ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

対話型プロット

プロットする点を画面から選択

グラフを対話的に操作したり、x-y 座標を対話的に生成することができます。関数 ginput を使用すると、マウスや矢印キーを使用して、プロットする点を選択できます。ginput は、ポインターの位置、つまり、現在の位置、またはマウス ボタンやキーを押したときの位置のいずれかの座標を返します。詳細は、関数 ginput を参照してください。この関数を使用すると、グラフ上の点を選択してその x および y 値を処理のために返したり、関心領域の輪郭を描いたり、任意の形を描画したりできます。

次の例では、関数 spline と共に ginput を使って、2 次元内挿により曲線を作成する方法を説明します。

まず、ginput で平面内の [x,y] の点をいくつか選択します。次に、それらの点を通るように 2 つの 1 次元スプラインを通過させ、元の間隔の 1/10 の間隔でそれらを評価します。

axis([0 10 0 10])
hold on
% Initially, the list of points is empty.
xy = [];
n = 0;
% Loop, picking up the points.
disp('Left mouse button picks points.')
disp('Right mouse button picks last point.')
but = 1;
while but == 1
    [xi,yi,but] = ginput(1);
    plot(xi,yi,'ro')
    n = n+1;
    xy(:,n) = [xi;yi];
end
% Interpolate with a spline curve and finer spacing.
t = 1:n;
ts = 1: 0.1: n;
xys = spline(t,xy,ts);

% Plot the interpolated curve.
plot(xys(1,:),xys(2,:),'b-');
hold off

以下のプロットは、一般的な出力を示しています。

この情報は役に立ちましたか?