ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Axes の配置

はじめに

Axes の Position プロパティは、Figure 内の Axes のサイズと位置をコントロールします。既定の Axes は、既定の Figure と同じ縦横比 (高さに対する幅の比率) をもち、エッジの周囲に境界を残して、Figure の領域を占めます。しかし、Axes の位置を任意の四角形として定義し、Figure 内部の任意の場所に配置することができます。

位置ベクトル

MATLAB® ソフトウェアは、軸の Position プロパティをベクトルとして定義します。

[left bottom width height]

leftbottom は、Axes の四角形の左下隅に対応する Figure 内の点を定義します。widthheight は、Axes の四角形の大きさを指定します。2 次元 (方位角 = 0 度、仰角 = 90 度) の Axes を表示すると、x 軸は水平に、y 軸は垂直に方向付けられます。この角度からでは、プロット ボックス (Axes ラベルを除いて、プロットに使用する領域) は、Axes の四角形と一致します。

既定では、MATLAB はその形状に関係なく Axes の四角形を満たすようにプロット ボックスを描画します。しかし、Axes のプロパティにより、プロット ボックスの形状とスケーリングのコントロールが可能です。

位置の単位

Axes の Units プロパティは、Position プロパティの測定単位を決定します。このプロパティが取り得る値は、次のとおりです。

set(gca,'Units')
[ inches | centimeters | {normalized} | points | pixels ]

上記の場合、normalized が既定値です。正規化された単位では、Figure のサイズに関係なく、Figure の左下隅が点 (0,0) にマッピングされ、右上隅が (1.0,1.0) にマッピングされます。正規化された単位では、Figure のサイズを変更するたびに、自動的に Axes のサイズを変更します。その他の単位は、すべて Figure のサイズを変更しても固定されたままの絶対的なサイズです。

この情報は役に立ちましたか?