ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

2 次元プロット

この例では、MATLAB で作成できる多くのタイプの 2 次元線のうちのいくつかを示し、プロット時の一般的なヒントを紹介します。

チャープ波形のライン プロット

この例は、チャープ信号の基本的なライン プロットを示します。さらに、x 値を初期化する 1 つの方法と、xlabelylabel を使用して xy 軸に対してラベルを入力する方法を示します。等間隔のデータセットを初期化するための別の方法の詳細は、コマンド プロンプトで doc linspace と入力してください。ここでは、y 値を x の関数として計算し、変数 y に格納しますが、1 つのコマンドで計算された y 値だけをプロットすることもできます。たとえば、plot(sin((0:0.05:5).^2)) とします。

x = 0:0.05:5;
y = sin(x.^2);
plot(x,y);
xlabel('Time')
ylabel('Amplitude')

釣鐘型曲線の棒グラフ

このように、y の引数として plotに y 値を生成する関数を渡す場合は、y 値を保持するための変数は必要ありません。

x = -2.9:0.2:2.9;
bar(x,exp(-x.*x));

正弦波の階段状プロット

x = 0:0.25:10;
stairs(x,sin(x));

エラー バー プロット

関数 errorbar は、x および y 値のライン プロットを描画し、垂直のエラー バーを各観測上に重ね描きします。その範囲は追加の引数に依存します。ここでは、乱数列を生成する関数 rand を使用して、エラー データをライン 3 に作成します。

x = -2:0.1:2;
y = erf(x);
e = rand(size(x))/10;
errorbar(x,y,e);

極座標プロット

この例は、半径 rho に対する角度 theta (t、ラジアン単位) の極座標をプロットします。

t = 0:0.01:2*pi;
polar(t,abs(sin(2*t).*cos(2*t)));

ステム プロット

ステム プロットは、垂直線で共通のベースラインに接続する各 xy 値に対してマーカーを描画します。

x = 0:0.1:4;
y = sin(x.^2).*exp(-x);
stem(x,y)

散布図

この例は、マーカーに赤い星印を使用して、2 つの道路における 1 時間ごとの交通量の関係を示しています。前回の例では、青ぬきの丸印の既定マーカーを使用しました。ライン スタイル、色、マーカーの変更の詳細は、コマンド ラインで doc linedoc scatter または doc line_props と入力してください。

load count.dat
scatter(count(:,1),count(:,2),'r*')
xlabel('Number of Cars on Street A');
ylabel('Number of Cars on Street B');

この情報は役に立ちましたか?