ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モード

この例では、内挿されたシェーディングを使用して、PCOLOR プロットの上に関数 SURFL を重ねています。このイメージは、Figure ウィンドウをできるだけ拡大してみた方がよく見えます。

L 型膜の波動関数を解いた場合の 12 個の固有関数があります。左上角の第 1 のモードは、MATLAB の例でよく登場します。これは The MathWorks, Inc のカンパニー ロゴです。

clf
data = load('vibesdat');
pcolor(data.L1)
axis off
shading interp
colormap(fliplr(pink));
ax = get(gca,'Position');
for n = 1:12
    xPos = (rem(n-1,4)/4)*ax(3)+ax(1);
    yPos = ((2-floor((n-1)/4))/3)*ax(4)+ax(2);
    xLen = (1/4)*ax(3);
    yLen = (1/3)*ax(4);
    axes( ...
        'Units','normalized', ...
        'Position',[xPos yPos xLen yLen]);
    h = feval('surf',data.(['L' num2str(n)]));
    set(h,'EdgeColor',[0.3 0.3 0.6]);
    axis off
end

この情報は役に立ちましたか?