ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matGetNextVariable (C および Fortran)

MAT ファイル内の次の配列

C 構文

#include "mat.h"
mxArray *matGetNextVariable(MATFile *mfp, const char **name);

Fortran 構文

mwPointer matGetNextVariable(mfp, name)
mwPointer mfp
character*(*) name

引数

mfp

MAT ファイル情報へのポインター

name

mxArray 名を含む変数へのポインター

戻り値

mfp が指し示す MAT ファイルの次の mxArray を表す、新たに割り当てられた mxArray 構造体へのポインター。mxArray の名前が name に返されます。

関数 matGetNextVariable は、ファイルの終端であるか、エラー状態が発生している場合には、C では NULL (Fortran では 0) を返します。C では、標準 C ライブラリの feof および ferror を使用してステータスを判断します。

説明

関数 matGetNextVariable は、MAT ファイルを順次処理し、単一パス内の mxArray をすべて読み取ることができるようにします。次の mxArray は、mfp が指し示す MAT ファイルから読み取られて返されます。

MAT ファイルを関数 matOpen で開いた直後に関数 matGetNextVariable を使用します。このとき、MAT ファイルは他の MAT ファイル ルーチンを使って開きません。そうしないと、"次の" mxArray の概念は定義されていません。

このルーチンによって作成された mxArray が不要になったときは、関数 mxDestroyArray を使用して破棄します。

関数 matGetNextVariable に対する連続的な呼び出しから返される変数の次数が、書き込まれた変数の次数と同じになることは保証されません。

matlabroot/extern/examples/eng_mat の次の例を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?