ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

engSetVisible (C)

MATLAB エンジン セッションの表示または非表示

C 構文

#include "engine.h"
int engSetVisible(Engine *ep, bool value);

引数

ep

エンジン ポインター

value

Visible プロパティの設定値。エンジン ウィンドウを表示するには value1 に設定し、非表示にするには 0 に設定します。

戻り値

Microsoft Windows オペレーティング システムのみ

成功した場合は 0、それ以外の場合は 1

説明

関数 engSetVisible は、MATLAB® エンジン セッション ep のウィンドウを、Windows® デスクトップ上で表示または非表示にします。この関数を使用すると、MATLAB エンジン セッションに対するユーザーの操作を有効または無効にできます。

次のコードはエンジン セッション ep を開き、その可視性を無効にします。

Engine *ep;
bool vis;

ep = engOpen(NULL);
engSetVisible(ep, 0);

現在の可視性設定を判断するには、以下を使用します。

engGetVisible(ep, &vis);
この情報は役に立ちましたか?