ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

ラベル付けと外観のプロパティ

はじめに

MATLAB® は、Axes に対するラベル付けと外観をコントロールするためのプロパティを提供します。たとえば、次の表面プロットでは、可能なラベル付けの例をいくつか示し、制御するプロパティを示しています。

特定の特性をもつ Axes の作成

この Axes を作成するには、以下に示すプロパティに値を指定します。

h = axes('Color',[.9 .9 .9],...
       'GridLineStyle','--',...
       'ZTickLabel','-1|Z = 0 Plane|+1',...
       'FontName','times',...
       'FontAngle','italic',...
       'FontSize',14,...
       'XColor',[0 0 .7],...
       'YColor',[0 0 .7],...
       'ZColor',[0 0 .7]);

Axes ラベル

個々の軸ラベルはテキスト オブジェクトであり、通常はそれらのハンドルは、コマンド ラインでは非表示になります (それらの HandleVisibility プロパティは callback に設定されます)。関数 xlabelylabelzlabeltitle を使って、Axes ラベルを作成することができますが、これらの関数は現在の Axes に対してのみ影響します。軸のハンドルを参照することによって、現在の軸以外の軸にラベルを付ける場合は、対応する Axes プロパティからテキスト オブジェクト ハンドルを取得する必要があります。

テキスト オブジェクト ハンドルの取得

たとえば、

get(axes_handle,'XLabel')

は、x 軸ラベルとして使用されるテキスト オブジェクトのハンドルを返します。Axes から Text のハンドルを取得することは、目的とするターゲットが現在の Axes であるかどうかを確定できない MATLAB のファイルやアプリケーションで役に立ちます。

次のステートメントは上記の Axes に対して、x 軸ラベル、y 軸ラベル、タイトルを定義します。

set(get(axes_handle,'XLabel'),'String','Values of X')
set(get(axes_handle,'YLabel'),'String','Values of Y')
set(get(axes_handle,'Title'),'String','\fontname{times}\itZ = 
f(x,y)') 

ラベルはテキストなので、空文字列 (すなわちラベルなし) に初期設定されている String プロパティに対しては、値を指定しなければなりません。

MATLAB は、他の Text プロパティの多くをオーバーライドして、これらのラベルの位置や方向を制御します。しかし、ColorFontAngleFontNameFontSizeFontWeightString プロパティは、ユーザーが設定することができます。

Axes ラベル フォントの指定

Axes オブジェクトとテキスト オブジェクトは、フォント指定プロパティをもちます。前のページの関数 axes の呼び出しは、FontNameFontAngleFontSize プロパティの値を設定します。

ラベルとタイトルにフォントを使用する場合は、String プロパティを定義するときに、フォントのプロパティ値を指定します。たとえば、x 軸ラベルのステートメントは次のようになります。

set(get(h,'XLabel'),'String','Values of X',...
                    'FontName','times',...
                    'FontAngle','italic',...
                    'FontSize',14)

ビットマップと Truetype フォント — テキストは回転しません

ビットマップ フォント (Courier など) は、表示上で回転させることはできません。そのため、FontName プロパティでビットマップ フォントを指定して、たとえば y 軸ラベルを使用した場合、このテキストは正確に回転されません。

ビットマップ フォントによる問題を回避するには、TrueType フォントを使用します。たとえば、Courier の代わりに Courier New という名前の TrueType フォントを使用します。システムにインストールされているフォントに関する情報は、システムのドキュメンテーションを参照してください。

この情報は役に立ちましたか?