ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

engOpenSingleUse (C)

共有されない単独使用のための MATLAB エンジン セッションの開始

C 構文

#include "engine.h"
Engine *engOpenSingleUse(const char *startcmd, void *dcom,
  int *retstatus);

引数

startcmd

MATLAB® プロセスを開始する文字列。Microsoft® Windows® システムでは、startcmd 文字列は NULL でなければなりません。

dcom

将来の使用のために予約されています。NULL でなければなりません。

retstatus

戻りステータス。考えられるエラーの原因。

戻り値

Microsoft Windows オペレーティング システムのみ

エンジン ハンドルへのポインター。または、開けなかった場合は NULL

UNIX オペレーティング システム

UNIX® システムではサポートされていません。

説明

このルーチンは、MATLAB を計算エンジンとして使用するための複数の MATLAB プロセスを開始できるようにします。

関数 engOpenSingleUse は、MATLAB プロセスを開始し、接続を確立し、一意のエンジン識別子を返すか、または開けなかった場合は NULL を返します。関数 engOpenSingleUse を呼び出すたびに、新しい MATLAB プロセスが開始されます。

関数 engOpenSingleUse は MATLAB への COM チャンネルを開きます。これにより、インストール中に登録した MATLAB ソフトウェアが起動します。インストール中に登録しなかった場合は、コマンド ラインで次のコマンドを入力できます。

!matlab /regserver

関数 engOpenSingleUse は、エンジン サーバーの単独使用インスタンスを可能にします。関数 engOpenSingleUse は、複数のアプリケーションで同じエンジン サーバーを使用できるようにする関数 engOpen とは異なります。

詳細は、「MATLAB COM の統合」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?