ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matGetVariable (C および Fortran)

MAT ファイルからの配列

C 構文

#include "mat.h"
mxArray *matGetVariable(MATFile *mfp, const char *name);

Fortran 構文

mwPointer matGetVariable(mfp, name)
mwPointer mfp
character*(*) name

引数

mfp

MAT ファイル情報へのポインター

name

MAT ファイルから取得する mxArray の名前

戻り値

mfp が指し示す MAT ファイルからの name の名前をもつ mxArray を表す、新たに割り当てられた mxArray 構造体へのポインター。

name の名前をもつ mxArray を返すことができなかった場合、関数 matGetVariable は C では NULL (Fortran では 0) を返します。

説明

このルーチンを使用すると、MAT ファイルから mxArray をコピーできます。

このルーチンによって作成された mxArray が不要になったときは、関数 mxDestroyArray を使用して破棄します。

matlabroot/extern/examples/eng_mat の次の例を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?