プロパティ リスト

    クラスとオブジェクトについての情報の取得

    metaclass meta.class オブジェクトを取得する
    meta.abstractDetails 抽象メソッドとプロパティの検索
    meta.class.fromName 名前付きクラスに関連付けられた meta.class オブジェクトを返す
    meta.package.fromName 指定されたパッケージの meta.package オブジェクトを返す
    meta.package.getAllPackages 最上位パッケージをすべて取得する
    meta.class meta.class クラスは、MATLAB のクラスを記述する
    meta.property meta.property クラスは、MATLAB のクラス プロパティを記述する
    meta.method meta.method クラスは、MATLAB のクラス メソッドを記述する
    meta.event meta.event クラスは、MATLAB のクラス イベントを記述する
    meta.package meta.package クラスは、MATLAB パッケージを記述する
    meta.DynamicProperty meta.DynamicProperty クラスは、MATLAB オブジェクトの動的プロパティを記述する
    meta.EnumeratedValue MATLAB クラスの列挙型メンバーの記述
    meta.MetaData MATLAB オブジェクトのメタデータのスーパークラス

    例外処理

    try/catch try ステートメントで検出されたエラーを処理するステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
    addCause (MException) 例外の追加の原因を記録する
    getReport (MException) 例外のエラー メッセージを取得する
    last (MException) 最新のキャッチされない例外
    rethrow (MException) 既存の例外を再発行する
    throw (MException) 例外を発行して関数を終了する
    throwAsCaller (MException) 呼び出し元関数であるかのように例外をスローする
    MException エラー情報を取得する

    パフォーマンスとメモリ

    コード パフォーマンス

    bench MATLAB ベンチマーク
    cputime 経過 CPU 時間
    memory メモリ情報を表示する
    profile 関数実行時間のプロファイル
    profsave HTML 形式でプロファイル レポートの保存
    tic ストップウォッチ タイマーの開始
    timeit 関数の実行に必要な時間の測定
    toc ストップウォッチからの経過時間の読み取り

    メモリ使用量

    clear ワークスペースからアイテムを削除し、システムメモリを解放
    inmem メモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前
    memory メモリ情報を表示する
    pack ワークスペース メモリの整理
    whos ワークスペースの変数をサイズおよびタイプと共に一覧表示する

    単体テスト フレームワーク

    単体テストの作成

    functiontests ローカル関数へのハンドルからのテストの配列の作成
    matlab.unittest.TestCase すべての matlab.unittest テスト クラスのスーパークラス

    単体テストの実行

    runtests 一連のテストの実行
    matlab.unittest.TestCase.run TestCase テストを実行する
    matlab.unittest.TestSuite.run テキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使用して配列 TestSuite を実行
    matlab.unittest.TestRunner.run 配列 TestSuite 内のすべてのテストを実行
    matlab.unittest.TestRunner.addPlugin TestRunner オブジェクトへのプラグインの追加
    matlab.unittest.TestSuite 実行するテストをグループ化するクラス
    matlab.unittest.Test 単一のテスト メソッドの指定
    matlab.unittest.TestRunner matlab.unittest フレームワークでテストを実行するためのクラス

