ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構造体配列の作成

この例では、構造体配列を作成する方法を示します。構造体は、フィールドと呼ばれるデータ コンテナーを使って、関連するデータをグループとしてまとめるデータ型です。各フィールドには、あらゆるデータ型、あらゆるサイズのデータを格納できます。

ある患者のデータを namebilling、および test のフィールドをもつスカラー構造体に格納します。

patient.name = 'John Doe';
patient.billing = 127.00;
patient.test = [79, 75, 73; 180, 178, 177.5; 220, 210, 205];
patient
patient = 

       name: 'John Doe'
    billing: 127
       test: [3x3 double]

配列名の後ろに添字を追加することで、他の患者のデータを配列に追加できます。

patient(2).name = 'Ann Lane';
patient(2).billing = 28.50;
patient(2).test = [68, 70, 68; 118, 118, 119; 172, 170, 169];
patient
patient = 

1x2 struct array with fields:

    name
    billing
    test

配列に格納されている各患者のデータは、struct クラスの型をもつ構造体です。構造体の配列は、よく構造体配列と呼ばれます。他の MATLAB 配列と同様に、構造体配列は任意の次元をもつことができます。

構造体配列には以下のような特徴があります。

  • 配列内の構造体はすべてフィールド数が同じです。

  • 各フィールド名はすべての構造体で同じです。

  • 同名のフィールドであっても構造体が異なれば、データ型やサイズの異なるデータを格納できます。

配列に新しい構造体を追加する場合、値が割り当てられなかったフィールドには空配列が格納されます。

patient(3).name = 'New Name';
patient(3)
ans = 

       name: 'New Name'
    billing: []
       test: []

構造体配列内のデータにアクセスして、最初の患者の未払い金がいくらかを調べ、その患者のテスト結果から棒グラフを作成します。

amount_due = patient(1).billing
bar(patient(1).test)
title(['Test Results for ', patient(1).name])
amount_due =

   127

この情報は役に立ちましたか?