ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Axes の自動サイズ変更

Axes のサイズをコントロールするプロパティ

グラフを作成すると、MATLAB® はそのグラフを表示するために Axes を自動的に作成します。Axes は、Figure に収まるようにサイズが調整され、Figure をサイズ変更すると自動的にサイズ変更します。ただし、MATLAB は、Axes の Units プロパティが normalized (既定値) に設定されている場合のみ自動サイズ変更動作を適用します。

    メモ:   既定では、MATLAB は現在の Axes のプロパティしか変更しません。プロットが複数の Axes をもつ場合、MATLAB は 2 番目の Axes を自動的にサイズ変更しません。

以下の Axes プロパティを使って、Axes のサイズ変更動作をコントロールできます。

  • OuterPosition — 軸ラベル、タイトルおよび余白を含めた軸の境界。Axes が 1 つのみの Figure に対しては Figure の内部になります。

  • Position — 目盛り、目盛りラベル、タイトルおよび軸ラベルを除いた軸の境界。

  • ActivePositionProperty — 座標軸が含まれた Figure のサイズを変更する場合に、保持するサイズとして OuterPosition プロパティまたは Position プロパティのどちらを使用するのかを指定します。

  • TightInset — テキスト ラベル、タイトル、Axes ラベルを含むために MATLAB によって Position プロパティの左右上下に自動的に追加される余白。このプロパティは読み取り専用です。

  • Units — Axes の自動サイズ変更を有効にするには、このプロパティを normalized に設定します。

以下のグラフは、OuterPosition プロパティ、TightInset プロパティによって拡張された Position プロパティ、および Position プロパティによって定義される領域を示しています。

Axes ラベルとタイトルを追加すると、以下のグラフのように TightInset は追加テキストを収納できるように変化します。

TightInset プロパティと Position プロパティによって定義された四角形のサイズに、グラフのテキストがすべて含まれています。PositionOuterPosition プロパティは変わりません。

ActivePositionProperty として OuterPosition を利用する

Figure をサイズ変更すると、テキストが切り取られないように、TightInsetPosition によって定義される領域が維持されます。同じ Figure サイズにサイズ変更された次の 2 つのグラフを比較します。

ActivePositionProperty = OuterPosition

ActivePositionProperty = Position

以下の図は、これらプロパティの 3 次元グラフへの適用を示します。

サブプロット内の Axes のサイズ変更

Figure 内に複数の軸が存在する場合、OuterPosition プロパティを ActivePositionProperty として利用するとタイトルやラベルの上書き回避に効果的です。

以下の図は、MATLAB が下方の 2 つの Axes に対して複数行のタイトルを収納するスペースを確保するために Axes をサイズ変更する様子を示しています。

既定の 3 次元表示は、azimuth = -37.5°、elevation = 30°です。

この情報は役に立ちましたか?