    テスト結果の解析

    matlab.unittest.TestResult 実行中のテスト スイートの結果

    カスタム ドキュメンテーション

    builddocsearchdb 検索可能なドキュメンテーション データベースを構築

    外部プログラミング言語インターフェイス

    Java ライブラリ

    javaArray Java 配列オブジェクトの作成
    javaclasspath Java クラス パスを返すか、動的パスを指定
    javaaddpath 動的 Java クラス パスへのエントリの追加
    javarmpath 動的 Java クラス パスからのエントリの削除
    javachk Java 機能のサポートに基づくエラー メッセージ
    isjava 入力が Java オブジェクトかどうかを判別
    usejava Java 機能が使用できるかどうかの判別
    javaMethod Java メソッドの呼び出し
    javaMethodEDT Event Dispatch Thread (EDT) からの Java メソッドの呼び出し
    javaObject Java コンストラクターの呼び出し
    javaObjectEDT Event Dispatch Thread (EDT) の Java コンストラクターの呼び出し
    cell セル配列を作成
    class オブジェクトのクラスを指定する
    clear ワークスペースからアイテムを削除し、システムメモリを解放
    depfun 関数または P ファイルの従属関係のリスト
    exist 変数、関数、フォルダー、またはクラスの存在をチェック
    fieldnames 構造体のフィールド名、またはオブジェクトのパブリック フィールド
    im2java イメージを Java イメージに変換
    import パッケージまたはクラスを現在のインポート リストに追加
    inmem メモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前
    inspect プロパティ インスペクターを開く
    isa 入力が、指定されたクラスのオブジェクトであるかどうかを判別
    methods クラスのメソッド名
    methodsview クラス メソッドを表示する
    which 関数やファイルの位置の出力
    matlab.exception.JavaException Java 例外のエラー情報の取得

    .NET ライブラリ

    ご利用の前に
    NET.addAssembly .NET アセンブリを MATLAB に表示する
    NET.isNETSupported サポート対象の Microsoft .NET Framework の確認
    NET MATLAB .NET インターフェイスの関数の概要
    enableNETfromNetworkDrive ネットワーク ドライブからの .NET コマンドへのアクセスを有効にする
    NET.Assembly .NET アセンブリのメンバー
    NET.NetException .NET 例外のエラー情報のキャプチャ
    データ型
    NET.createArray 非原始 .NET 型の配列
    cell セル配列を作成
    NET.disableAutoRelease MATLAB が COM オブジェクトを解放しないように、ランタイム呼び出し可能ラッパー (COM ラッパー) を表す .NET オブジェクトをロックします。
    NET.enableAutoRelease MATLAB が COM オブジェクトを解放するように、ランタイム呼び出し可能ラッパー (COM ラッパー) を表す .NET オブジェクトのロックを解除します。
    プロパティ
    NET.setStaticProperty 静的プロパティまたはフィールド名
    イベントとデリゲート
    BeginInvoke 非同期 .NET 代理呼び出しの開始
    EndInvoke .NET の System.Delegate 型メソッド BeginInvoke によって開始される非同期呼び出しの結果を取得
    Combine 静的 .NET System.Delegate Combine メソッドの便利な関数
    Remove 静的 .NET System.Delegate Remove メソッドに便利な関数
    RemoveAll 静的 .NET System.Delegate RemoveAll メソッドに便利な関数
    列挙型
    bitand ビット単位の AND
    bitor ビット単位の OR
    bitxor ビット単位の XOR
    bitnot .NET 列挙オブジェクトのビット単位の NOT インスタンス メソッド
    ジェネリック クラス
    NET.convertArray 数値の MATLAB 配列を .NET 配列へ変換
    NET.createGeneric 特殊 .NET ジェネリック型インスタンスの作成
    NET.invokeGenericMethod オブジェクトのジェネリック メソッドを呼び出します。
    NET.GenericClass パラメーター化されたジェネリック型の定義を表す

    MEX ファイルの呼び出し

    mexext バイナリ MEX ファイル名の拡張子
    inmem メモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前

