ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matGetNextVariableInfo (C および Fortran)

配列ヘッダー情報のみ

C 構文

#include "mat.h"
mxArray *matGetNextVariableInfo(MATFile *mfp, const char **name);

Fortran 構文

mwPointer matGetNextVariableInfo(mfp, name)
mwPointer mfp
character*(*) name

引数

mfp

MAT ファイル情報へのポインター

name

mxArray 名を含む変数へのポインター

戻り値

mfp が指し示す MAT ファイルの次の mxArray のヘッダー情報を表す、新たに割り当てられた mxArray 構造体へのポインター。mxArray の名前が name に返されます。

matGetNextVariableInfo は、ファイルの終端に到達したか、エラー状態が発生している場合、C では NULL (Fortran では 0) を返します。C では、標準 C ライブラリの feof および ferror を使用してステータスを判断します。

説明

関数 matGetNextVariableInfo は、prpiir、および jc を除くすべてを含む配列ヘッダー情報のみを、現在のファイル オフセットから読み込みます。

関数 matGetVariable での読み込み時に prpiir、および jc が非ゼロ値の場合、関数 matGetNextVariableInfo はこれらを代わりに -1 に設定します。これらのヘッダーは情報の提供のみが目的です。このデータを MATLAB® ワークスペースに渡したり、MAT ファイルに保存することは決してしないでください。

このルーチンによって作成された mxArray が不要になったときは、関数 mxDestroyArray を使用して破棄します。

関数 matGetNextVariableInfo に対する連続的な呼び出しから返される変数の次数が、書き込まれた変数の次数と同じになることは保証されません。

matlabroot/extern/examples/eng_mat の次の例を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?