ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matGetDir (C および Fortran)

MAT ファイル内の変数のリスト

C 構文

#include "mat.h"
char **matGetDir(MATFile *mfp, int *num);

Fortran 構文

mwPointer matGetDir(mfp, num)
mwPointer mfp
integer*4 num

引数

mfp

MAT ファイル情報へのポインター

num

MAT ファイル内の mxArray の数を含む変数へのポインター

戻り値

mfp が指し示す MAT ファイル内の mxArray の名前へのポインターを含む内部配列へのポインター。C では、それぞれの名前は NULL で終了する文字列です。num 出力引数は、内部配列の長さ (MAT ファイル内の mxArray の数) です。num がゼロの場合、mfp には配列は含まれていません。

関数 matGetDir は、C では NULL (Fortran では 0) を返します。関数 matGetDir に失敗した場合、num は負の数値に設定されます。

説明

このルーチンは、MAT ファイルに含まれている mxArray の名前の一覧を提供します。

matGetDir は関数 mxCalloc を使用して、文字列の内部配列用にメモリを割り当てます。配列の操作が完了したら、mxFree を使用してメモリを解放しなければなりません。

MATLAB® 変数名の最大長は、C ヘッダー ファイル matrix.h に定義されている長さ mxMAXNAM になります。

matlabroot/extern/examples/eng_mat の次の例を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?