ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

行列データのライン プロット

1 つの行列引数を使用して関数 plot を呼び出すと、

plot(Y)

を実行すると、行列の各列に対して 1 本のラインが描かれます。x 軸は、行インデックス ベクトル 1:m で表示されます。ここで、 mY の行数です。たとえば、次の例を考えてみましょう。

Z = peaks;

は、2 変数関数を評価することによって得られる 49 行 49 列の行列を返します。この行列をプロットします。

plot(Z)

49 本のラインをもつグラフが生成されます。

一般に、2 つの引数と共に plot を使用したり、X または Y のいずれかが 2 つ以上の行または列をもっている場合は、次のようになります。

  • Y が行列で x がベクトルの場合、 plot(x,Y) はベクトル x に対して Y の行または列をそれぞれ異なる色またはライン タイプを使って、連続的にプロットします。行または列の方向は、x 内の要素数が Y 内の行数または列数のどちらに一致するかによって異なります。Y が正方行列の場合は、列が使用されます。

  • X が行列で y がベクトルの場合、plot(X,y) はベクトル y に対する X の各行または列をプロットします。たとえば、ベクトル 1:length(peaks) に対する peaks 行列をプロットすると、前のプロットが回転します。

    y = 1:length(peaks);
    plot(peaks,y)
    

  • XY が共に同じサイズの行列の場合、plot(X,Y)Y の列に対する X の列をプロットします。

また、行列引数の複数の組み合わせと共に関数 plot を使用することもできます。

plot(X1,Y1,X2,Y2,...)

このステートメントは、各 X-Y の組み合わせをグラフ化し、複数のラインを生成します。組み合わせによって、次元が異なる場合もあります。

この情報は役に立ちましたか?