ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

データの差分計算

3 つの MATLAB® 関数が、有限差分の計算を行います。

関数

説明

del2

行列の離散ラプラシアン

diff

ベクトルの隣の要素との差ベクトル。ベクトルの数値偏導関数。

gradient

行列の数値偏導関数

関数 diff は、数値ベクトルの隣り合った要素間の差を計算します。すなわち、diff(X) は、[X(2)-X(1) X(3)-X(2)...X(n)-X(n-1)] です。データの絶対値より、値の変化の解析に関心がある場合は、この演算の使用も考慮してください。

あるベクトル A に対して、次のようになります。

A = [9 -2 3 0 1 5 4];
diff(A)

ans =
   -11     5    -3     1     4    -1

1 階差分を計算すること以外にも、diff はベクトルについての、ある特性を決めるのにも役に立ちます。たとえば、ベクトルの値が単調増加または単調減少か、またはベクトルが等間隔に分けられた要素をもっているかどうかを判定するのに diff を使用します。

次の表は、ベクトル xdiff を使用する例を示します。

テスト

説明

any(diff(x)==0)

X において同じ要素値が繰り返されているかどうかのチェック

all(diff(x)>0)

要素値が単調増大であるかどうかのチェック

all(diff(diff(x))==0)

ベクトルの要素すべてが等間隔であるかどうかのチェック

この情報は役に立ちましたか?