    COM インターフェイス

    COM オブジェクト
    actxserver COM サーバーを作成
    actxcontrol Figure ウィンドウ内にMicrosoft ActiveX コントロールを作成
    actxcontrollist 現在インストールされているすべての Microsoft ActiveX コントロールの一覧表示
    actxcontrolselect GUI からの Microsoft ActiveX コントロールの作成
    iscom 入力が COM オブジェクトか ActiveX オブジェクトかを判別
    isprop 入力が COM オブジェクトのプロパティかどうかを判別
    get インターフェイスからプロパティ値を取得、またはプロパティを表示
    set オブジェクトまたはインターフェイスのプロパティを指定された値に設定
    addproperty カスタム プロパティを COM オブジェクトに追加
    deleteproperty COM オブジェクトからカスタム プロパティを削除
    inspect プロパティ インスペクターを開く
    propedit コントロールの組み込みプロパティ ページを開く
    fieldnames 構造体のフィールド名、またはオブジェクトのパブリック フィールド
    ismethod 入力が COM オブジェクト メソッドかどうかを判別
    methods クラスのメソッド名
    methodsview クラス メソッドを表示する
    invoke COM オブジェクトやインターフェイスのメソッドを呼び出す、またはメソッドを表示
    isevent 入力が COM オブジェクト イベントかどうかを判別
    events COM オブジェクトがトリガーできるイベントのリスト
    eventlisteners COM オブジェクト イベントに関連付けられたイベント ハンドラー関数の一覧表示
    registerevent 実行時に COM オブジェクト イベントのイベント ハンドラーを関連付ける
    unregisterallevents 実行時に COM オブジェクト イベントに関連付けられたすべてのイベント ハンドラーの登録を解除する
    unregisterevent 実行時に COM オブジェクト イベントに関連付けられたイベント ハンドラーの登録を解除する
    isinterface 入力が COM インターフェイスかどうかを判別
    interfaces COM サーバー オブジェクトが公開するカスタム インターフェイスを一覧表示
    release COM インターフェイスの解放
    delete COM コントロールまたはサーバーを削除
    move 親ウィンドウでコントロールの移動またはサイズ変更
    load コントロール オブジェクトをファイルから初期化
    save コントロール オブジェクトをファイルにシリアル化
    MATLAB COM オートメーション サーバーの呼び出し
    Execute MATLAB コマンドをオートメーション サーバーで実行
    Feval オートメーション サーバーで MATLAB 関数を評価する
    GetCharArray オートメーション サーバーからの文字配列
    PutCharArray オートメーション サーバーに文字配列を格納
    GetFullMatrix オートメーション サーバーのワークスペースからの行列
    PutFullMatrix オートメーション サーバー ワークスペースの行列
    GetVariable オートメーション サーバーのワークスペース内の変数からのデータ
    GetWorkspaceData オートメーション サーバーのワークスペースからのデータ
    PutWorkspaceData オートメーション サーバー ワークスペースのデータ
    MaximizeCommandWindow オートメーション サーバー ウィンドウを開く
    MinimizeCommandWindow オートメーション サーバー ウィンドウのサイズを最小化する
    actxGetRunningServer オートメーション サーバーの実行インスタンスのハンドル
    enableservice MATLAB オートメーション サーバーを有効または無効にする、その状態を表示する
    Quit MATLAB オートメーション サーバーを終了する

    Web サービス

    callSoapService SOAP メッセージをエンドポイントに送信する
    createClassFromWsdl WSDL ドキュメンテーションに基づいて MATLAB クラスを作成する
    createSoapMessage サーバーに送信する SOAP メッセージの作成
    parseSoapResponse SOAP サーバーからの文字列の MATLAB タイプへの変換

    C 共有ライブラリ

    loadlibrary 共有ライブラリの MATLAB への読み込み
    unloadlibrary メモリから共有ライブラリをアンロード
    libisloaded 外部ライブラリの読み込み判定
    calllib 共有ライブラリの関数を呼び出す
    libfunctions 共有ライブラリの関数の情報を返す
    libfunctionsview 共有ライブラリの関数シグネチャのウィンドウ表示
    libstruct MATLAB 構造体を、共有ライブラリと使用するために C スタイルの構造体に変換
    libpointer 共有ライブラリで使用するポインター オブジェクト
    lib.pointer C ポインターと互換性のあるポインター オブジェクト

    MATLAB へのアプリケーション プログラミング インターフェイス

    MEX ファイルの使用と作成
    MEX ファイルの呼び出し
    mexext バイナリ MEX ファイル名の拡張子
    inmem メモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前
    C++ MEX ファイルのビルド
    mex C/C++ または Fortran のソース コードから MEX 関数をビルドする
    dbmex MEX ファイルのデバッグを有効にする (UNIX プラットフォーム上)
    mex.getCompilerConfigurations MEX ファイル作成用のコンパイラ設定情報を取得する
    Fortran MEX ファイルのビルド
    mex C/C++ または Fortran のソース コードから MEX 関数をビルドする
    dbmex MEX ファイルのデバッグを有効にする (UNIX プラットフォーム上)
    mex.getCompilerConfigurations MEX ファイル作成用のコンパイラ設定情報を取得する
    MEX ファイルの共有
    ver MathWorks 製品のバージョン情報
    computer MATLAB ソフトウェアを実行しているコンピューターに関する情報
    mex.getCompilerConfigurations MEX ファイル作成用のコンパイラ設定情報を取得する
    mexext バイナリ MEX ファイル名の拡張子
    MEX ファイルのトラブルシューティング
    dbmex MEX ファイルのデバッグを有効にする (UNIX プラットフォーム上)
    inmem メモリ内の関数、MEX ファイル、クラスの名前
    mex C/C++ または Fortran のソース コードから MEX 関数をビルドする
    mex.getCompilerConfigurations MEX ファイル作成用のコンパイラ設定情報を取得する
    mexext バイナリ MEX ファイル名の拡張子

    ソース管理の統合

    checkin ファイルをソース管理システムにチェックインする (UNIX プラットフォーム)
    checkout ソース管理システムからファイルをチェックアウトする (UNIX プラットフォーム)
    cmopts ソース管理システムの名前
    customverctrl カスタム版ソース管理システム (UNIX プラットフォーム) を許可する
    undocheckout ソース管理システム から以前にチェックアウトしたものを元に戻す (UNIX プラットフォーム)
    verctrl ソース管理操作 (Windows プラットフォーム)

    デスクトップ環境

    起動と終了

    matlab (Windows) MATLAB プログラムを起動する (Windows プラットフォーム)
    matlab (UNIX) MATLAB プログラムを起動する (UNIX プラットフォーム)
    exit MATLAB プログラムを終了 (関数 quit と同じです)
    quit MATLAB プログラムの終了
    matlabrc MATLAB プログラムのスタートアップ ファイル
    startup ユーザー定義のオプションのスタートアップ ファイル
    finish MATLAB プログラムの終了ファイル

    基本的な設定

    prefdir 設定、履歴、およびレイアウト ファイルを含むフォルダー
    preferences [設定] ダイアログ ボックスを開く

    プラットフォームとライセンス

    ismac Mac OS X プラットフォーム バージョンかどうかを判別
    ispc バージョンが Windows (PC) プラットフォーム用かどうかを判別
    isstudent バージョンが Student Version かどうかを判別
    isunix バージョンが UNIX プラットフォーム用かどうかを判別
    javachk Java 機能のサポートに基づくエラー メッセージ
    license ライセンス番号を返すまたはライセンス タスクの実行
    usejava Java 機能が使用できるかどうかの判別
    ver MathWorks 製品のバージョン情報
    verLessThan 指定されたバージョンの文字列と Toolbox のバージョンを比較
    version MATLAB のバージョン番号とライブラリ

    ヘルプとサポート

    doc ヘルプ ブラウザーのリファレンス ページドキュメンテーション内の用語を検索
    help コマンド ウィンドウでの関数のヘルプ
    docsearch ヘルプ ブラウザーでの検索
    lookfor すべてのヘルプ項目のキーワード検索
    demo ヘルプ ブラウザーで製品例にアクセスする
    echodemo スクリプト例をコマンド ウィンドウでステップごとに実行
    この情報は役に立ちましたか?